2020年3月31日 (火)

私にとって歴史の勉強も又、真言密教を深めるため

最近、江戸時代中期の歴史関係(尾張徳川家七代目 #徳川宗春 )の物書きをしている。新型コロナウイルスのために会合がなくなり、その時間を利用している。
 
書くために調べごとをし、論文や書籍を読んでいるうちに感じたこと。
 
やはり私にとって歴史学は補助的な作業に過ぎない。今まで発見されていなかったことを見つけることは楽しいし、椅子に何時間でも坐って調べているとタイムトリップしたように感じる。また色々と関連した出来事も身の回りに起きてくる。
しかし、何かが足りない。
 
調べごとをしていると、必ず #真言密教 との関連のものが出てくる。不思議なほどに。それを見つけるたびに、自分の本道は歴史学ではなく、真言密教だなぁと改めて感じる。そして真言密教関連の調べごとになっていくと、どんどんと深まっていく。祈りにも繋がる。いつも行き着く先は、信心、慈悲と智慧、そして大菩提心。そしてまた歴史に戻るの繰り返し。
 
私にとっては、歴史学も環境倫理もロータリー活動も、文化センターの講師も、そして住職としての活動も、生きていること全てが真言密教。ここに足りないものはなにもない。
 
これを確認しつつ、歴史学の書き物をすると楽しくて仕方がない。私にとって歴史学もまた真言密教を広め深めるためなんだなぁと、自分を笑いつつ楽しんでいる今日このごろ。

| | コメント (0)

2020年3月18日 (水)

#明智光秀 に関する雑感vol.1 ヒーローにしてはならない人物

明智光秀に関する雑感vol.1
「ヒーローにしてはならない人物」

どんなに格好をつけようと、どんな理屈をつけようと、私は明智光秀を英雄として奉ることに納得できない。


勉強家で、様々な知識を身に着けていたのは間違いない。能吏であり、主君信長の命令を着実にこなす人物であったのも事実で、信長が最もその能力を信頼していたのも間違いない。

また信長の性格から、光秀に対して暴言や暴力もあったであろう。

しかし、しかしである。どんな理由があろうと、多くの味方も附けずに主君を弑逆することは、光秀の全ての功績を打ち消すほどあってはならない行為だと思う。

周の武王は、時を待ち人信を集めた後に、暴君の殷の紂王を討滅した。

明の朱元璋は、平民出身であり、平民を味方につけて勢力を得て明王朝を成立させた。

秀吉は、信長の子孫を奉りつつ、諸将を味方につけ一大勢力となり、関白にまで上りつめた。

いずれも、主に対して弓を引くか恩知らずの行為をしているが、多数の他者を味方につけることを忘れなかった。

光秀は、味方を募ることができなかった。この一点で、信長を討ったことは、私怨であることが分かる。
弑逆してから味方を募るのは論外である。
細川親子が光秀に背を向けたのは当然といえば当然である。つい一年前までは、信長の恩を忘れまじと言っていた人物が豹変したのは、大義がない。

光秀が信長を討った理由はわかっていない。

歴史作家の加来耕三氏は「精神的な病」「うつ病」論を出されているが、私もその意見に賛成である。加来耕三氏の光秀論は、ほぼ私も同じ意見だったので驚いた。

頑張りすぎて、自分で自分を追い込んでしまい、これ以上動けなくなり、信長の期待に答えられなくなっていき、精神的におかしくなっていったのではないかと思う。その延長線上に本能寺の変があったと私も思っている。

だからこそ、大多数の意見を集合させずに、自分だけの思いで突っ走ってしまった光秀には賛同できない。彼を英雄化することは私怨による裏切りを推奨することになりかねない。

光秀は優秀な人物であったが、引き際を間違えた。頑張りすぎて、自分の能力を超えることまで信長に求められるようになってしまい、引き際を失ってしまった。優秀であるがゆえの悲劇は悲しい。しかしヒーローであってはならない!

今、岐阜では光秀を盛り上げている。しかし、岐阜の名をつけたのは信長であり、光秀を応援することに私は納得できないでいる。

| | コメント (0)

2019年1月19日 (土)

宗春卿のお墓詣り。名古屋平和公園。今年は年末に大きな企画を予定。宗春卿が正しく認識されることを祈るばかり。

1月18日に、宗春卿のお墓詣り。名古屋平和公園。日暮れ時。訪れる人も少ない。

鵜沼石を用いていることもあり、とても目立つ。卿の事績を思い出す。「民こそ全て」

この数年、宗春卿に導かれている。多くの出会い、多くの場所、多くの物。憑かれているのではないかと思えるほどの偶然の一致の数々。「民こそ全て」の想いを改めて胸にきざむ。

今年は年末に大きな企画を予定。宗春卿が正しく認識されることを祈るばかり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 9日 (金)

民主制と独裁制 それぞれの優劣どこにあるのか?

