2017年7月14日 (金)

今日(7月14日)は何の日? 宇井伯壽師の忌日 「三河武士の如き仏教学の泰斗」

今日(7月14日)は何の日?
宇井伯壽師の忌日
「三河武士の如き仏教学の泰斗」

1963年(昭和38年)7月14日、日本の仏教学の泰斗、宇井伯壽博士が逝去した。享年満81歳。宇井博士は愛知県宝飯郡御津町(現在の豊川市)で1882年(明治15年)6月1日に生まれる。茂七という名であった。道号は活翁。

Image005

十代前半で、現在の豊川市伊奈町にある東漸寺で出家し伯壽となる。曹洞宗の僧侶となった。優秀で住職より「「たとえわしの袈裟を質に入れても、お前は大学まで出してやる」と言われたという。現在の愛知中学・東洋大学京北高校を経て、東京帝国大学印度哲学科に入学。曹洞宗東慈寺(岩手県)の住職でもある木村泰賢東京帝国大学教授は同期であり、彼とともに高楠順次郎に師事する。高楠をして「これこそ本当のアルバイト(学術論文という意味)だ」と言わしめたが、木村が主席で宇井は次席であった。ドイツのチュービンゲン大学(ガルベ教授に師事)・イギリスのオックスフォード大学・ケンブリッジ大学などに留学。東京帝国大学から博士号を得、東京帝国大学や東北帝国大学で教鞭をとり後進を育成。
また僧侶としては出家した東漸寺の住職になる。ただし寺からの収入は全て弟子の育成に用いたという。

19961264_10211602938380741_32082253

駒澤大学学長にもなり、帝国学士院会員となり、文化勲章も受賞している。東京大学インド哲学の基礎を作った人物でもある。戦前・戦後に渡る日本を代表する仏教学者であり、中村元も彼の弟子。

『印度哲学史』『禅宗史研究』『仏教思想研究』『仏教思想の基礎』『仏教哲学の根本問題』『摂大乗論の研究』『仏教汎論,上下』『唯識二十論研究』『釈道安研究』『陳那著作の研究』など。

5323422491

伝統的な仏教学に対してヨーロッパの文献学を導入。サンスクリット・パーリ・漢訳の各経典論疏に対する多大な知識を用いて仏教思想とインド思想を研究した。また原始仏教の縁起説を論理学的解釈することを唱えるなど、多大の業績を残す。現代の仏教学の基礎を作り上げたひとりでもある。

三島由紀夫が『豊饒の海』を書くために宇井の『摂大乗論』などを読み込み、阿頼耶識を理解しようとしたのは知る人ぞ知る話。

19959297_10211602938460743_41737889

不思議なことに宇井の結婚の記録は全く残っていないらしく、結婚したのはおそらく留学から帰国の一年後くらいのことではないかと推測されている。年齢は15歳違っていた。

伯寿は、死ぬまで三河弁丸出しだったという。若いうちから禿頭であり、三河の田舎者そのもの。学風も質実剛健の三河者らしく、厳密な考証で一言一句も疎かにしない研究態度であったという。仏教学に一生を捧げた三河者。彼もまた三河武士のような人であったのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月13日 (木)

今日(7月13日)は何の日? 江戸幕府九代将軍徳川家重の忌日? 「評価の見直しが必要! 障害を持ちつつ多くを部下に任せた優れた人事をおこなった傑物」

今日(7月13日)は何の日?
江戸幕府九代将軍徳川家重の忌日?
「評価の見直しが必要! 障害を持ちつつ多くを部下に任せた優れた人事をおこなった傑物」

1761年7月13日(旧暦宝暦11年6月12日)、江戸幕府九代将軍であった大御所徳川家重が薨去した。中興の英雄八代将軍吉宗の長男。偶然にも新暦では父の忌日のちょうど十年後の翌日に薨去したことになる。生来、病弱であり、ポリオを患っていた可能性が指摘されている。そのために一部の幕府官僚から軽く見られていたようだ。

250pxtokugawa_ieshige

父親の八代将軍吉宗は、親政であった享保の前半は御側御用取次の小笠原胤次・有馬氏倫・加納久通と老中水野忠之と共に親政を行っていた。ところが、従五位下(譜代の一般大名)筆頭の松平乗邑(のりさと)が老中になってからは、官僚政治へと変わっていった。水野忠之は実権を奪われ、御側御用取次の面々は旗本から小大名に格上げされて逆に自由を奪い、将軍吉宗自身は後継者育成に意識を傾かせ、実務に関しては老中を筆頭にした官僚組織を徹底的に用いた。

