2018年3月 8日 (木)

知ると知らざると・・・「富貴について」

28783677_10213417394581012_22128992 あるお茶人との対話で思うことあり。「富貴」という言葉

、単発で見ると、お金が多いとか貴族であるとか、そんな

下世話な意味に取れる。しかし、『論語』を知る者には、

「死生有命・富貴在天」という言葉が浮かび、下世話な話

とは全く異なる次元の意味が汲み取れる。

知ると知らざると、どちらが大きな間違いがあるのか?

私たちは知らないことが多すぎる。一生かけて学び続けて

いくからこそ、それまで見えない世界が見えて来るように

思う。

ちなみに写真の大日如来。気づく者、知る者には足元にあ

る仏像にも注意がいく。金胎両部。これも知る者のみ解る

こと(^。^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 2日 (金)

空を見て独白  煩悩もまた慈悲

空を見て独白(^。^)
Aozora_2
雲一つない天気。昨日の嵐から一転、穏やかな日。真っ青というよりは、やや春霞がかかっている。霞は優しさを生む。
密教では雲や霧は煩悩の象徴だが、慈悲と観ることもある。なぜ煩悩が慈悲なのか若いうちは理解しがたいと思っていた。歳を重ねると、自然現象の霞にその意味を見出せるようになった。煩悩は優しさに繋がる。煩悩もまた昇華すれば菩薩の位でありうる。
最近はなんでも公開とか一方では個人情報とか両極端にすすんでいるが、密教の目から見ると両極端は戯論に過ぎない。世の中は、理想と現実の両方が絡み合って動いている。どちらか一方に寄るのではなく、どちらも包み込むような生き方をしていたいものだ。
若い頃、喧嘩っ早かった自分が微笑ましい(。-_-。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月28日 (水)

不動護摩 諸尊諸神の威徳を思う

Homa20180228 平成30年2月28日の不動護摩。
平成7年9月から毎月焚き続けている。
自分一人で祈る護摩もあるが、信者さんと共に焚く護摩も、約270回ほどになった。
その間、色々と工夫を凝らしてきた。その間に、浪切不動尊の御分身を祀るようにもなった。
お厨子も不思議なご縁でやって来た。
向かって右側に祀る日本の神々の大麻も美濃の旧家に祀ってあった御社を頂いて祀った。サイズも偶然にぴったりであった。
護摩が終わり、信者さんも帰られ、独り護摩堂で佇みながら、しみじみと、変化してきた日々を振り返った。
護摩堂に居てくださる御本尊はじめ諸尊諸神の誓願や威徳を思いつ、本堂をあとにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月27日 (火)

寛容でありかつ倫理観の高い人間を目指したいもの

朴槿恵前大統領にたいし、懲役30年、罰金1185億ウォン(約118億円)という途方もない罰を求刑した韓国の検察。さらに李明博元大統領をまもなく事情聴取する方針を固めたとか。
そしてこれを支持する国民。
鳴り物入りで自分たちが選んだ大統領を見世物のように断罪する。これを「浄化作用がある」と自慢する国民性があまりにも悲しい。
そう思うと、日本はじっくりと腰を据えた総理大臣を支持するようになった。どうでも良いことで足を引っ張る野党議員もいるが、それでも国民の圧倒的多数が首相を支えている。
首相が辞めても決して弾劾することはないだろう。非難をすることはあっても、決して裁判にかけたりすることはない。これを「浄化作用がない」という頓珍漢なことをいう国民もほとんど居ない。

寛容でありかつ倫理観の高い人間を目指したいもの。隣の国のニュースを見て、日本の良さを改めて感じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月18日 (金)

縁は目に見えない 目に見えない縁が目に見える現象となる ご縁に感謝の祈りを捧げ続けていきたい

一人一人が祈る姿は美しい。
祖先を中心としたあらゆるご縁のある方々やあらゆるご縁のある物事・出来事への祈り。
縁は目に見えない。しかし縁は無いわけではない。目に見えない縁が、目に見える形に顕れたのがこの現象世界。
だからこそ、目に見える儀式で、目に見えない縁に祈りを捧げることも大切。その祈り縁に作用し、一人一人にまた影響を及ぼす。
縁を知るものと知らぬものとの差は少なく無い。

