2017年4月30日 (日)

今日は何の日? 4月40日 ヒトラーが自殺した日 「暴走を止める善師と善友が大切」

今日は何の日?

テーマ「暴走を止める善師と善友が大切」

1945年4月30日のこの日、ドイツ(第三帝国)首都・ベルリンでアドルフ・ヒトラーが逝去した。

遺書をタイピングし、唯一無二の恋人エヴァ・ブラウンと結婚式を挙る。愛犬ブロンディを毒殺。妻エヴァ・ブラウンと共に総統地下壕の自室に入る。エヴァ・ブラウンは服毒自殺、アドルフ・ヒトラー自身は拳銃自殺であった。

ヒトラーは対局を見失い確かに間違った。マルかバツでいえば、明らかにバツである。しかし、全てを否定するのは尚早に思える。

・第一次世界大戦で疲弊した国を再建し、米国に次ぐ世界第二の経済国にした。
・アウトバーンや鉄道などの整備
・公共事業による失業者の減少
・国民の健康のために有機野菜を推奨し国民の健康を大切にした。
・大気汚染しないように環境問題を注意した。

彼が行なった政策がドイツ国民を熱狂させるほど善きものがあったのも否めない。

ただ、暴君によくあるパターンに彼も陥ってしまった。暴走してしまった。良き政策を初期に行っていたにもかかわらず、暴君に変貌するものは少なからずいる。

・秦の始皇帝。中華を統一した英雄であった人物。
・暴君の代名詞であるローマ第五代皇帝ネロ。彼は皇帝就任してしばらくは名君の譽れが高かった。
・室町幕府第六代将軍足利義教。僧侶であったが還俗し父の三代将軍義満に習う善政を将軍就任当初は敷いていた。
・オルレアン包囲戦でジャンヌ・ダルクに協力して英雄とまで呼ばれたジル・ド・レ
・貧民救済をし多くの書籍を編纂した李氏朝鮮の第10代国王燕山君
・信仰心が篤かったイヴァン雷帝

繰り返すと、私はヒトラーは好きではない。ヒトラーは暴走してしまった。やはり駄目な典型だと思う。どんなに良きことから始めても暴走してしまっては意味はない。彼には善師と善友がいなかった。

ヒトラーの死について見つめ、改めて善師と善友に感謝したいと強く思う。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、テキスト
画像に含まれている可能性があるもの:1人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月11日 (月)

徳川美術館 ひな人形展 お内裏様とお雛様の位置、気づかれましたか?これほ江戸時代の雛人形の飾り方ですので、本来の位置です。

お内裏様とお雛様の位置、気づかれましたか?これほ江戸時代の雛人形の飾り方ですので、本来の位置です。

12998564_10207727976069105_80325238

10日の日曜日に徳川美術館に行ってきました。9日が旧暦の雛祭りでしたので、この日まで開催されたようです。本来の祭わら考えたのはさすがです!

中は写せなかったのですが、すっごーいとしかいいようごない雛人形の数々。段飾りも、京雛では本来は三段だとか。7段飾りは江戸で流行ったものだそうです。しかし、江戸中期までは、一対で一段です。

高家寺は頑なに季節の行事を旧暦で行っています。まだまだ未完成なところもありますが、この雛人形展を観て、改めて本来の季節の行事を続けていこうと感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月27日 (日)

茄子料理から教えられる

昼と夜、共に外食。法事のお斎と、旧町名の会。共にお茄子が出ました。秋茄子。嫁に食わすなというほど絶品だけれども身体を冷やすとも言われます。季節感あふれる食材ですが、料理の仕方で味は異なるもの。当たり前のことですが、食の生かし方も色々あるもの。守ること一つに決めるばかりが大切なのではありませんね。

一つのものでも色々な展開があり得る

いろいろなものでも実は一つのものの展開でもある

旧町名の会で講師の木村さんが示してくださった 「一体全体 」と茄子料理が妙に一致し 、この言葉が、一即多 多即一 または一門普門 普門一門 などなど密教のキーワードと同じなんだと知れて、とても嬉しく感じました\(^o^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月25日 (月)

