2022年5月11日 (水)

保守政治編「ウクライナとロシアの戦い 斜め読み 情報戦の違い」

政治編「ウクライナとロシアの戦い 斜め読み 情報戦の違い」

ウクライナの戦乱、痛ましいものがあります。無辜の民が虐げられていることに哀悼の意をまずは捧げたいと思います。

さて、ウクライナとロシアの歴史・地政学・民族・言語などさまざまな側面があり一概に語ることはできません。個人的には正教オーソドックスのあり方とか、ウクライナの一部がポーランドなどの貴族領であったことと、モンゴル=タタールの軛(くびき)つまりモンゴル人により約250年の間ロシアもウクライナも占領されていたことに注目しています。タタールのくびきにより、文化よりもチカラによる威勢が大きく大きく影響しているのではないかと感じています。複雑な要素があり、白黒は無いように思えてなりません。

ただし今日はそれらについてではなく、情報戦のあり方に少し注目してみました。

ウクライナのゼレンスキー大統領、ロシアのプーチン大統領、どちらもチカラの信望者であるようです。

ただ情報戦において二人は大きく異なっています。あくまでも個人的な意見ですが、プーチンはプロパガンダ中心、ゼレンスキーはアジテーション中心、そのように感じています。

アジテーションは揺れを意味する言葉で、感情に訴え、多くの人たちを意図する行動にかりたてること、一言でいうと扇動です。ゼレンスキー大統領の発言は理屈ではなく、激しく人々の心を揺さぶることを目的にしているように思えます。

プロパガンダは、どちらかというと説明的に広く広報することと考えられていますが、プーチン大統領はそのようです。

あまりこうした事を深く追求したことがなかったので、グーグルで「プロパガンダ アジテーション」と検索をしてみました。するとビックリ。引っかかったものの中にレーニン著『アジテーションとプロパガンダ』というものがあったのです。ソ連を作り上げたあのレーニンです。

少し覗いてみましたら、レーニンはアジテーションを大衆向けに、プロパガンダをインテリ向けに分けて考えていたことがわかりました。またレーニンはプロパガンダは数百人を目安に、アジテーションは数万人を対象とすると考えたようです。

私のもっていた言葉に対する印象というか理解とは若干異なっていました。レーニンに従えば、アジテーションは戦略であり、プロパガンダは戦術です。

私は逆に捉えていましたのでビックリです。

ただ、これだけのことでも、なんだかレーニンの人為過ぎる発言というのか言葉というのか、人間というものをモノのように見る共産主義はやはり苦手です。

レーニンを離れて、アジテーションとプロパガンダを見てみると、いまウクライナとロシアの間で問題になっているのがナチズムですが、ヒトラーはレーニンとは異なっており、説明的であるよりも大衆の感情に訴えかけろとアジテーションを重視していました。プロパガンダも感情を重視する方法です。説明は二の次。第一次世界大戦後に疲弊しきっていたドイツ国民はそのアジテーションに引きずられてしまったのかもしれません。それくらいアジテーションは空気を作り上げ強力に人々を方向づけてしまいます。

いまは弱きウクライナがアジテーションにより強化され、強気ロシアが押され気味になっているように思います。プーチン大統領の演説もあくまでもプロパガンダでした。

日本はアメリカとともに生きると決意し日米同盟を結んでいます。だからこそアメリカとロシアではアメリカを選ばざるを得ません。ここは仕方がないことです。

私が恐るのは、膠着状態が続きロシアの大衆にも疲弊がおきたとき、ロシアでアジテーションが起きることです。そうなると戦術核も使われてしまうでしょうし、そこでまたアジテーションが起きて、世界が大混乱に進んでしまうかもしれません。

ただこうした混乱期にはアジテーターが出てきやすいので、注意をしていたいものです。

また、混乱期には既成宗教の弱体が裏にあることが多いので、それは私達宗教家の反省点です。そしてこういうときには新たな宗教者がアジテーターとして現れやすい。

アジテーションそのものが悪いわけではありません。人々が少しでも良き方向に向かうのならばアジテーションも時には有効な手段です。しかし、チカラによる支配や、欲と欲の絡み合いでアジテーションを使うのは本当に危険です。

