2017年1月 8日 (日)

学生時代の時計が見つかり 初発心のきっかけを思い出す バンコク そして 高野山 を共に過ごす 

「初発心のきっかけ」

自動代替テキストはありません。

なぜか父の遺品の中から出てきた。

高校生になって初めて購入した時計。

この時計を初めてつけて三ヶ月後

妹と伯母夫婦とバンコクに飛んだ。

父が四年間の赴任をしていたからだ。

 

そこで義伯父と共にバンコクのスラムを歩いた。

私は綿パンとボロボロのTシャツと

腕時計とサングラスを掛けて

小さな財布のみ持って行った。

 

酷い有様だった。

 

細い木の柱にトタン屋根。

簀子の上にタンスがあり

壁もない家がいくつもあった。

 

トイレは他所でする。

水路は汚れ塵芥が散乱している。

土埃と生物の匂い。

 

スコールが来ると

皆は目の前にある寺院に駆け込むという。

 

スラムは寺院とともにあった。

子どもたちの目は輝いていたが

大人たちの目は

生きている目とは言いがたかった。

 

複雑な気持ちになった。

 

帰宅後に仕事から戻った父に叱られた。

危ない場所だったからである。

時計も当時のバンコクでは珍しいもので

狙われる恐れがあった。

だから私にとって

この緑の腕時計はバンコクの思い出と

深くつながっている。

 

僧侶のいないエメラルド寺院にも行った。

最も印象に残った仏像である。

その緑色は印象深く

腕時計の緑と相応して

この腕時計と共に篤い思い出となった。

 

この時から私の心の中で何かが光った。

完全に理系であった私の中に

全く異質なものが輝き始めた。

 

今、思えばそれが「初発心」の

きっかけになったのは間違いない。

 

あのとき父の元に行かなかったら

あのときスラムに行かなかったら

今の私はない。

 

高野山へとつながる道を共に歩んだ時計。

すっかり忘れ去っていたが

高野山に登ったときも

高野山に定住したときも

この時計を着けていた。

 

高野山の六年の間も一緒であった。

 

高野山を下りた時

より薄い時計を手に入れた。

CHITIZENJUNCTION

今は引き出しで眠っている。

 

このときから緑の時計を使っていないことを思い出した。

時は平成二年四月である。

 

二十七年の歳月が流れた今

父が逝去し再び私の前に現れた緑の時計。

年頭に初心を思い出す必要が

あったのかもしれない。

 

父にも深く感謝したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 3日 (火)

「今年は何をするのかを 見極めるには?」元日に遺書を書く

「今年は何をするのかを
見極めるには?」

かつて高野山では
お正月に住職たちは遺書を書いたという

私も高野山真言宗所属の密教僧として
今、遺書を書いている

今年のこれからの自分を
見つめることに
とても役立つ

生も死も
思うようにならないからこそ
見つめる機会もまた必要

何をせねばならないのかを
何を言い残すのかを
見極めることもできる

昨年と、実父が逝去したために
新年のお祝いは遠慮せねばならない故に
そうした身だからこそ
遺書のことを記させていただいた

何かを感じていただけたら
幸いである

自動代替テキストはありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月14日 (月)

遊歩和尚のつぶやき「何をやっても中途半端。でも中途半端も極めれば・・・。真言末徒で良かった」

遊歩和尚のつぶやき「何をやっても中途半端。でも中途半端も極めれば・・・。真言末徒で良かった」

昔から何をやるにしても、それなりの上の下か、中の上。できないわけでもなく、さりとで優秀でもない。何をやるにしても中途半端といえば中途半端。しかし、それも五十年続けると、今では持ち味になりました。(^^

小学三年生の時、担任の先生ととても仲が良し。周りの生徒から贔屓を超えて認識され、別格扱いを受けていました。変わり者の私のことをよく見ていてくださった先生。その先生から、何度か言われたのが「北川くんは誰もが気づかないことに気づいて物事を始めるけど、誰かにそれを知らせて、誰かがそれを進めると、次のところに移ってしまうよね。これから大人は、最後までやりなさいって言うかもしれないけど、今の自分を大切にしなさい。それがあなたの最大の持ち味なんだから」と。三年生ですから、深いところでわかっていたかどうかは疑問ですが、今思えばその先生の言葉がずっと私を支えてくれました。