周りを見ると、祈りを忘れた人々が増えた一方、祈りを大切にする人々も増えているようにも思う。この両極化が何を意味するのかは分からない。

できれば一人一人が、見えない縁に感謝の祈りを捧げ、目に見える現象世界がより気持ちの良い世界であって欲しい。
そのための祈りと活動と発信を続けて行きたい。
(^ ^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月20日 (木)

今日(7月20日)は何の日? 役行者(役小角:神変大菩薩)の忌日 「役行者は個人的な超能力だけであったのではなく、葛城地域の親分であったのではないか?」

今日(7月20日)は何の日?
役行者(役小角:神変大菩薩)の忌日
「役行者は個人的な超能力だけであったのではなく、葛城地域の親分であったのではないか?」

現行の暦であるグレゴリオ暦701年7月20日(旧暦 大宝元年6月7日:ユリウス暦701年7月16日)、稀代の修験行者役行者こと役小角(えんのおづぬ)が遷化した。

役行者に関しては伝説的な話が多く、どれが本当の話なのかはわからない。すべてを削ぎ取り、確実な事績だけを追っていても役行者の実像はわかりにくい。そうした、いわゆる学術的な判断で役行者を見つめると、そこにあるのは骨だけで、血肉が全く感じられない。むしろ後世の人が彼をどうして驚くほどの超能力者のように考えたのか、その心理の集合体こそが役行者の実像なのではないかと思う。

Ennoozunu00

真言を見つめると
「おん ぎゃくぎゃく えんのうばそく あらんきゃ そわか」
この真言から見えてくるものがある。「ギャク ギャク」とは聖天(歓喜天)の真言にも用いられ、聖天と役行者を結びつけている点が興味深い。聖天はビナヤカと呼ばれる魔物たちの首領にして彼らをよく使う。役行者も前鬼・後鬼という鬼神をよく使うと言われている。そうしたことから結び付けられたのではないだろうか。ここから読み取れるのは役行者は、人々から忌み嫌われる存在さえも使役できるほど懐の深い人であったことである。

Hokusai_en_no_gyoja_zenki_goki

ただ役行者は自らの出身地の奈良県葛城の神でもある一言主神が働かないことを責め立て、一言主の讒言によって伊豆へ流されてしまったという。これは一言主は、葛城賀茂のすぐ隣であり同族ではあるが、そうした身内の働かない者の讒言により失脚してしまったことを意味しているのではないだろうか?しかし、役行者のような呪術者が、単純に部下もしくはそれに相当する者の讒言によって流されてしまっては話は面白くない。ここを一言主という神の名を使うことにより、葛城でも東部に属する一言主の地域の人が、葛城の同族であり中部に属する高鴨神社の一族である役行者に反旗を翻したことを意味しているのではないかと思う。

それでも役行者は伊豆でも霊力を発揮し続け、霊峰富士山に毎晩登ったという伝説が生まれ、一層役行者の名声は高まっていった。孔雀明王法をよくしたという伝説につながるのも、孔雀は毒変じて薬となす明王であり、衆生とともによく生きた彼の性格を表しているのではないかと思う。

Ennogyoujya

超能力者としての彼についても面白いが、その超能力を覗いてみてみても彼の事績はとても面白い。むしろ単独の修行者というよりは、葛城地域の親分というイメージが浮かび上がってくる。

役行者に関してはミステリーが多い。今回は役行者が地域の親分であった可能性を見つめてみたが、超能力者である彼の側面についてはまた後日臨んでみようと思う。

今日は役行者を思い、彼が信仰した金剛蔵王権現に祈りを捧げてみようと思う。

7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月19日 (水)