なにか感情に訴えかけ皆が同じ方向に抜けられる発言があった場合、それはアジテーションでないかどうかを気をつけておきたいですね。

比較的おだやかな教えである仏教はアジテーションが少ないですが宗派によってはアジテーションを重視しています。また各寺院によって本尊が異なる真言宗は個性を重視しますので一方向へ向けるアジテーションをあまりしません。しかし真言宗でも、なかにはアジテーションが大好きな御仁も居ます。

宗旨宗派での大きな枠組みでの安心はありますが、それとともに個人個人の宗教家と檀信徒のあり方がとても大切に思えます。

アジテーション 煽っているか居ないか 注意をしていたいものです。

| | コメント (0)

2022年5月10日 (火)

七難隠す

「七難隠す」 色の白いは・・・髪が長いは・・・書は七難を隠す・・・あれ?なにか変?

 

子供の頃 私かなり色が白かったんです しかも喧嘩早かったので白色裸電球 そのこころは、色白ですぐに切れる・・・LEDの時代なのでわかりにくいかもしれませんね

 

そこで時々言われたのが「女の子ならば、色の白いは七難隠す だけどね。」と大人から何度かからかわれた覚えがあります。

今覚えばなかなか失礼な表現ですね。

「色の白いは七難隠す」は、

①色白の女性は七難を隠すので色白は得

という意味と

②色白で見えなくなってるけど七難のいずれかがあるのかも

という全く反対の意味があります。

とはいえ、色白イコール美人とは今の時代には合わない失礼な表現です。とはいえ色の黒は味良しともいいますので・・・

これとよく似た表現に

書は七難を隠す

これご存知でしたか?書道を始め文字がきれいな人は、誤字脱字や文章のまずさなどを隠してしまうという意味です。

パソコンでの文字が多くなった現代には、この表現は逆に貴重かもしれません

また

笑窪は七難隠す  髪の長きは七難隠す

とも言うようです。色白・笑窪・髪の長きのような容姿に関するもの、書のように能力に関するもの、まぁそれぞれに得意不得意が有るので、これらをなくすというよりは、いろいろあって使い分けるのが良いかもしれませんね。

さて、この七難とはなになのかなぁと思っていたのですが、若い頃にふと七難という言葉に出会ったことを思い出しました。

鳩摩羅什訳の仁王般若経・弘法大師の師匠の師匠である不空三蔵訳の仁王護国般若経に七難という言葉が出ていたことです。

『仁王般若経』鳩摩羅什訳

  • 太陽や月が欠ける日食や月食など
  • 星座が見えなくなること
  • 大火など火の禍 
  • 大水洪水などの水の禍うを含む時節に合わない寒さ暑さ
  • 大風による国土樹木の倒壊
  • 暑さによる旱魃
  • 賊たちによる国の内外が侵されること
  • 日月失度 ②二十八宿失度 ③大火燒國萬姓燒盡 

 ④大水沒百姓時節返逆。 ⑤大風吹殺萬姓國土山河樹木一時滅沒

 ⑥天地國土亢陽炎火  ⑦四方賊侵國内外賊起

 ①日月失度 ②星辰失度 ③大火(龍火・鬼火・人火・樹火)

  ④時節節改變寒暑不恒 ⑤暴風數起昏蔽日月 

  ⑥天地亢陽陂池竭涸 ⑦方賊來侵國内外

のことです。それを思い出し少し調べてみました。

七難という言葉は出てきませんが 孫悟空の三蔵法師で有名な玄奘三蔵訳の『薬師本願功徳経』には

 ①人衆疾疫難 ②他國侵逼難 ③自界叛逆難 ④星宿變怪難

 ⑤薄蝕難   ⑥非時風雨難 ⑦過時不雨難

が説かれていますし

観音経にも七難という言葉は説かれていませんが七難が説かれています。チャイナの天台の大成者智顗の著作に七難という言葉が出ています。

 

あっ、少し話がずれますが、名古屋の栄、ぎふ、大垣の三ケ所の中日文化センターで一時間半の授業をしています。その中で大垣では今は観音様についての講義をしています。そんなかのほんの一部をつまみ食いしてみますと。