独裁政権が増えつつある昨今。

欲望でできた歴史の長い独裁制。
歴史が浅く人間の理性でできた民主制。
単純に後者が良いとするのではなく、
何において優劣があるのか、
しっかりと見極めなければならない時代なのかも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月20日 (木)

今日(7月20日)は何の日? 役行者(役小角:神変大菩薩)の忌日 「役行者は個人的な超能力だけであったのではなく、葛城地域の親分であったのではないか?」

今日(7月20日)は何の日?
役行者(役小角:神変大菩薩)の忌日
「役行者は個人的な超能力だけであったのではなく、葛城地域の親分であったのではないか?」

現行の暦であるグレゴリオ暦701年7月20日(旧暦 大宝元年6月7日:ユリウス暦701年7月16日)、稀代の修験行者役行者こと役小角(えんのおづぬ)が遷化した。

役行者に関しては伝説的な話が多く、どれが本当の話なのかはわからない。すべてを削ぎ取り、確実な事績だけを追っていても役行者の実像はわかりにくい。そうした、いわゆる学術的な判断で役行者を見つめると、そこにあるのは骨だけで、血肉が全く感じられない。むしろ後世の人が彼をどうして驚くほどの超能力者のように考えたのか、その心理の集合体こそが役行者の実像なのではないかと思う。

Ennoozunu00

真言を見つめると
「おん ぎゃくぎゃく えんのうばそく あらんきゃ そわか」
この真言から見えてくるものがある。「ギャク ギャク」とは聖天(歓喜天)の真言にも用いられ、聖天と役行者を結びつけている点が興味深い。聖天はビナヤカと呼ばれる魔物たちの首領にして彼らをよく使う。役行者も前鬼・後鬼という鬼神をよく使うと言われている。そうしたことから結び付けられたのではないだろうか。ここから読み取れるのは役行者は、人々から忌み嫌われる存在さえも使役できるほど懐の深い人であったことである。

Hokusai_en_no_gyoja_zenki_goki

ただ役行者は自らの出身地の奈良県葛城の神でもある一言主神が働かないことを責め立て、一言主の讒言によって伊豆へ流されてしまったという。これは一言主は、葛城賀茂のすぐ隣であり同族ではあるが、そうした身内の働かない者の讒言により失脚してしまったことを意味しているのではないだろうか?しかし、役行者のような呪術者が、単純に部下もしくはそれに相当する者の讒言によって流されてしまっては話は面白くない。ここを一言主という神の名を使うことにより、葛城でも東部に属する一言主の地域の人が、葛城の同族であり中部に属する高鴨神社の一族である役行者に反旗を翻したことを意味しているのではないかと思う。

それでも役行者は伊豆でも霊力を発揮し続け、霊峰富士山に毎晩登ったという伝説が生まれ、一層役行者の名声は高まっていった。孔雀明王法をよくしたという伝説につながるのも、孔雀は毒変じて薬となす明王であり、衆生とともによく生きた彼の性格を表しているのではないかと思う。

Ennogyoujya

超能力者としての彼についても面白いが、その超能力を覗いてみてみても彼の事績はとても面白い。むしろ単独の修行者というよりは、葛城地域の親分というイメージが浮かび上がってくる。

役行者に関してはミステリーが多い。今回は役行者が地域の親分であった可能性を見つめてみたが、超能力者である彼の側面についてはまた後日臨んでみようと思う。

今日は役行者を思い、彼が信仰した金剛蔵王権現に祈りを捧げてみようと思う。

7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月19日 (水)

今日(7月19日)は何の日? 山岡鉄舟の忌日 「武士道を貫いた維新の英雄は金も名誉も命もいらぬ禅の居士」

今日(7月19日)は何の日?
山岡鉄舟の忌日
「武士道を貫いた維新の英雄は金も名誉も命もいらぬ禅の居士」

明治21年(1888年)7月19日、9時15分、明治の偉勲のひとりである山岡鉄舟が、皇宮(皇居)に向かって結跏趺坐のまま絶命した。享年満51歳。半世紀を維新とともに駆け抜けた英雄の一人である。

200pxtesshu

高校生時代、不思議に思っていたことがあった。勝海舟と西郷隆盛による江戸城無血開城は有名であるが、将軍徳川慶喜の側近であるはずの勝海舟がどうやって西郷隆盛と会談に臨んだのであろうか?という疑問である。いきなり江戸城で会談し、お互いに相手を理解しようというのは、いくらなんでも、勝海舟と西郷隆盛であっても無理なこと。ではその背後に何があったのか?それを調べていくうちに、無血開城のときに山岡鉄舟が立ち会っていたことを知った。山岡については、幕末の剣の達人で、弘法大師流の書の名人であり、志水の次郎長と意気投合したということしか知らなかった。なぜ一介の御家人が立ち上がったのだろうか?