今日(7月19日)は何の日? 山岡鉄舟の忌日 「武士道を貫いた維新の英雄は金も名誉も命もいらぬ禅の居士」

今日(7月19日)は何の日?
山岡鉄舟の忌日
「武士道を貫いた維新の英雄は金も名誉も命もいらぬ禅の居士」

明治21年(1888年)7月19日、9時15分、明治の偉勲のひとりである山岡鉄舟が、皇宮(皇居)に向かって結跏趺坐のまま絶命した。享年満51歳。半世紀を維新とともに駆け抜けた英雄の一人である。

200pxtesshu

高校生時代、不思議に思っていたことがあった。勝海舟と西郷隆盛による江戸城無血開城は有名であるが、将軍徳川慶喜の側近であるはずの勝海舟がどうやって西郷隆盛と会談に臨んだのであろうか?という疑問である。いきなり江戸城で会談し、お互いに相手を理解しようというのは、いくらなんでも、勝海舟と西郷隆盛であっても無理なこと。ではその背後に何があったのか?それを調べていくうちに、無血開城のときに山岡鉄舟が立ち会っていたことを知った。山岡については、幕末の剣の達人で、弘法大師流の書の名人であり、志水の次郎長と意気投合したということしか知らなかった。なぜ一介の御家人が立ち上がったのだろうか?

実は、勝海舟は身動きの取れない自分の代わりに山岡に西郷と会うように頼み込んだ。山岡はその勝の意を受けて、江戸城無血開城の前に、駿府の官軍の陣営にいきなり乗り込んだ。しかも「朝敵徳川慶喜家来、山岡鉄太郎まかり通る」と大きな声を出して堂々と入っていったという。そしてそこで西郷隆盛と会談。勝海舟から全権を預けられて山岡と西郷隆盛の会談がなった。そこでのやり取りはまさに真剣勝負。大きく撃てば大きく響く西郷。山岡の迫力と胆力に大きく響いた。そして、互いに譲歩をしあい、結果的には江戸城無血開城へと繋がった。西郷隆盛は「金もいらぬ、名誉もいらぬ、命もいらぬ人は始末に困るが、そのような人でなければ天下の偉業は成し遂げられない」と山岡を賞賛したという。

維新後、新政府に入り、西郷の願いで35歳のときに明治天皇の侍従として仕えた。しかし、西郷とは十年という約束をしており、45歳で皇宮を去り、維新で斃れた者の菩提を弔うために普門山全生庵を建てた。彼は、僧侶ではなく居士としての禅者であった。長徳寺願翁・竜沢寺星定・相国寺独園・天竜寺滴水・円覚寺洪川の下に参じ禅を究めていき、居士として天竜寺滴水から印可を与えられたる

そして満52歳を迎える直前(数53歳)に、胃がんで逝ってしまう。会葬者は五千人だったという。

山岡の一生涯は、西郷の言う「金も名誉も命もいらぬ」禅の居士であったと思う。だからこそ今北洪川(鈴木大拙の師)、高橋泥舟(山岡の義兄)らとともに、僧籍を持たぬ一般の人々の禅会として「両忘会」を創設したのだろう。

6

私も山岡の逝去した年齢を超えた。だからこそ、若くして逝った英雄山岡の生涯を見つめて彼の思いを受け止めてみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月15日 (土)

今日(7月15日)は何の日? 奈良時代の玄昉(げんぼう)僧正の忌日 「奈良時代の秘密を背負った傑僧」

今日(7月15日)は何の日?
奈良時代の玄昉(げんぼう)僧正の忌日
「奈良時代の秘密を背負った傑僧」

746年7月15日(旧暦天平18年6月18日)、筑紫(福岡県太宰府市観世音寺五丁目)の観世音寺別当である玄昉が遷化した。

Vol24_bod_img_01_l

彼の俗姓は阿刀氏である。阿刀氏からは、玄昉の師匠の義淵、玄昉の弟子の善珠という法相宗の高僧が出ています。また、弘法大師(空海)の母方は阿刀氏で、この阿刀氏が真言宗の総本山東寺(教王護国寺)の勝手方(執事)を担ってきました。この阿刀氏の神社が東寺の東北にある石上(いそのかみ)神社。石上の本社は天理にある石上神宮。物部氏の神社です。ここから見ても分かるように阿刀氏は物部一族。怪僧として名高い道鏡は弓削氏出身ですがこの弓削氏も物部一族です。

