2017年4月17日 (月)

今日は何の日? 平成29年(2017年)4月17日=旧暦3月21日は真言高祖弘法大師(空海)の入定日。 承和2年(835年4月22日)のこと。 

今日は何の日?

旧暦3月21日
真言高祖弘法大師(空海)の入定日。
承和2年3月21日(835年4月22日)のこと。
高野山では壇場伽藍御影堂に入ることができる。

今日は未明(四時頃)に、
自坊の大師堂で金剛界立ての大師法を修す予定

17951932_10210820514980645_55792075

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月17日 (金)

今日は何の日?3月17日「ダライ・ラマがチベットから脱出した日です」この出来事を内面化させたいと思います。

今日は何の日?3月17日。

1959年、チベットからダライ・ラマ14世が脱出したのが、この日です。どんなに正当性を訴えたところで、当時の中国共産党がしたことは侵略に他なりません。チベットという隔離された場所で、独自の仏教文化を営んできたチベットを占領し、それまで住んでいたところへ大量の別人種を送り込み、結果的には現在のチベットでは独立けできないような状況にしてしまっています。本当に悲しむべき出来事です。

この出来事から学ぶべきことはたくさんありますが、その中でも、自分の素朴な心が周りに溢れた物で侵略されていないかどうかを見つめるのも大切なことのように思います。チベットの人々の尊き犠牲を自分の内面にも生かしていたいと感じています。

今日は知多の岩屋寺さんのお手伝いに来ています。チベットのことも見つめながら、チベットの人々にとって、そして日本にとって良き道がこれから示されることを深く祈ろうと思います。
Img_1161


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月16日 (木)

今日は何の日? 3月16日「アドルフ・ヒトラーが再軍備宣言」あらゆる過去の事象は内なる自分を磨く道具となる

今日は何の日?

1935年、前年に総統(首相と大統領を兼務)となり、ドイツの独裁者となったアドルフ・ヒトラーが、ヴェルサイユ条約を破棄して再軍備を宣言した日。

個人的に私はヒトラーが好きではありません。独裁に対しては深く疑念を持っています。その上で、以下の文章を書きます。誤解がないことを祈ります。

ヒトラーは、平和憲法であるワイマール憲法下で誕生した独裁者です。なぜあれほど優秀なドイツ国民が、ヒトラーのような独裁者を産んでしまったのでしょうか?

やはりそれは第一次世界大戦終了とともに敗戦国であるドイツを追い込んでしまったヴェルサイユ条約に大きな問題があったように思います。莫大な賠償金を強要され、フランスやポーランドなどに領土を割譲し、ライン河以西は非武装化とし、国際軍備監視団の受け入れ、更に骨抜きにしてしまうほどの軍事制限。左に振れれば右に振れるのは当然の出来事で、ドイツ国民はハイパーインフレで疲弊しきっていました。そこへ国を強くするぞと宣言したカリスマ的な演説者が現れたのですから、これはなにもドイツ国民でなくとも同じ方向に向かったのではないかと思います。

たとえればいじめっ子や喧嘩に強い暴れん坊をみんなで叩きのめして、その強いやつからあらゆるものをむしり取っていったようなもの。

なぜドイツがナチスによる独裁の道を選んでしまったのか?

ナチスの暴挙は論外として、ドイツを追い込んでしまった側に問題はなかったのか?ここも深く反省しなければならない気がします。

ヒトラーが再軍備化をしたこの日だからこそ、国レヴェルの出来事を象徴化し、個人レヴェルのものへと考える必要があるように思います。

私達自身が、周りをかつてのドイツのように追い込んでいないのか?
私達自身が追い込まれて反撃しようとしていないのか?

もっと極端に言うと表に顕れている自分が、内に潜在化している自分を追い込んでいないか?

今朝は祈りの中で、こうしたことを観つめようと思っています。

「あらゆる過去の事象は内なる自分を磨く道具となる」

最近特に感じていることです。

写真は、銃弾が打ち込まれたベルリンのアパートメント。
そして第二次世界大戦で亡くなった人たちへの慰霊碑。
ドイツはこうしたものも象徴として大切にしています。

自動代替テキストはありません。
画像に含まれている可能性があるもの:植物、花、屋外

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月15日 (水)

今日は何の日? 3月15日「ゴルビーのソ連大統領就任」「ドイツが統一」

今日は何の日?