旧暦花祭 個性を見極められた釈尊

今日は旧暦の4月8日。
本来の花祭り。
戦後、あらゆる行事が新暦で行われるようになり、
本来の季節感が全く薄れてしまっています。
そのために高家寺では、
行事の多くは旧暦でおこなっています。

花祭り、つまりお釈迦様の生誕日祝いもそのうちの一つです。
対機説法をされた釈尊。
それは一人一人の個性を見極められたため。
天上天下唯我独尊もその視点で見つめると、
仏教の優れた面を強調する表上の解釈と、
誰もがこの世で他に代わるものがない貴重な個性を持っていて、
自分自身が個性輝く存在という別の解釈もあることを説明しました。

文献学には問題があるかもしれませんが、
身に修める学問としては大切な考え方。
釈尊の生涯にこそ、
気づくべきいろいろな秘密があるように私は感じます。
釈尊がおられたから仏教がこの世にあるのは事実。
それを愛で、感謝したいと思います。
11225303_10205504167915291_28395786

11351183_10205504168635309_16701629
11351400_10205504168235299_26749068

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 9日 (土)

高野山徳川家霊台

五月八日九日に、高野山団体参拝。
その際に、私たち夫婦が泊まった部屋は
徳川家霊台の真ん前でした。
11009170_10205418035362031_49232897
思えば、この南院で修行中は
この徳川家霊台の向かって右下の部屋に居て、
毎日拝んでいました。

そのときは、
まさか徳川家を研究するとは
思ってもいませんでしたが(^^)
徳川家霊台に行くと、
ちょうど御霊屋が開扉されていました。

秀忠公のお位牌はじめ幾つかのお位牌が
秀忠公廟に置かれており、
阿字が各お位牌に記されていました。
鳥居はありません。
11265248_10205418035202027_79451008
鳥居のある御霊屋は
家康公こと東照大権現の御霊屋。
中のお位牌には
バイという薬師如来の種子が記されていました。
東照大権現は薬師如来が神として顕現されたもの。
国家鎮護の薬師と東方が意味に重ねられています。
家光公のお位牌もこちらに祀られていました。
11238974_10205418032841968_72038925
権現とは、
如来や菩薩が衆生済度のために
仮に神の姿で現れたもの。
大明神という単なる神ではなく、
慈悲に満ちた権現とした
天海僧正の卓見には驚かされます。
そういえば徳川家にはもう一人権現さまがいます。
山王権現とされていますが、
別名は孚式権現。
孚式とは尾張7代藩主徳川宗春卿のこと。
徹底的に庶民に対する慈悲に満ちていた人物。
死後、五十年を越えて、
普通の精霊から、権現となりました。
そして私は彼の研究者です。
いろいろなことに想いをめぐらして、
私は徳川家霊台で祈りを捧げたのはいうまでもありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月30日 (木)

アウディ 水と二酸化炭素から合成燃料を生産

水と二酸化炭素からエネルギー!
単純に考えれば
炭素が二酸化炭素には含まれているので、
燃料ができる可能性があったが、
これを実現したところにビックリ。

この合成燃料の精製エネルギーにも
風力や太陽エネルギーを使っているとのことで、
とても面白い試み。

今はまだ未完成な技術かも知れないが、
将来に向けてなかなか面白い試みだと思う。
ある意味、
水素の生成に電気などを使う
燃料電池よりも優れているかも。

今後に注目・・・・それにしてもアウディ・・・・
つまりVWグループ。
その不可能を可能にする姿勢は見習うべき所多々あり!

http://www.cnn.co.jp/business/35063897.html?fb_action_ids=10205341116919118&fb_action_types=og.recommends

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月13日 (金)

名古屋の栄文化センター 季節の行事 二回目の講義

名古屋の栄文化センターでの連続講義第2回目。
春彼岸と、雛祭り、端午の節供のお話をしました。
誰もが知っていながら、誰もがその本体を知らない行事。
目を白黒させていた方もおられました。