 

観音経、多くの場合は偈文・・・世尊偈と呼ばれている部分を読みますが、この本文は本当は法華経の第二十五巻、正式名称は妙法蓮華経観世音菩薩普門品第二十五といいます

 

最初に突如として無尽意菩薩という聞き慣れない菩薩が出てきます。

無尽とは尽きることなき果てしないという意味。つまりこの無尽意菩薩は、不滅の心を持つ者と訳せるのかもしれません。つまりわたしたち自身の不滅の心・菩提心を意味しているとも考えられます。

行六度四攝等種種行。誓度衆生。衆生界盡。菩薩之意乃盡衆生未盡。菩薩之意無盡。故名無盡意。と記されたお経もあります

 

 

さて、この無尽意菩薩が釈尊と対話をし、観音菩薩とはどんな存在なのかを訪ねます。その最初に現れるのが七難から逃れることです。

 

本文には火難・水難・風難・刀杖難・ 鬼難・枷鎖難・怨賊難の七難から逃れることが記されています。

 

どれを見てみても、いずれの経典を観ても、七難は人の欠点をあらわした言葉ではありません。あくまでも社会的な自然的な難を表した言葉です。七難隠すの七難とお経に説かれた七難は全く意味が異なっていました。

 

観音経は般若心経についで著名なお経でしたので、しかも天台宗は江戸時代に圧倒的な力を持っていましたので、七難というお坊さんから出た言葉が庶民に至り、言葉の外形だけ残って中身が変わってしまったのかもしれません。

 

七難隠すについて個人的な意見があります。人にはそれぞれの特徴があります。優れているかいないかは人の見方によって異なるもの。肌は白いが良いが髪は黒いが良いという方も少なくないと思いますし、健康的な褐色が良いとか髪は金髪にしたほうが良いとか、アニメでは髪は銀髪が結構受けるみたいです。まぁ人それぞれの特徴なんだとおもいます。そしてその特徴が際立てば際立つほど、7つの・・・まぁいくつかのと言い換えてもよいかと思いますが、欠点のように見えるものも気にならなくなる・・・そうした感じで使われるといいなぁと思います。無尽意菩薩は金剛界マンダラに出てくる賢劫の十二尊のお一人ですが、そのマンダラはひとりひとりの仏様の特徴をもって互いに敬いたすけあう相互礼拝相互供養を絵に表したもの。七難隠すもこうしたことまで感じるといいなぁと思える言葉です。

| | コメント (0)

2022年4月25日 (月)

弘法も筆の誤り の元々の出来事の意味を探る

「弘法も筆の誤り の元々の出来事の意味を探る」

 

先日、弘法は筆を選ばずのお話をしましたので今回は「弘法にも筆の誤り」のお話をしようと思います。

 

この元になるお話は『今昔物語』巻第十一 本朝付仏法 の九に記されている弘法大師のお話の中に説かれています。

ちなみに今昔物語の第十一 七は玄昉と藤原冬嗣のお話、ちょっとマニアックですね。八は、唐招提寺の鑑真和上お話。九は弘法大師空海師。十は伝教大師最澄師、十一慈覚大師円仁師、十二には智証大師円珍師、十三には聖武天皇と奈良の東大寺大仏さま、十四には藤原鎌足・不比等と興福寺などのお話です。

さて、弘法大師のお話に戻ります。

『今昔物語』の原文は

「早く皇城の南面の諸門の額を書くべし」と。然れば、外門の額を書畢ぬ。亦、応天門の額、打付て後、是を見るに、初の字の点既に落失たり。驚て筆を抛て点を付つ。諸の人、是を見て、手を打て是を感ず。

とされています。大意は平安京の御所の中の門の扁額を早く書いてほしいという依頼を受けそれを書いた。ところがその扁額を打ち付けてよく見てみると應天門の應の字に点が足りない。まだれ广ではなく、がんだれ厂になっていた。それを観て弘法大師は足りていなかったところを下から筆を投げて打つと見事な書体であった。それを人々は手を叩いて褒めはやした