吉宗が、家重付きの西之丸老中としたのは美濃加納藩主安藤信友・上野沼田藩主黒田直邦・下総古河藩本多忠良(本多平八郎流宗家)・美濃岩村藩主松平乗賢たちである。本多は一年のみであったが、いずれも名君で名高いあ優秀な人物である。西之丸老中は本丸老中と異なり幕府の政務には携わらない。次期将軍の養育を主な業務とする。吉宗は、政務の本丸老中を切れ者の松平乗邑に預け、家重の養育には人格者を配置したことがよく分かる。そして家重自身も彼らを大切にした。一方、家重は乗邑を嫌い、彼の実弟を西之丸若年寄から追放したりしている。
西之丸老中だけではなく、小姓も大岡忠光という人格者を配置し、田沼意次も家重によく仕えた。

家重は、見た目は暗愚であったかもしれない。しかし、遺体からすると歴代将軍の中では最も顔立ちは整った人物であったという。決して彼は中身までもが暗愚であったわけではなく、それを外に伝える方法に障害があっただけではないだろうか。その思いを最もよく受け止めたのが御側用人となる大岡忠光である。

家重は、官僚として横柄を究めたという理由で、将軍に就任した直後に松平乗邑を蟄居謹慎処分にした。そして父が敷いた官僚制度を良しとせず、御側用人による側近政治を始める。しかも、父の時代の最後に老中となった下総佐倉藩主堀田正亮はじめ老中たちを罷免することなく彼らの政務を大切にした。そのときに見出した人物の一人が尾張藩の縁戚である越智松平武元である。家重はまさによく人を見極めた優れた人物であったのかもしれない。

障害を持つものへの評価が低かった時代にトップに立った徳川家重。自分ができないことのために、人事をよくよく見極め、自分は何もしなくとも政務が動いていくようにした稀有な人物であったように思う。障害を持つ人への偏見に満ちた見方をしている、彼へのあまりに低い評価は見直すべきではないだろうか?

障害者と、組織のトップのあり方のお手本の一つといえるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月12日 (水)

今日(7月12日)はなんの日? vol.2 暴れん坊将軍こと徳川宗の忌日 「米将軍と呼ばれた忍耐の人」

今日(7月12日)はなんの日? vol.2
暴れん坊将軍こと徳川宗の忌日
「米将軍と呼ばれた忍耐の人」

1751年7月12日(旧暦寛延4年6月20日)、江戸幕府八代将軍であった大御所徳川吉宗が薨去した。享年数え68歳。

1024pxtokugawa_yoshimune

紀州家二代徳川光貞の四男として生まれたが、母親の身分も低いこともあり家老の加納家に預けられて育てられた。次兄の次郎吉が亡くなるとお召により江戸藩邸に移る。数え13歳で従四位下右近衛権少将主税頭を初任官し、松平頼方(最初は頼久)と名乗る。半年後に五代将軍綱吉が紀州藩邸に訪れた際は控えの間に居たが、将軍家御側用人柳澤吉保のはからいで、将軍に初謁見。越前(福井県)葛野藩3万石藩主となるも、紀州徳川家の御連枝(分家)であったので江戸の常住となる。数え二十二歳の時、二人の兄が続いて亡くなり、紀州徳川家五代藩主吉宗となる。
六代将軍家宣が薨去した際に、尾張四代藩主徳川吉通の次の七代将軍候補となるが、家宣実子の家継が七代藩主となる。数え33歳のときに、家継が薨去。すでに徳川吉通も薨去しており、その弟の尾張徳川六代目の継友と将軍位を競うが、家宣夫人近衛煕子の裁定で吉宗に決まる。煕子の姪の安己姫は継友の婚約者であったが、煕子は吉宗を選んだ。奇行の多い継友ではなく、紀州藩を立て直した英雄吉宗であったからかもしれない。
吉宗は、五代将軍綱吉を敬愛していた。お墓も彼と合祀されるほどである。またその御側用人大老格であった柳澤吉保は吉宗には恩人でもあった。その柳澤を蔑ろにした老中格の間部詮房と、将軍家儒官であり鬼と呼ばれた権力者新井白石を吉宗は退けた。吉宗の政策は綱吉よりも家宣に近かったが、吉宗は真鍋も新井も徹底的に排除し、彼らが行なった政策をひっくり返してしまう。