物部といえば仏教排斥で蘇我氏と争ったことになっていますが、その物部と同族である阿刀氏は奈良から平安にかけての傑僧を出し、奈良の仏教界をリードしていました。物部が仏教を排斥したかどうかは別問題ですので詳しくは述べませんが、蘇我氏も含めて飛鳥時代から奈良時代の謎はいろいろあるようです。

そのなかでも際立って不思議な人物が、今日を忌日としている玄昉僧正です。

吉備真備と共に唐に二十年間留学し、玄宗皇帝により高く評価され、経論5000巻の一切経と数多くの仏像と共に帰朝した。聖武天皇の母君である藤原宮子の病を癒し、聖武天皇から絶大な信頼を得ることになった。
聖武天皇の皇后藤原光明子(光明皇后)の皇后宮(元藤原不比等邸宅)の隅に隅寺(すみでら)が創建されており、その初代となったのが玄昉である。隅寺は海龍王寺といい、留学生たちの安全を祈願するお寺にもなった。

(歴史的に見るとこの海龍王寺は留学や海外渡航する人たちが祈願する日本の代表的なお寺だと思っている)

余談だが海龍王の娘が善女龍王であり、弘法大師ととても縁が深いのは何らかの理由があろう。善女竜王の夫は牛頭天王であり、祇園祭の祭神。玄昉の忌日・弘法大師の忌日・祇園祭の祭日が、三日以内にあるのもまた面白い。

ところが、藤原広嗣が玄昉を排除しようと九州で藤原広嗣の乱を起こし、藤原仲麻呂が権力を握ると玄昉は筑紫観世音寺別当に左遷され、翌年に遷化した。

権力者によって排斥され、そのときにさまざまな噂を塗りつけられ、俗説が定説化してしまった人物の代表が玄昉僧正。記録が少ないので研究は大変であるが、時代背景を見直して、彼の事績を見つめ直すことは重要である。そこに大仏をはじめとする奈良時代の秘密が隠されているように思える。

玄昉僧正、今日はゆっくりと祈ってみようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月14日 (金)

今日(7月14日)は何の日? 宇井伯壽師の忌日 「三河武士の如き仏教学の泰斗」

今日(7月14日)は何の日?
宇井伯壽師の忌日
「三河武士の如き仏教学の泰斗」

1963年(昭和38年)7月14日、日本の仏教学の泰斗、宇井伯壽博士が逝去した。享年満81歳。宇井博士は愛知県宝飯郡御津町(現在の豊川市)で1882年(明治15年)6月1日に生まれる。茂七という名であった。道号は活翁。

Image005

十代前半で、現在の豊川市伊奈町にある東漸寺で出家し伯壽となる。曹洞宗の僧侶となった。優秀で住職より「「たとえわしの袈裟を質に入れても、お前は大学まで出してやる」と言われたという。現在の愛知中学・東洋大学京北高校を経て、東京帝国大学印度哲学科に入学。曹洞宗東慈寺(岩手県)の住職でもある木村泰賢東京帝国大学教授は同期であり、彼とともに高楠順次郎に師事する。高楠をして「これこそ本当のアルバイト(学術論文という意味)だ」と言わしめたが、木村が主席で宇井は次席であった。ドイツのチュービンゲン大学(ガルベ教授に師事)・イギリスのオックスフォード大学・ケンブリッジ大学などに留学。東京帝国大学から博士号を得、東京帝国大学や東北帝国大学で教鞭をとり後進を育成。
また僧侶としては出家した東漸寺の住職になる。ただし寺からの収入は全て弟子の育成に用いたという。

19961264_10211602938380741_32082253

駒澤大学学長にもなり、帝国学士院会員となり、文化勲章も受賞している。東京大学インド哲学の基礎を作った人物でもある。戦前・戦後に渡る日本を代表する仏教学者であり、中村元も彼の弟子。

『印度哲学史』『禅宗史研究』『仏教思想研究』『仏教思想の基礎』『仏教哲学の根本問題』『摂大乗論の研究』『仏教汎論,上下』『唯識二十論研究』『釈道安研究』『陳那著作の研究』など。