ところが、その先生と結婚された五年の担任(浄土真宗のお坊さん?)からは「お前はいつも最後までしないなぁ。そんなことをしてると、いつも成果を誰かに取られるぞ。最後までしあげるくせをつけなあかんぞ」と何度も。これもまた真でした。ただ誰かが成果を持って行くことが何が悪いのか、今もって私には分かりません。

中学二年生の時の担任も、またよく私を見ていてくださった数学の先生でした。「誰よりも最初に気づいて始め、誰かにそれを譲ってしまう。損することが多い人生かもしれないけど、気にするな。それがお前の良さだ。天は必ずお前を見ている」と。

母方の祖父兄弟姉妹の影響だと思うのですが、「世間で言われている通説を素直に信じるな」と子供の頃から叩きこまれてきました。そのおかげで、特別に優秀でもないにもかかわらず、変わったことに気づく癖が出来上がりました。

そしてなによりも、師匠が通説を疑う「ちょっと待て」ということを学生時代に叩き込んでくださいました。

ありがたいことに才能あふれる多くの方々のおかげで、僧侶として大切な視点を、より広く持てるようになりました。今も、優秀な学者の方々からお教えいただくことが少なくありません。

自分は決して優秀な人物ではありません。だからこそ、何かに飛び抜けた才能がなかったからこそ、こうして今があるのだと最近強く感じます。そして、気づく(
budh)ということが人一倍多いのは仏教者としてありがたいこと。Buddhaとはbudh目覚め・気付きの派生語。仏教は気づきの教えという意味もあるからです。


中途半端もまた持ち味、欠点も視点を変えれば欠点ではなくその人の個性。曼荼羅の教えを実感できるのも、こうした欠陥に満ちた人物だから。これも如来の慈悲なのだと感じます。

また、如来も一人ではなく、あらゆることにいろいろな道や役割のあることを伝える真言宗の教え。出会えたこと、そのものに本当に感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 5日 (火)

玄米和尚

弟子になろうとしている二人の若者たちの戒名を考えていた。二人には宥眞・宥蓮という好い名が最終的には決まった。ただその過程でいろいろな名前が出てきて、そこで思わぬことが起きた。

玄米

この名前を今後私が通称で用いることになった。ちょうど、今、玄米菜食の活動をしている。まさにこの玄米は今の私を伝えるのに最高の名前だと感じる。

遊歩も別名で用いるが、今後は玄米和尚として名乗る予定である。

今日からタイトルにも玄米和尚と入れなおした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 4日 (木)

二十二年前の昨日、修行の一歩

昭和五十九年五月三日昼前、高野山の麓にある慈尊院というお寺の門の前に立った。この日は天気もよく、大学も休みで、意を決して高野山を歩いて上ることにした。早朝に電車で下山。駅より慈尊院まで歩く。空は清々しい天気だった。慈尊院のご本尊弥勒如来(弘法大師のご母堂の写しといわれる)にお祈りを捧げ、階段を上り、いざ出発。緑に包まれる山々は美しかった。途中には自動販売機はない。のどが渇いてきた。そこにあったのは、紀伊の国らしく蜜柑があった。夏みかんだったのかどうかは忘れてしまったが、小銭を入れて二回ほど食した。汗をかき途中で諦めたくもなったが、引き返すわけにも行かず、ただひたすらに歩いた。いろいろな思いが脳裏をよぎった。。どんなことだったかは覚えていないが、いろいろなことが脳裏を横切ったことだけは覚えている。町石を一つ一つ見つめながら、仏があちこちにいることを確認した。途中でトイレに行きたくなった。しかしトイレがない。里に下りる小道があった。そこで思い切って里に下りていった。ところがお店もトイレも何もない。愕然とした。しばらく歩くと、そこに神社があった。神社で用を足し、手を丹念に洗ってからその神社にお礼をと思い、拝殿に向かった。田舎にしては立派過ぎる建物だった。太鼓橋もある。「ここは?」。神社にあるパンフレットを呼んで愕然とした。この神社こそ天野大社。高野山一山の総鎮守。嬉しくて涙がこぼれてきた。拝殿でゆっくりとお祈りをした。感謝の念をこめて。とても気持ちの良い空間だった。あのときの興奮は、今も時折夢を見るほどだ。天野に挨拶をして後は、再び町石道を登った。途中、有料道路(現在は国道)になっていたり、道が分かりにくくなっていたりしたが、とにかく山上を目指して上っていった。足の裏が痛くなっていた。足の裏の皮が少し破れていることに気づきながらも、ただただ歩み続けた。山上を目指した。山々の美しさをめでる余裕がないほどに身体は疲れていた。そして大門に。ここまでに4時間半かかった。さらに壇上伽藍をお参りし、御影堂と根本大塔でゆっくりとお祈りを捧げ、奥の院に向かった。奥の院に着いたときはすでに五時間を越えていた。ここでもなぜか涙が出た。