531bf91587d934a42caf6c8945cf3fba
老中も徐々に入れ替え、享保年間の前半は岡崎藩主水野忠之、後半は大給松平家宗家の乗邑を中心に政治を行った。一般的には御側御用人を通じた親政であったと言われるが、それは前半であり、後半は松平乗邑に政務は任せ、吉宗は九代将軍家重の養育に苦心する。
そして起きたのが、将軍継承時から可愛がり尾張徳川七代藩主にまで引き上げた徳川宗春の事件である。一般的には、吉宗の質素倹約に対して、正反対の政策を取り、宗春は将軍家に逆らったというがそんなに単純なものではない。おそらくは、幕閣が朝廷とのやり取りで失策をし、朝廷と縁が深かった尾張徳川を巻き込み、宗春を謹慎させることで事件を修めたというのが真相ではないかと思う。このあたりは拙著『徳川宗春 <江戸>を超えた先見力』(風媒社)を読んでもらいたい。
吉宗は、様々な改革をしたが、松平乗邑が起こした強引な政策は朝廷をも激怒させ、吉宗が隠居すると同時に、九代将軍となった徳川家重によって乗邑は蟄居謹慎になってしまう。そのときに吉宗は一切助け舟を出さなかった。ここに吉宗の乗邑への本当の思いが見て取れる。

米将軍と呼ばれた吉宗について書きたいことは山ほどある。ここでは書ききれない。ただ彼を調べれば調べるほど、辛抱の人であったことがよく分かる。将軍についたからこそ自分の思うようにできないことがたくさんあったように思う。

宗春研究を続けていく過程で。吉宗という人の今まで知られていなかった辛抱強い本当の思いを紐解いていければと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日(7月12日)は何の日? 鈴木大拙(すずきだいせつ)の忌日 「日本的霊性ZENを世界に広めた居士」

今日(7月12日)は何の日?
鈴木大拙(すずきだいせつ)の忌日
「日本的霊性ZENを世界に広めた居士」

昭和41年(1966年)7月12日、満95歳、鈴木大拙居士が逝去した。日本の禅を世界に知らしめた大功労者である。

Daisetsu_teitar_suzuki_photographed

彼は出家者ではない。しかし、学生時代から鎌倉円覚寺の今北洪川や、その跡を継いだ釈宗演に参禅していた。今北洪川は在家仏教を称揚した禅僧であり、釈宗演は「禅」を「ZEN」として欧米に伝えた初めての僧侶であった
鈴木は本名を貞太郎という。釈宗演は今北洪川の師である京都の相国寺の大拙承演と同じ名を貞太郎に授けた。鈴木は、本名よりも居士号である鈴木大拙として有名になっていく。。今北洪川は元々は江戸時代末期に私塾を開いていた在家者であったが『禅門宝訓』を読んで出家への思いを立ち難くなり、妻子を捨てて出家した人物である。その彼は在家仏教を大切にし、強く影響を受け今北洪川の師匠の名を得た鈴木大拙が出家することなく在家居士として活躍することになったのは面白い。

8f801c9218cf275999f08d929061e414

鈴木は釈宗演に選ばれ渡米し、日本仏教の思想の中核をなす如来蔵の重要な典籍『大乗起信論』を英語訳して出版。『大乗仏教概論』など数多くの著述を英語でなし禅をアメリカに伝えた。帰国後は円覚寺に住み、学習院で英語を教えるようになる。釈宗演の下に出入りしていた神秘主義思想の神智学徒のベアトリス・レインと知己を得て結婚。彼女の力を得て日本仏教を英語に直し、大谷大学教授となり京都へ移住。英語で大谷大学より博士号を取得した。ベアトリスの影響で神秘学にも興味を示していた。だからこそ「霊性」という言葉を彼は多用したのかもしれない。「霊性」で臨済禅や浄土を理解しようとした稀有な存在でもあった。妻が先立ってからも積極的に海外に出かけZENを布教して回る。

Resize_image

彼が居なければ欧米にこれほどZENが有名になることはなかったであろう。また禅にともなう日本文化も彼を通して世界に広まったと言っても過言ではない。
日本仏教の居士として世界を駆け巡り日本仏教、特にZENを広めた功績は多大である。世界規模で見たら、二十世紀最大の仏教徒の一人に挙げられるのではないだろうか?