春の彼岸は、お墓まいりと漉餡の牡丹餅を。
雛祭りは、本来は冬の穢れを流す行事。
髪の毛を洗うと良いですよと。

端午は女性の日。
また梅雨の前に梅雨を無事に越せるように菖蒲で清める日と。
蓬を使った料理があればなお良いと。

自分でいうのはなんですが良い講義ができたと思います(^^
今回も講義の最後に拍手をいただきました。

感謝!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月21日 (水)

今日は初弘法です

今、本堂から出てきました。
昨夜は月例のご近所さんが集まっての勉強会と食事会。内容はいつもの『密教』(岩波新書)から外れ、季節の行事にしました。節分の時期が近づいておるので、節分の意味を説明しました。
食事会が終わったのが23時。それからすぐに寝たのですが、一時間おきに目が覚めてしまう状態。
私の尊敬するカール・ヒルティは、「眠られぬ夜も神からの賜物」と言っておられたのを思い出し、如来からの賜物と感じて、3時過ぎに起きて沐浴し本堂に入りました。
不思議とまったく眠くなく、むしろいつもよりもちょうしが良いのには驚きました。
修法と読経が終わって温度計を見ると0度。とはいうものの今日は背中に石油ストーブを焚いたので少しはましでしたが(^^;;
嬉しいことに、かみさんも起きていて、お風呂を入れてくれていました。
今から湯船に入ります。その後、今日の月例弘法大師報恩日の準備をして、仮眠を取ろうと思っています。
今日も一日、楽しんで進みたいですね。

初弘法です。縁のある真言宗のお寺に訪れられることをお勧めします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月14日 (月)

遊歩和尚のつぶやき「最近のドイツのありかたを見て、役割を果たすことの大切さを学ぶ。」

サッカーのワールドカップでドイツが勝利しました。アルゼンチンもよく戦いましたが、個性を活かしたポジションで組織的に動くドイツに、メッシを始めとする個人技は光り輝くことはできなかったようです。今年のドイツの動きを見ていると、お一人お一人の諸尊が活かされている曼荼羅を思い出させてくれました。


さて、このドイツに関してのニュースが最近ありました。

http://www.epochtimes.jp/jp/2014/07/html/d95613.html

「大紀元」という在米の中国人によるニュースです。この「大紀元」は、現在の共産党に対して批判的で、法輪功を養護する立場です。

ニュースのタイトルは「メルケル首相清華大学で講演、人権を提唱 中国メディアは無視、歴史問題で日本批判の狙いも」。中国政府は、戦後のドイツを褒め称えることによって、日本バッシングの言質をメルケル独首相から得るつもりだったようです。ところが、そのような中国の真意を理解していたのか、メルケル首相は学生たちに人権の大切さを訴え、日本に関しては一切批判をされなかったとのこと。安易に擦り寄るのではなく、しっかりとドイツの立場と、首相としての自分の考えを伝えられたようです。

ドイツのニュースをもう一つ。

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140704/biz14070412320006-n1.htm

産経新聞のWEBニュースで「輸入車の上半期販売は8%増 ドイツ勢がリード」という記事が出ていました。しかも、つい先日発表になった、メルセデス・ベンツのCタイプは、他のCセグメントと比較してもびっくりするような低価格と性能。今年前半までは、アウディのA3やフォルクスワーゲンのゴルフ、BMW3シリーズなど、日本でもドイツ車はかなりの人気を誇っていましたが、メルセデスもABクラスばかりでなくとても元気よく飛び出してきました。それに対して、日本のトヨタも日産もホンダも、なにか一つ筋が通っていないような気がします。自動車そのものの魅力がかつてに比べると半減しているような気がしてなりません。

EU
の他の国を背負い、いろいろな課題を抱えているドイツですが、やはり世界に誇れるすばらしいものがここに来て大いに目立つようになってきました。それはドイツ人の生真面目な気質が全面に出たもの。もっというと、世界の中でドイツ人に与えられた役割をきっちりとこなしている、そのように感じます。融通が利かない面も多々ありますが、職人気質ですから、それはまた愛嬌。、