実は、勝海舟は身動きの取れない自分の代わりに山岡に西郷と会うように頼み込んだ。山岡はその勝の意を受けて、江戸城無血開城の前に、駿府の官軍の陣営にいきなり乗り込んだ。しかも「朝敵徳川慶喜家来、山岡鉄太郎まかり通る」と大きな声を出して堂々と入っていったという。そしてそこで西郷隆盛と会談。勝海舟から全権を預けられて山岡と西郷隆盛の会談がなった。そこでのやり取りはまさに真剣勝負。大きく撃てば大きく響く西郷。山岡の迫力と胆力に大きく響いた。そして、互いに譲歩をしあい、結果的には江戸城無血開城へと繋がった。西郷隆盛は「金もいらぬ、名誉もいらぬ、命もいらぬ人は始末に困るが、そのような人でなければ天下の偉業は成し遂げられない」と山岡を賞賛したという。

維新後、新政府に入り、西郷の願いで35歳のときに明治天皇の侍従として仕えた。しかし、西郷とは十年という約束をしており、45歳で皇宮を去り、維新で斃れた者の菩提を弔うために普門山全生庵を建てた。彼は、僧侶ではなく居士としての禅者であった。長徳寺願翁・竜沢寺星定・相国寺独園・天竜寺滴水・円覚寺洪川の下に参じ禅を究めていき、居士として天竜寺滴水から印可を与えられたる

そして満52歳を迎える直前(数53歳)に、胃がんで逝ってしまう。会葬者は五千人だったという。

山岡の一生涯は、西郷の言う「金も名誉も命もいらぬ」禅の居士であったと思う。だからこそ今北洪川(鈴木大拙の師)、高橋泥舟(山岡の義兄)らとともに、僧籍を持たぬ一般の人々の禅会として「両忘会」を創設したのだろう。

6

私も山岡の逝去した年齢を超えた。だからこそ、若くして逝った英雄山岡の生涯を見つめて彼の思いを受け止めてみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月18日 (火)

今日(7月18日)は何の日? 西郷従道の忌日 「成程大臣は器量の大きな軍人 才よりも徳で生きた人」

今日(7月18日)は何の日?
西郷従道の忌日
「成程大臣は器量の大きな軍人 才よりも徳で生きた人」

明治35年(1902年)7月18日、海軍初めての元帥西郷従道侯爵が逝去した。

Tsugumichi_saigo_2

西郷従道というと、私の頭に浮かぶのはまず愛知県犬山市の明治村にある西洋風の邸宅である。白亜の洋館はとても品が良い。彼の名を初めて知ったのは、その明治村であった。彼のことを調べて、かれの懐の深さがとても惹かれるようになった。

5

西郷従道は言わずと知れた維新の三傑西郷隆盛の実弟である。若き日は島津斉彬の茶坊主龍庵であったが還俗して慎吾と名乗る。

斉彬を信奉し尊王攘夷派の精忠組として明治維新で活躍する。

本来の諱(いみな:本名)は隆興(りゅうこう)であったが、薩摩弁の訛のために役人が「じゅうどう」と聞き取り、そのまま「従道」としたほどおおらかな人であった。通称は慎吾。

征韓論で兄の隆盛が下野した時、大山巌たちとともに陸軍少将として残った。西南戦争の際は陸軍卿代行として、兄との直接の戦禍は交えなかった。

参議・陸軍卿をつとめ伯爵となり、海軍大臣に就任。従来の度量の大きな性格を遺憾なく発揮したという。元老・枢密顧問官・海軍大将・侯爵となり元帥号を受けた。

総理大臣の候補として再三再四推薦されていたが、従兄の大山巌とどうように生涯それを受けることはなかった。それは兄西郷隆盛が西南戦争で逆賊の汚名を受けたことに対する弟としての思いがあったという。