Photo

今日は鈴木大拙の本を読んで、日本的霊性を見つめてみようと思う。そして彼の師匠である今北洪川と釈宗演を見つめてみたい。ここに今の僧侶の進むべき道のヒントがあるように思えてならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月10日 (月)

今日(7月10日)は何の日? 蘇我入鹿の忌日(乙巳の変:大化の改新の始まり) 「蘇我入鹿は本当に悪人だったのか?」

今日(7月10日)は何の日?
蘇我入鹿の忌日(乙巳の変:大化の改新の始まり)
「蘇我入鹿は本当に悪人だったのか?」

645年7月10日(皇極天皇四年六月十二日)、大臣(おおおみ)の蘇我入鹿が、中大兄皇子(後の天智天皇)・中臣鎌子(後の藤原鎌足)等によって天皇の前で誅殺された。この事件を乙巳の変(いっしのへん)という。いわゆる、大化の改新の始まりである。

Irukaansatsuzu

乙巳の変のときに重要な役割を果たしたのが蘇我倉山田石川麻呂である。入鹿と同じ蘇我氏であり、入鹿の従兄弟に当たる、彼の娘二人が乙巳の変の前に中大兄皇子に嫁いで、子をなしており、石川麻呂もまた中大兄皇子に与するものであったという。そのために大化の改新では右大臣となり、蘇我氏は滅ぶことなく存続した。ただし四年後に、孝徳天皇の義父である左大臣の阿倍内麻呂が没すると朝臣では最高位となるも、二ヶ月後に異母弟の讒訴により義息子である中大兄皇子に撃たれた。なんと中大兄皇子により、石川麻呂は討たれ、後にそれが謀略であったことが明らかになっている。
私の住む各務原市は、その蘇我倉山田石川麻呂と縁が深い土地であるが、これについてはまた後日に別項で記そうと思う。

さて、入鹿は専横であったがゆえに誅殺されたという。

ところが、物部守屋との戦いでもそうであったが、蘇我氏はどちらかというと大陸の唐の制度を取り入れようとしていた進歩派であった。一方、中臣鎌足の中臣氏は物部とともに仏教を受容することを拒んだグループであり、どちらかというと守旧派であった。ただし、鎌足の長男の真人(まひと)は乙巳の変の八年後に出家して定恵と名乗り僧侶となっている。仏教を受容した蘇我氏でさえ僧侶を出していないにも関わらず、仏教を排斥し蘇我氏を滅ぼした中臣氏から、その長男が僧侶となっているのは歴史のミステリーの一つである。

また中大兄皇子(天智天皇)の諱(いみな:実名)は葛城(かつらぎ)で、ここにも何か秘密がありそうだ。さらに中大兄皇子に奈良時代の淡海三船(おうみのみふね)が「天智天皇」と漢風諡号したのは注目される。天智とは、殷(いん:国名は商ともいう)の紂王(ちゅうおう)が最後まで身につけていた宝玉で、紂王の分身であるとまで言われていたものである。紂王とは妲妃(だっき)という女性に色狂いし、政治を疎かにし、酒池肉林という言葉の元を造った人物で、中国史上最悪の人物である。淡海三船は大友皇子の曾孫だから天智天皇の玄孫である。直系の先祖にとんでもない名前をつけた理由は何なのか、ここも不可思議である。紂王を討ったのは周の武王、つまり天武は武王ということなのかどうかは分からない。

Iruka

蘇我入鹿は、後の歴史では天智天皇と藤原鎌足を正義とするがゆえに、悪の権化のように扱われる。聖徳太子の子である山背大兄王を追い込み滅ぼしたのは事実だ。その悪人を討った正義であるはずの天智天皇と藤原鎌足にはあまりにも謎が多い。
天智天皇を見ると、乙巳の変の後もすぐに即位できず・蘇我倉山田石川麻呂の征伐・白村江の戦い・額田王をめぐる大海人皇子との確執・孝徳天皇の意を無視した飛鳥板蓋宮への遷り直後に孝徳天皇が崩御・孝徳天皇の遺児である有間皇子の謀反討伐・天智天皇の同母妹間人皇女(孝徳天皇の皇后)との倫ならぬ関係など分からないことが多すぎる。

つまり蘇我入鹿もまた謀略に巻き込まれ、悪人の名を刻まれた人物である可能性もある。

蘇我入鹿とその周辺から、感じることがある。

誰かが意図的に築き上げたイメージで物事を見ると、目が曇ってしまうことだ。

自分のこれからの生き方の中でも、こうしたことがないように務めたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月25日 (日)

今日(6月25日)は何の日? ニューエイジサイエンスの旗手の一人ライアル・ワトソンの忌日 「感性の生物学者」

今日(6月25日)は何の日?