5323422491

伝統的な仏教学に対してヨーロッパの文献学を導入。サンスクリット・パーリ・漢訳の各経典論疏に対する多大な知識を用いて仏教思想とインド思想を研究した。また原始仏教の縁起説を論理学的解釈することを唱えるなど、多大の業績を残す。現代の仏教学の基礎を作り上げたひとりでもある。

三島由紀夫が『豊饒の海』を書くために宇井の『摂大乗論』などを読み込み、阿頼耶識を理解しようとしたのは知る人ぞ知る話。

19959297_10211602938460743_41737889

不思議なことに宇井の結婚の記録は全く残っていないらしく、結婚したのはおそらく留学から帰国の一年後くらいのことではないかと推測されている。年齢は15歳違っていた。

伯寿は、死ぬまで三河弁丸出しだったという。若いうちから禿頭であり、三河の田舎者そのもの。学風も質実剛健の三河者らしく、厳密な考証で一言一句も疎かにしない研究態度であったという。仏教学に一生を捧げた三河者。彼もまた三河武士のような人であったのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月12日 (水)

今日(7月12日)は何の日? 鈴木大拙(すずきだいせつ)の忌日 「日本的霊性ZENを世界に広めた居士」

今日(7月12日)は何の日?
鈴木大拙(すずきだいせつ)の忌日
「日本的霊性ZENを世界に広めた居士」

昭和41年(1966年)7月12日、満95歳、鈴木大拙居士が逝去した。日本の禅を世界に知らしめた大功労者である。

Daisetsu_teitar_suzuki_photographed

彼は出家者ではない。しかし、学生時代から鎌倉円覚寺の今北洪川や、その跡を継いだ釈宗演に参禅していた。今北洪川は在家仏教を称揚した禅僧であり、釈宗演は「禅」を「ZEN」として欧米に伝えた初めての僧侶であった
鈴木は本名を貞太郎という。釈宗演は今北洪川の師である京都の相国寺の大拙承演と同じ名を貞太郎に授けた。鈴木は、本名よりも居士号である鈴木大拙として有名になっていく。。今北洪川は元々は江戸時代末期に私塾を開いていた在家者であったが『禅門宝訓』を読んで出家への思いを立ち難くなり、妻子を捨てて出家した人物である。その彼は在家仏教を大切にし、強く影響を受け今北洪川の師匠の名を得た鈴木大拙が出家することなく在家居士として活躍することになったのは面白い。

8f801c9218cf275999f08d929061e414

鈴木は釈宗演に選ばれ渡米し、日本仏教の思想の中核をなす如来蔵の重要な典籍『大乗起信論』を英語訳して出版。『大乗仏教概論』など数多くの著述を英語でなし禅をアメリカに伝えた。帰国後は円覚寺に住み、学習院で英語を教えるようになる。釈宗演の下に出入りしていた神秘主義思想の神智学徒のベアトリス・レインと知己を得て結婚。彼女の力を得て日本仏教を英語に直し、大谷大学教授となり京都へ移住。英語で大谷大学より博士号を取得した。ベアトリスの影響で神秘学にも興味を示していた。だからこそ「霊性」という言葉を彼は多用したのかもしれない。「霊性」で臨済禅や浄土を理解しようとした稀有な存在でもあった。妻が先立ってからも積極的に海外に出かけZENを布教して回る。

Resize_image

彼が居なければ欧米にこれほどZENが有名になることはなかったであろう。また禅にともなう日本文化も彼を通して世界に広まったと言っても過言ではない。
日本仏教の居士として世界を駆け巡り日本仏教、特にZENを広めた功績は多大である。世界規模で見たら、二十世紀最大の仏教徒の一人に挙げられるのではないだろうか?

Photo

今日は鈴木大拙の本を読んで、日本的霊性を見つめてみようと思う。そして彼の師匠である今北洪川と釈宗演を見つめてみたい。ここに今の僧侶の進むべき道のヒントがあるように思えてならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