これが私の高野山での修行の第一歩だった。二十二年前の昨日、まだ色白の眼だけはぎらぎら輝かせていた青年は、今は各務原の田舎寺で住職をしている。あのときの思い、まだ消えたわけではない。天野に導いていただけたこと、今でも心より嬉しく思う。加行が終わり、天野にお札を納めに行ったとき、あの最初に立ち寄った新鮮な気持ちがより強いものに変わっていた。そしてこれを書かせていただいている今日もあのころの強き思いの炎が再び起き始めている。眼に見えない力強き担い手により、小さくなっていた炎に息を吹き込まれたような気がする。神々の導きに今も感謝している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月31日 (土)

私的な経歴・・・

 父の実家は、代々岐阜の太郎丸という田舎で諏訪神社の分社を守る家でした。藤吉という姓ですが、近所はほとんどが藤吉姓。そしてその総本家だそうです。当代(37代目:従兄)になり、それは町内に移管されてしまいました。祖父の代までは村内で葬儀があると当主は蔵に籠って祈りを捧げたそうです。子どものころ、父に連れられ、お正月前には神社掃除に伯父の手伝いによく行ったものです。ちなみに父は五男坊でした。
 その父は、子どもの居ない北川家に養子に入りました。北川の祖父は琵琶湖畔の滋賀県長浜市大乾村の出身で、その鎮守の忍海神社(おしみじんじゃ)に深く帰依していたようです。この忍海神社の裏にある田村山は一簣山(ひともっこやま)と呼ばれています。神様が琵琶湖を掘った際に、零れ落ちた土でできた標高138mの小さな山(丘)です。またの名を諸神の岡。実はこの神社とは不思議な縁があります。これは、また何かの機会にお話したいと思います。

 母の実家は愛知県一宮市の尾張一宮真清田神社(祭神は天火明命と国常立神)の禰宜さんたちが元々住んでいた祢宜町という町で室町時代以前から住み続けているそうです。どういう家だったのかは大恐慌や戦争などで記録が分散消失しているので分かりませんが、伝によると神社のお札を美濃方面に配る役目をしていたそうです。亡き祖父はこよなく一宮を愛しており、桃花祭・七夕祭などに活動し、神を心より敬っておりました。自分の子どもたちのことよりも、九州から出稼ぎに来た女工さんたちのために、北海道で絶滅しかけた丹頂鶴のために、真清田神社を守るために、とにかくお金には代えられない生き様をしてきました。その祖父に大きな影響を与えたのが、その母(私の曾祖母)です。江南市の大池家という名門に生まれ、犬山の成瀬家のお姫様と仲が良かったそうです。その曾祖母はまさに智慧ある人で、いろいろな教えを子どもたちに伝えたそうです。わが母は、亡き曾祖母のことを「おばあさま」と今も呼んでいます。私はその祖父の初孫(母は長子)として、祖父の手元でよくかわいがられ、その背中を見て育ってきました。その祖父の家には、様々な人が集まって、毎晩賑わっていました。そこに訪れてくる方の中で、幼き子どもながら私が最も敬愛したのが、岐阜県養老の大悲閣の元興和尚(臨済宗妙心寺派)です。今思えば、この和尚が居たからこそ私は出家できたような気がします。grandpa000

そして何よりも、祖父は祖母のことを愛していました。私の結婚式や、お寺の節分の際に、祖母の遺影を胸に抱いて参加してくれたのです。あの時代の人で、このようなことを恥ずかしげもなく行っていた祖父には敬服します。この祖母は九州宮崎の名門の横山家の出身でしたが、とても弘法大師信仰の厚い人でした。 祖母とのお寺や神社巡りは、会社を辞めた後の私の日課でした。