1990年のこの日に
ミハイル・ゴルバチョフが
ソビエト連邦初代大統領に就任した。

1991年のこの日に
ドイツ最終規定条約が発効し
ドイツが統一された。

ヨーロッパは大きなうねりの中にあった。

今、ヨーロッパは大きな変化の中にいる。
この時の変化と
今の変化とは質が異なるかもしれない。
ただ、未来を見つめて
変化していくことは悪いことではない。

国家が変化していくように
私たち人間もまた
一人ひとりが
変化せねばならないように思う。

過去や現在よりも未来が
より明るい人たちであるように。

過去や現在よりも未来が
より倫理的な人たちであるように。

過去や現在よりも未来が
より清らかであるように。

過去や現在よりも
寛容で温かな心根の人々であるように。

ひょっとすると人々の変化が
国を変えていっているのかもしれない。

この変化の時代に生きていることを
大きな気づきを得る
チャンスに恵まれていることを
大切にしたい。

画像に含まれている可能性があるもの:空、雲、屋外
自動代替テキストはありません。
自動代替テキストはありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月14日 (火)

今日は何の日? 3月14日「大阪万博こと日本万国博覧会開会の日」

今日は何の日?
昭和四十五(1975)年のこの日
3月14日
日本万国博覧会
通称 大阪万博が開かれた。

岡本太郎の太陽の塔等
この時の万博は
国の成長の勢いもあったからか
日本中がわきかえっていた。

月から持ち帰った石を見るだけなのに
相当の人がエネルギーを
使ったのではないだろうか?

まさに過ぎ去りし
良き時代なのかもしれない。

当時成人していた
現在の六十五歳以上の方々で
「この頃は良かった」と
ノスタルジックな想いで
語る方は少なくない。
しかし、トイレ一つ見ても
現在の方が明らかに住みやすく
物は豊富にある。

なぜ今のほうが住みにくいのか?

物が豊富にあると
そのものに振り回されやすいのが
人の心。
人の身体は物でできているために
当たり前のことなのだが
それを理解していない人が
絶対的な多数。

よくよく
物に振り回されないよう
気をつけていたいものだ。

貧困は問題ありきだが
物がありすぎると
心が失われがちであるのもまた事実。

社会が物の時代へと、
勢いよく突き進んだ大阪万博当時。
大きな分岐点であったようにも思う。

だからこそ今日は
物でできた身体だからこそ
物によって振り回されないように
心のあり方を振り返ってみたい。

個人的には普賢行願讃を
本堂で読んでみようと思う。

自動代替テキストはありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月13日 (月)

今日は何の日 3月13日「日本初の空襲のあった日」大阪で約4500人の方々が死亡行方不明

今日は何の日?
昭和20(1945)年
この日の夜から翌日にかけて
日本初の空襲である
第一回大阪大空襲。
港区市岡に
ナパームが使用され
それを目標に
クラスター焼夷弾。
第一回の死者行方不明は
4500人を超えた。

今夜は先の大戦で
犠牲となった方々の
追福菩提を本尊様に祈ろうと思う。

平和とは何なのか?

人間のサガとは何なのか?

追福菩提を祈ると共に
ゆっくりと見つめてみたい。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/大阪大空襲

より写真を拝借

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月12日 (日)

今日は何の日? 3月12日「旧暦2月15日 釈尊の涅槃入り」つまりお釈迦様の忌日です

今日は何の日?
実は旧暦の2月25日涅槃会
お釈迦様が亡くなった日でした。
さきほど本堂で
独り
「仏垂般涅槃略説教誡経」を読み
思惟させていただきました。


以下に優れた現代語表現がありますので

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 9日 (月)