ニューエイジサイエンスの旗手の一人ライアル・ワトソンの忌日

「感性の生物学者」

2008年6月25日オーストラリアを訪問中の生物学者ライアル・ワトソンが逝去した。彼は『スーパーネイチャー』『生命潮流』などで名を馳せたニューエイジサイエンスの旗手の一人である。

Lyall_watson
彼には個人的な思いがある。昭和61年(1986年)秋、我が師匠松長有慶先生が中心となって高野山にニューエイジムーブメントの旗手三人が集まった。コリン・ウィルソン、フリッチョフ・カプラ、そしてライアル・ワトソンの三人である。私は当時、高野山大学の学生。師匠に命じられ、別々の日だったがフリッチョフ・カプラとライアル・ワトソンのお二人に高野山の奥の院を案内した。

そのときのワトソンの言葉を今も思い出す。
I feel I feel
彼は奥の院の参道の途中で立ち止まって、両手を広げ、全身全霊で高野山奥の院の霊気を受け取っていた。御廟に近づくに連れ、より強くその行為を繰り返していた。面白い学者だと思った。御廟では合掌をし、私と一緒に祈りを捧げていた。何を祈ったのかと訊いたら「Secret」と笑った。地下法場では何故か身をかがめ、そして共に祈った。帰りもまた手を広げ、一の橋まで歩いていった。とても陽気な人だったことを覚えている。
彼の著作をそれまでに読んでいた。学問的には疑問符がつくことがたくさんあった。ところが彼と触れ合うまでの感想と、彼と共に奥の院に赴いてからの本への感想は大きく変わった。そのときに、「私の研究(学問)は、自分が感じているものを追うものである。」と彼は教えてくれた。彼が表現したかったのは学問ではなく真理の追求であることを知った。
もちろん彼のいう「百匹目の猿」「グリセリンの結晶化に関する都市伝説」など学問的には問題がある。しかし、その事実誤認よりも、彼の追い求めるもののほうが大切であることを知ってからは、彼の本は全く異質なものへと変化していった。彼のそのアプローチは、その後の私の考え方に大きく影響を与えてくれた。

その彼が平成20年(2008年)に亡くなった。新聞に小さなニュースが載っていた。私は一つの時代が過ぎ去ったことを改めて知った。あのときの思想的な実験を次に繋いでいきたいとその時感じた。

21rh1n2t3rl

その翌年の平成21年(2009年)6月25日は、チャーリーズエンジェルのファラーフォーセットと、マイケルジャクソンが亡くなっている。彼らについては、何かの機会に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月19日 (月)

県岐商の吹奏楽とその先輩のサックスに魅了され

昨夜は県立岐阜商業の吹奏楽部のサマーコンサートに信者さんと妻と共に行きました。
吹奏楽部には先日大変お世話になったので^_^

第二部で共演された県岐商吹奏楽部の元主将で卒業生の服部令子さんのプロのサックス、震えが止まらないほど感動しました。内の内なる光に触れるとはこういう感覚なのかと。また聴きたい!
彼女のブログに、ちらっとその時の様子が^_^
服部令子さんのブログ

サックスは今まであまり好きなジャンルではなかったのですが、見事にハマってしまいました。

県岐商も服部さんも、どちらも超お勧めです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月24日 (月)

今日は何の日? 「異なる意見を大切に」 1891年4月24日 近代ドイツ陸軍の父大モルトケが逝去する

今日は何の日?

テーマ「異なる意見を大切に」

1891年4月24日のこの日、ヘルムート・カール・ベルンハルト・グラーフ・フォン・モルトケが逝去した。「大モルトケ」と呼ばれた人物である。

プロイセンの軍人で、統一ドイツをもたらしたドイツの英雄。軍制改革をおこない、「近代ド

イツ陸軍」の父と呼ばれた。

18056963_10210886278264686_75904732

モルトケは順調に昇進したわけではない。しかし、地図作りを偶然にも極めた為に、参謀本部で大活躍する。

政治はビスマルク、軍事はモルトケと、互いに相手を信頼した。ただし、規律正しいモルトケに反し、規律破りの多いビスマルク。二人はあまり仲の良い関係ではなかったらしい。それでも、互いの領分には口を出さず、全面的に信頼して居たという。そしてモルトケは軍部においても他者の意見を大切にした。