 

私には妹が一人居ます。彼女は決して宗教心が厚いほうではないのですが、京都の華頂短大(知恩院境内)を卒業し、岐阜のお千代保稲荷分家で名古屋に分社を祭る家の次男(今は東京でカメラマン)に嫁いでいます。不思議と宗教の縁は深いようです。

 そして、私は真清田神社の裏で、嵐の夜、落雷と共に3800gという大きな児で、仮死状態で生まれたそうです。その後、病弱ながらも平々凡々と育てられましたが、真清田神社は私の遊び場でした。今思えば神に抱かれ遊んでいたようです。三歳の時にバイクにはねられ頭を強く打ちました。またこの年、祖母と祖母の実家の九州に出かけたのですが、阿蘇山に頭から落ちかけ、寸前に祖母が足首を捕まえて無事だったそうです。祖父母、両親の愛情に育まれながらも小学校二年生で交通事故。このときに手術台に眠る自分を見るという対外離脱を経験しました。ところが、その後、アレルギー反応が激しくなり喘息の発作持ちになります。自分の体が自分の体ではない感覚を持ち続けるのです。中学高校はハンドボールののゴールキーパーをしていましたが、中学二年の際の原因不明の発熱や、高校二年には交通事故の後遺に苦しむなど病を何度も得ました。また高校一年次に父が長期出張に行っていたタイ国バンコクに出かけ、そこで仏教国を知り、さらに極貧の生活も目の当たりにしました。このタイを訪れたことは私の人生の転機の始まりだったように思います。それまでは完全な理科系だったのですが、このタイ訪問より思うところが募り、高校卒業後二年ほど遊んだ後に大学は高野山大学に進学。僧侶になるつもりはなかったのですが、その年の夏から師匠探しを始めました。一学期に読んだ、栂尾祥雲先生と、そして何よりも金山穆紹先生の書籍に触れ、僧侶になろうと決心したのです。しかしまったくそれまで縁のない高野山。師になる人が居なかったので師匠探しを始めたのです。縁を得ました。かけがえのない師匠にめぐり合い、得度。その際に、母方の祖母から明かされたのが「お前が生まれるときに、サトエ(母)に弘法さんの千枚通しを飲ませた。するとお前は右手に持って生まれてきた。こうなるとは・・・」でした。高野山では、師匠の縁で師匠の師匠のお寺のご本尊の浪切不動尊の前で一人で行をさせていただくなど良き縁に恵まれました。大学院修了後は人前で話すことが苦手だったため、それを克服すべく大学院卒業後4年ほど西宮市宝塚市の学習塾に勤務。ここで人に教えるという教育に目覚めました。しかし、体調を崩し、考えるところがあり、退社。半年の間、母方の祖母と神社仏閣めぐりをし、その祖母がなくなるとほぼ同時に、岐阜市近郊のお寺でお手伝いをニ年間ほど。その間に阪神大震災。元々住んでいた地域でもありボランティアに何度も出かけ、そこで環境問題というものを知ります。そして縁があり今のお寺に入りました(http://www.kokeji.com)。お寺に入ってから様々な経験をさせていただきました。前住職の関連で裁判を経験しましたし、虐めにもあいました。検察審査会会長もしましたし、ドイツへ環境視察など、めったにできない経験もしました。かけがえのない友人たちにも恵まれました。今思えば、どんなつらいことも今の私には必要なことばかりで、こころより有難うと思っています。

20060121-001 そして何よりも、 お寺に入って間もなく、環境問題に取り組むグループに参加し、一人の女性と知り合います。それが今のカミさんです。一度はふられたのですが、東海集中豪雨が縁となって再会。そして一年後、結婚しました。その後いろいろあり、カミさんは横浜のある代議士の公設秘書として三年間国会の議員会館で勤めました。そして、今はお寺で私のマネージャーをしてくれています。彼女はいろいろな意味で私が最も尊敬する女性です。今の私は彼女なしは考えられません。彼女より学び、彼女と共に生きています。
  

今のお寺に入って10年あまり、今もいろいろ体験させていただきながらも毎日を歩んでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)