神鏡を磨く 古い時計磨きから鎮守の神鏡に移り 自分自身のマーラと対峙する 観が重要

神鏡を磨く

例の緑の時計の
表面を磨いていて
突然と閃く

鎮守の鏡が全く磨いていない

確認しに行くと
案の定、緑青などで
全く何も映らない状態

そこで
水ヤスリや
コンパウンドなどを用いて
磨くことにした

なかなか綺麗にならない

一度は映りが良くなりかけた
ところがすぐに曇ってしまう

妙に綺麗にしようという
欲望が勝ってしまい
神仏への奉仕と
自らの心の磨きが
消えると
すぐに曇ってしまうことが分かる

なん度も繰り返しながら
いつの間にか
般若心経の真言を唱え
自分の心の中のマーラと対峙すると
次第に心が浄化されたのか
神鏡も物を映せるレベルに
なっていった

明後日には仕上げ用の道具が揃うので
この数日中に磨き上げようと思う。

今夜は途中ではあるが
これくらいにして
鎮守の神前に戻そう!

少なくとも今年からは
月に一回、月例不動護摩の
前日である27日には
鎮守様の鏡を磨くことを
決意させていただいた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 8日 (日)

学生時代の時計が見つかり 初発心のきっかけを思い出す バンコク そして 高野山 を共に過ごす 

「初発心のきっかけ」

自動代替テキストはありません。

なぜか父の遺品の中から出てきた。

高校生になって初めて購入した時計。

この時計を初めてつけて三ヶ月後

妹と伯母夫婦とバンコクに飛んだ。

父が四年間の赴任をしていたからだ。

 

そこで義伯父と共にバンコクのスラムを歩いた。

私は綿パンとボロボロのTシャツと

腕時計とサングラスを掛けて

小さな財布のみ持って行った。

 

酷い有様だった。

 

細い木の柱にトタン屋根。

簀子の上にタンスがあり

壁もない家がいくつもあった。

 

トイレは他所でする。

水路は汚れ塵芥が散乱している。

土埃と生物の匂い。

 

スコールが来ると

皆は目の前にある寺院に駆け込むという。

 

スラムは寺院とともにあった。

子どもたちの目は輝いていたが

大人たちの目は

生きている目とは言いがたかった。

 

複雑な気持ちになった。

 

帰宅後に仕事から戻った父に叱られた。

危ない場所だったからである。

時計も当時のバンコクでは珍しいもので

狙われる恐れがあった。

だから私にとって

この緑の腕時計はバンコクの思い出と

深くつながっている。

 

僧侶のいないエメラルド寺院にも行った。

最も印象に残った仏像である。

その緑色は印象深く

腕時計の緑と相応して

この腕時計と共に篤い思い出となった。

 

この時から私の心の中で何かが光った。

完全に理系であった私の中に

全く異質なものが輝き始めた。

 

今、思えばそれが「初発心」の

きっかけになったのは間違いない。

 

あのとき父の元に行かなかったら

あのときスラムに行かなかったら

今の私はない。

 

高野山へとつながる道を共に歩んだ時計。

すっかり忘れ去っていたが

高野山に登ったときも

高野山に定住したときも

この時計を着けていた。

 

高野山の六年の間も一緒であった。

 

高野山を下りた時

より薄い時計を手に入れた。

CHITIZENJUNCTION

今は引き出しで眠っている。

 

このときから緑の時計を使っていないことを思い出した。

時は平成二年四月である。

 

二十七年の歳月が流れた今

父が逝去し再び私の前に現れた緑の時計。

年頭に初心を思い出す必要が

あったのかもしれない。

 

父にも深く感謝したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 3日 (火)

「今年は何をするのかを 見極めるには?」元日に遺書を書く

「今年は何をするのかを
見極めるには?」

かつて高野山では
お正月に住職たちは遺書を書いたという

私も高野山真言宗所属の密教僧として
今、遺書を書いている

今年のこれからの自分を
見つめることに
とても役立つ

生も死も
思うようにならないからこそ
見つめる機会もまた必要

何をせねばならないのかを
何を言い残すのかを
見極めることもできる

昨年と、実父が逝去したために
新年のお祝いは遠慮せねばならない故に
そうした身だからこそ
遺書のことを記させていただいた

何かを感じていただけたら
幸いである

自動代替テキストはありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