西郷従道の生涯は学ばされることが少なくない。

「成程(なるほど)大臣」と呼ばれたほど人の話をよく聞く人であったという。しかも、細かいことは部下に任せ、功績も部下のおかげとし、大きな判断や責任は自分が背負ったという。まさに上に立つ者の鑑といえる。

尊敬してやまなかった兄隆盛に同行せずに、西南戦争の際も調整役に徹して政府に残り薩摩と政府の緩衝役で有り続けた。情深き人ではあったが情に流されず対局を見誤らなかった姿勢は大いに学ぶところ。1283857

才のある人というよりは、徳のある人であり続けた。だからこそ山本権兵衛のような才のあるものを上手に使えたように思う。

写真を見る限り、優しげな眼光の奥には、一徹な薩摩武士の片鱗が見える。

西郷従道も人であり、それなりの人間的な欠点はあったように思う。それでもそれを覆う如き器量の大きさは学ぶべきところがある。兄の悲しみを背負いつつも、あの白亜の西洋館のようにきれいな心が底にあったように感じる。今日は「才よりも徳」というい事をしっかりと見つめてみようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月17日 (月)

今日(7月17日)は何の日? 第二代グレイ伯爵の忌日 「有能な政治家の伯爵は紅茶好きでその名を残した」

今日(7月17日)は何の日?
第二代グレイ伯爵の忌日
「有能な政治家の伯爵は紅茶好きでその名を残した」

1845年7月17日、元首相であったグレイ伯爵がイングランドの北部ホーウィック・ハウスで逝去した。ホイッグ党の有力議員で、野党に甘んじていたホイッグ党を政権に着かせたホイッグ党の指導者であり多くの人たちから信頼篤き政治家であったが、彼の名前はその政治的な名声よりも別のところにある。

Charles_grey_2nd_earl_grey_by_sir_t

スタートレックThe Next Generation(TNG) で、USS-Enterprise1701DおよびEの艦長のピカード(設定ではフランスのブドウ農園主の息子)がいつも注文していたもの、それが「ホットのアールグレイ」である。

360pxlipton_earl_grey_in_pile

アールグレイとは、ベルガモットで柑橘系の香りをつけた紅茶。フレーバーティーの一種である。日本ではアイス紅茶として人気があったが、最近では温かい紅茶でも人気が高い。

5186iyrgjl_sx425_

9487177_3l1

アールとは、Earlつまり伯爵という意味で、アールグレイとはグレイ伯爵という意味である。いろいろな伝説があり確証に至っていないが、いずれも第二代グレイ伯爵である。

実は私も、高校生時代からアイスのアールグレイが好きであった。トワイニングの缶を手に入れて四季を通してよく飲んでいた。ところがTNGでピカード艦長がホットのアールグレイを飲んでいる姿を見て、試しにホットで飲んでみた。最初はその芳醇な香りに戸惑いもあったが、慣れてくるといつのまにか紅茶はホットのアールグレイを飲むようになっていた。今も紅茶が美味しいお店ではホットのアールグレイを頼むことが多い。

Charles_grey

もちろん今日はホットのアールグレイを飲むつもりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月16日 (日)

今日(7月16日)は何の日? 板垣退助の忌日 「自由民権運動 板垣退助 清貧気概の政治家」

今日(7月16日)は何の日?
板垣退助の忌日
「自由民権運動 板垣退助 清貧気概の政治家」

大正8年(1919年)7月16日、自由民権運動で国民の圧倒的な人気を誇った板垣退助が逝去した。

4

板垣は土佐の中級藩士の嫡男として生まれた。「母が予を戒めて云ふに喧嘩しても弱い者を苛めてはならぬ、喧嘩に負けて帰れば母は叱って直ぐに門に入れない。成長すると、また仮りにも卑怯な挙動をして祖先の家名を汚してはならぬと教えられた」と退助は晩年、自分の少年時代を振り返り述懐している。そうした性格もあり、蟄居させられ、その間に庶民との交流を得る。このときに庶民目線の板垣の政治的な思想の基盤が生じた。明治維新を駆け抜ける。
維新の功により参与・続いて参議となるが、朝鮮国の無礼に激怒し西郷隆盛らと征韓論を主張する。しかし西洋帰りの岩倉具視らにより閣議決定を反故にされ、西郷とともに下野してしまう。
ここから、退助の政治活動が本格化していく。退助は五箇条の御誓文の「万機公論に決すべし」を根拠に、愛国公党を結成し、自由民権運動を推進していく。

岐阜で遊説中に暴漢に襲われ負傷(岐阜事件)。これが「板垣死すとも自由は死せず」というフレーズで世間に知れ渡っていく。実際は「吾死スルトモ自由ハ死セン」ということばであった。