という内容です。そこから弘法の投げ筆という言葉が生まれました。意味的には名人の凄さを称えるものです。

ところが江戸時代に入り、この内容は打って変わってしまい、あの名人の弘法大師も点を忘れてしまう、弘法にも筆の誤りという言葉が生まれました。

江戸時代は本も立ったものが噺家などにより大きく意味が変わっていってしまう時代です。

たとえば地震雷火事おやじも、元々は地震雷加持大山路、大山路とは台風のことですが、このように変化させたのも噺家や狂歌・川柳好きな江戸時代の洒落人によるものでしょう。弘法大師の話もそう変化してしまいました。

 

ところがこの『今昔物語』のこの部分の少し前を見てみると、全くっっっb別の文章が出てきます。

 

亦、日本の和尚、城の内を廻り見給ふに、一の河の辺に臨むに、一人、弊衣を着せる童子来れり。頭は蓬の如き也。和尚に問て云く、「是日本の五筆和尚か」と。答て云く、「然也」と。童子云く、「然らば、此の河の水の上に文字を書くべし」と。和尚、童の云ふに随て、水の上に、清水を讃る詩を書く。其の文点破れずして流れ下る。童、是を見て、咲を含て感歎の気色有り。亦、童の云く、「我れ、亦書くべし。和尚、是を見るべし」と。即ち、水の上に龍の字を書く。但し、右に一の小点付けず。文字、浮び漂て流れず。即ち、小点を付るに、響を発し光を放て、其の字、龍王と成て空に昇ぬ。此の童は文殊に在ましけり。弊衣は瓔珞也けり。即ち失ぬ。

大意は、弘法大師が長安の郊外で有る河の前にくると、ボロボロの衣を着た子供がやってきました。頭はよもぎのようにボサボサ。この同時が弘法大師に問いました。「あなたは日本の五筆和尚ですか?」と。「そうです」五筆和尚とは唐で皇帝より筆の名人の弘法大師に授けられた敬称です。するとそのこどもは「ならばこの川の水の上に文字を書いてみてくいれるだろうか?」と問うと弘法大師は水の上にキヨミズを称える詩を書いたら、その文字が壊れることなく流れていったそうです。それを観て子供は喜び、自らも「では私も書きましょう。」と水の上に龍の文字を書きました。ただし右上の点を付けていなかったそうです。するとその文字は流れていかずそこに漂っていました。そこにその子供が抜けていたその一点を付けると、その文字は響きだし音を出して竜王となって空に登ったそうです。この子供は文殊菩薩であり、ボロボロの服はお堂や菩薩を飾る瓔珞でありました。そして子供は消えたといいます。

 

文殊菩薩は童子形をしているといいますので、その伝承どおりです。あたまも5つの結び目があるといいますので、それがよもぎのごとく通じるのでしょう。そして筆は般若波羅蜜多剣、鋭い諸刃の剣です。今昔物語は不可思議なお話ですが、そのなかにもなにか真実が隠されているようにも思います。

 

このお話と、應天門のお話はどこか通じるものがあります。最後の一点をつけて完成させる。龍が空を飛びだったように、應天門も、最後に一点を加えることで物事を完成させて應天門としての役割を担うようになったのかもしれません。

 

本来は弘法の飛び筆といって、誰もが真似のできない天才性を褒め称えた出来事が、この地上に引き戻されたというのか、全く逆の意味の弘法にも筆の誤りとされてしまったところに人々の俗っぽさを感じざるを得ません。だからこそ、弘法は筆を選ばずという、本来とは全く別の意味も生まれたのかもしれませんね。

 

ちなみに英語では

Even Homer sometimes nods.

ほめろすさえも時には居眠りをする

イーリアス・オデッセイアを書いた歴史家の大家であるホメロスでさえ居眠りするような失敗をすることも有る

という意味です

 

現在の意味での、弘法にも筆の誤り

天才でも謝るのだから、はきをつけておくようにという意味で用いればとても良い意味です。しっかりと心においておきたいですが、本来の物語も知っておいても良いかもしれませんね。最後の一点、ここに完成の意義がある、そう捉えても良いように思います。最後の一点を大切に・・・ここに弘法にも筆の誤りの本来の物語の意味があるのではないでしょうか?