日本が世界に誇れるものは山ほどあります。世界基準という食うか食われるかの競争世界ではなく、世界の中で日本に与えられている役割、日本にしかできないこと、日本でないと世界に伝えることができないことを、改めて見なおす必要があると感じさせられます。自らの特色をしっかりと見つめなおしたいものです。日本には、世界に誇れる魅力がいっぱいあるのですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月13日 (日)

遊歩和尚のつぶやき「ゆるーい一日 人らしい生き方って・・・嘉祥頂戴青葉厄神祭・夏越祭:スーパームーン」

昨日のスーパームーン、ご覧になられたでしょうか?私は午前中の法要から、いわゆる「ゆる~い時間」を過ごせたおかげで、スーパームーンが実に美しく感じました。

Image201400712a昨日は、旧暦の六月十六日。牛頭天王のお祭り日であり、嘉祥頂戴の日であり、弘法大師のお誕生日の青葉祭の翌日、そして満月。高家寺では夏越祭りとして、昨年から法要を始めました。

私個人は、朝に和菓子屋三件を周り16種類の和菓子を受け取りに行き、戻ってからすぐに一つ一つに金剛界十六大菩薩の名前をつけ、配置をしました。和菓子屋さんに持ってきてもらえば手間が省けるのですが、複数の和菓子屋さんですし、時間に間に合わないと、気の短い私はイライラしてしまいますし、またお店に伺えば対話ができるので、今年も自分で出向きました。
20140712f 十六大菩薩とは金剛薩埵・金剛王・金剛愛・金剛喜・金剛宝・金剛光・金剛幢・金剛笑・金剛法・金剛利・金剛因・金剛語・金剛業・金剛護・金剛牙・金剛拳。この菩薩が生じてくる、それが十六生と弘法大師は述べています。
法要の後にお一人お一人に説明書をお渡しし、その和菓子を食べることで自分自身がその受け取った菩薩自身であってほしいという願いを込めました。毎月、21日の弘法大師報恩日にも諸尊の籤引きをしているのですが、不思議なくらいこの籤引きは必要な人に渡っていきます。まさに引き寄せ、アトラクション(魅了)のように。今日は思わず、「大師堂に祀られる仏様や大師のエネルギー全体が託宣してくれるのかもしれないなぁ」と呟いてしまいました(^^;

20140712e 菓子の準備をし、参加者の方々が集まると、本堂の外陣真ん中に机を置いて、皆で茅を編んで輪を作りました。その際中の会話が実に緩いもので、時の流れがゆったりとゆったりと流れて行きました。必死になって作るものよりも、良いエネルギーは込められたように思います。お一人数本作られたかたもいらっしゃいます。一時間後、その茅の輪を牛頭天王が祀られている向かって右側の護摩堂にお祀り。

そして本堂真ん中で、観音様に厄除けの祈り。読経次第は簡単なものでしたが、金剛界五仏や十六大菩薩の真言も唱え、いつもよりも真言の多い、咒立ての儀式でした。私は聖観音法を。

法要の後は、茅の輪を持っていただき、籤引きをし、それに合わせて和菓子を授与し、法話。内容は、季節に合わせた生き方を実感していただくことをお伝えしました。和菓子ひとつにしても、季節感があります。月の姿、山野や空の色、風の香りや肌触り、身の回りにあるものから季節感を実覚していただくことも、今回の法要の大きな目的です。ありがたいことに法話の後の和菓子をいただく段階で、参加者の方々がゆったりとゆる~く流れる時を楽しんでいただけたようです。

「人らしい生き方とは、こうしたものですよね。」
ある信者さんのお言葉です。このお言葉をいただけ、新たに生まれた法要をしてよかったなぁと実感です。
ゆる~い生き方、時には季節感を取り戻すのに大切なこととも実感です。
それにしても、スーパームーンの美しさには魅了されました。
20140712g

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