今の政治的指導者の中で、こうした関係である人は稀。個性の違うもの同士が、個人的には仲が良くなくとも、国を互いに守ろうとして協力すると、幅広い体制が生まれる。

だからこそプロイセンは統一ドイツを成し遂げたのではないだろうか?
第一次世界大戦や第二次世界大戦の時に、この二人のような器量の大きな人物が上に立てなかったドイツは敗戦の道を歩み苦しんでしまった。

モルトケにも色々問題はあったと思う。しかし、彼の持つ寛容性や知性を大切にしたい。

「自分と意見の異なるものの意見を大切に」これが今日のメッセージ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月23日 (金)

「ちょっとした工夫   ”みんなわらしべ長者”ゲーム  "負けるが勝ちじゃんけん"」

「ちょっとした工夫 
 ”みんなわらしべ長者”ゲーム
 "負けるが勝ちじゃんけん"」

ある会の年末忘年会で幹事をする。

いつものように若き合唱を楽しみ
今年は特別に、
少し年輪の多い有志によるハワイアン。

当初はこれだけの内容であった。

しかしこれでは寂しい。

せっかくの会合だから
異なるテーブルに着いた人達が
互いに交流する方法はないのか?

いろいろ考えてみた。

昨日の昼に母の用事でスーパーに出かけた。
そこで、ふと思いついた。

実験をしてみよう・・・

実験用に150円から300円程度のお菓子を
参加者分購入。
(実験なので自腹を切る(^^;と言っても
 大した金額にならないので
 このゲームはお金が
 あまりかからないことが判明 )
お菓子は全部バラバラの種類。

ハワイアンも終わり、会が五分の三、
終了した段階で各テーブルに人数分のお菓子を
適当においていただいた。

「これはいらないと思った
 お菓子を手に取ってください。
 これを交換していきながら
 自分が気に入っているお菓子を
 手にしてみてください。
 条件が二つあります。
 1)自分のテーブルの人とは交換しないこと。
 2)拒否は一回だけできるものとします。
 五分の時間制限ありです。」

ほぼ最初の三分ほどで全員が交換し終わり
およそ自分が欲しいものが手元に届いた。

おもったより受けの良いゲームであった。

効能は
・参加者のテーブル以外の方と交流できる
・欲しいものを手に入れる過程が見える
・自分だけという発想が消える
・全員がwin winになりやすい
・会話が増え結構楽しめる

反省は
・五分は長すぎた 三分でOK
・時間制限より
 例えば三回以上交換というほうが良い
・景品はもっと工夫する必要がある

思いつきで挿入したゲームであったが
それなりの効果があった。

そして最後は
負け続けじゃんけん。
勝つだけでなく最後まで負け続けた人に
景品である餅米五キロを渡すというもの。
効能は
・弱者救済の精神(^^)
・勝つことだけが良いことではないというもの

これも思いつきのじゃんけん大会であったが
それなりに楽しんでいただけた。

これからの宴会で十分に活用できるゲームを
今回は二つ獲得できた。
もう少し練って、深い意味も付加してみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月10日 (木)

光が欲しければ 目先のことよりも根本を

「目先ではなく根本を」

西郷隆盛は
太鼓のような人であったという

軽く叩けば軽く響き
大きく叩けば大きく響く
そんな人であったらしい
愚人が近寄れば愚人に見え
賢人が寄れば深き賢人であったという

常にそうありたい
私が願うところ
もちろん西郷さんのようには行かないが(^^
こういう生き方をしていると
誤解されることも多々あるが・・・

何を言わんとしているのかを
深く理解して下さる人には
奥深く響くように心がけている
後日になってから
「あのときの言葉とは
 こういう意味だったのですね」
と後日にお応えいただける方も少なくない
そのたびに、「良かったぁ」と嬉しくなる

ハウツーとか簡単にとか安易なものとか
そうしたものを求める方には
厳しいかもしれない。

今すぐに分かっていただくことより
自分で目を開けていただいた後に
理解していただくことを
大切にしていただいているから。
目先よりも根本という視点。
これは人生を深めてくれる。

目先のものよりも
根本的なところまで考える

師匠から徹底して教えられたこと。

そして信じる宗教は異るが
D大学のO教授やT元教授の言葉や生き様から
学んだ大切なモノ。
お二人はどういわれようと
お二人は我が心の師。

目先のものよりも
根本的なところまで考える

光がほしい時こそ
大切な言葉

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