210pxtaisuke_itagaki_bronze_statue_

その後、叙爵を三度打診された。二度は断るが、三顧の礼に反するということで三度目に叙爵して伯爵となる。しかし、子孫はその爵位を承けることはなかった。それは自由民権運動と家族制度は相容れなかったからである。彼は爵位があったために衆議院議員にはなれなかった。しかし、多くの議員たちをバックアップし、自由民権運動を支えていく。時には内務大臣として入閣することもあったが、基本的には自由民権運動の象徴として在野であることが多かった。

102733

彼は清廉潔白であった。岐阜事件で襲った犯人を特赦してほしいと願い出て特赦させ、犯人から謝罪されることもあった。中江兆民は「板垣は政治家としてよりも、むしろ個人としての美しい徳を持っていた近世の偉人である」と評したほどであった。

板垣は今の多くの政治家たちに欠ける気概を持って生きた人である。政権を望むのではなく、権力を望むのではなく、ひとりひとりの国民が自由闊達に生きていくことを目指して政治運動をしてきた。彼の生き様は様々なことを教えてくれるのは間違いない。

近日中に、彼が襲われた場所(岐阜公園内)に行き、「吾死スルトモ自由ハ死セン」の想いを受け止めたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月15日 (土)

今日(7月15日)は何の日? 奈良時代の玄昉(げんぼう)僧正の忌日 「奈良時代の秘密を背負った傑僧」

今日(7月15日)は何の日?
奈良時代の玄昉(げんぼう)僧正の忌日
「奈良時代の秘密を背負った傑僧」

746年7月15日(旧暦天平18年6月18日)、筑紫(福岡県太宰府市観世音寺五丁目)の観世音寺別当である玄昉が遷化した。

Vol24_bod_img_01_l

彼の俗姓は阿刀氏である。阿刀氏からは、玄昉の師匠の義淵、玄昉の弟子の善珠という法相宗の高僧が出ています。また、弘法大師(空海)の母方は阿刀氏で、この阿刀氏が真言宗の総本山東寺(教王護国寺)の勝手方(執事)を担ってきました。この阿刀氏の神社が東寺の東北にある石上(いそのかみ)神社。石上の本社は天理にある石上神宮。物部氏の神社です。ここから見ても分かるように阿刀氏は物部一族。怪僧として名高い道鏡は弓削氏出身ですがこの弓削氏も物部一族です。

物部といえば仏教排斥で蘇我氏と争ったことになっていますが、その物部と同族である阿刀氏は奈良から平安にかけての傑僧を出し、奈良の仏教界をリードしていました。物部が仏教を排斥したかどうかは別問題ですので詳しくは述べませんが、蘇我氏も含めて飛鳥時代から奈良時代の謎はいろいろあるようです。

そのなかでも際立って不思議な人物が、今日を忌日としている玄昉僧正です。

吉備真備と共に唐に二十年間留学し、玄宗皇帝により高く評価され、経論5000巻の一切経と数多くの仏像と共に帰朝した。聖武天皇の母君である藤原宮子の病を癒し、聖武天皇から絶大な信頼を得ることになった。
聖武天皇の皇后藤原光明子(光明皇后)の皇后宮(元藤原不比等邸宅)の隅に隅寺(すみでら)が創建されており、その初代となったのが玄昉である。隅寺は海龍王寺といい、留学生たちの安全を祈願するお寺にもなった。

(歴史的に見るとこの海龍王寺は留学や海外渡航する人たちが祈願する日本の代表的なお寺だと思っている)

余談だが海龍王の娘が善女龍王であり、弘法大師ととても縁が深いのは何らかの理由があろう。善女竜王の夫は牛頭天王であり、祇園祭の祭神。玄昉の忌日・弘法大師の忌日・祇園祭の祭日が、三日以内にあるのもまた面白い。

ところが、藤原広嗣が玄昉を排除しようと九州で藤原広嗣の乱を起こし、藤原仲麻呂が権力を握ると玄昉は筑紫観世音寺別当に左遷され、翌年に遷化した。

権力者によって排斥され、そのときにさまざまな噂を塗りつけられ、俗説が定説化してしまった人物の代表が玄昉僧正。記録が少ないので研究は大変であるが、時代背景を見直して、彼の事績を見つめ直すことは重要である。そこに大仏をはじめとする奈良時代の秘密が隠されているように思える。

玄昉僧正、今日はゆっくりと祈ってみようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