 

今日は 弘法にも筆の誤り の元々の出来事の意味を探るでした

| | コメント (0)

2022年4月14日 (木)

弘法は筆を選ばず・・・本当? 実は思い切り選んで居られました  名古屋大須の筆屋「伽藍」

「筆屋 名古屋大須の<伽藍>」

 

弘法は筆を選ばず

という言葉があります いまは弘法大師は書道の名人だったので筆を選ばなかった つまり名人や優れたものは道具に左右されないという意味で用いられています

 

ところが 包丁やノコギリなどに代表されるように、日本の名人という方々は徹底的に道具に拘っています。もちろん弘法大師も人一倍に筆の質にこだわって居られたことが知られています。では弘法も筆を選ばずとはどういうことなのか?

どんな筆でもその筆に合った作品を作ることができたということです。大工さんもノコギリの良し悪しに限らずどんなものでも上手に作り上げるでしょう。しかしその過程でよりスムーズにとか、仕上がり具合がよりレヴェル高くとなると道具に拘るのは当たりまえ。自分の手足そのものと言ってもいいんじゃないでしょうか?一流の料理人にとっての包丁もそうで、どんな包丁でも両人は上手に調理するでしょうが、最高レヴェルのものであったり、調理する過程で余分なエネルギーを取られないためにも道具にはこだわっておられるもの。

弘法大師もどんな筆でもそれなりに字を書かれたのでしょうが、自分が思った通りに自由自在に書くためにはその質を選んだのは間違いないと思います。

弘法も筆を選ばずは・・・世間的な意味でなく、もっと深い意味が有ると知っていただけると嬉しいです。

 

さて、筆屋さんのこと

宗春卿のことで名古屋と関わりを持ち始めた頃。あっ、令和四年四月から栄中日文化センターで「吉宗と宗春」というタイトルの講座を行っています、途中からでも登録可能なのでお申し見いただければと思いますが、

話を戻して宗春卿のことで名古屋にかなりの頻度で出入りするようになり、その過程で大須の大津通に筆屋さんを見つけました。

ふらっと入り。ご主人と話をしながら、塔婆に書く筆を尋ねると、三本くらいの筆を試し書きさせていただいたのです。

そのなかでも 花柳 と名付けられた筆を推奨されました。「いわゆる書道用紙に書を書いたりするのには少し硬くてご住職には向かないかもしれないですが、板に書くならば硬さがちょうどよいのではないでしょうか?」

現在のホームページでは

「中学生までしっかり使える集合力・弾力のとれた

バランスの良い筆」

学童用に分類されていますが、確かにそのおかげで筆全体が若干固めなので、塔婆に書くにはとても書きやすいものです。

それから数度訪れ同じ花柳を手に入れていました。板書きは筆を痛めやすいのですが、この筆はかなり丈夫です。

 

コロナがあったのでしばらく通っていなかったのですが、ふと思い立ち、蔓延防止が終了してから 伽藍 を訪れました。

若い女性が店を守られていました。お話をしている内に、彼女が娘さんで跡を継がれたことを知りました。

花柳の名前を忘れてしまっており、あーだこうだと説明をしたら彼女が持ち出してきた筆があり、それを握るとピッタリの筆がありました。 花柳 。お寺に戻り名前を確認すると全く同じ筆でした。

彼女も父上の思いを受け継ぎ、その人に合ったものを推奨する人でした。目は確かです。

同時に、ある方に巻物に筆書きで手紙を書きたいのだけど良い筆はないですかと尋ねると

「氣韻」を勧められました。試し書きをすると なかなか書きやすい。今まで小筆は若干重めの小筆を用いてきました。筆の重さで書けたからです。しかしこの「気韻」は違いました。書きやすいのです。芸術品を書くには、あまりにも癖がないので向かないかもしれませんが、その癖の無さが手紙のような小文字を書くのに実に向いていました。これも店主さんの目が確かだと思った証左です。

 

入手させていただいた筆の名前を少し調べてみました

 

花柳 かりゅう はなやぎ これは花柳流という芸道もありますし、花柳界といえばかつては遊郭などを意味した言葉ですので、最初は坊さんなのいこれは・・・とも思ったのですが、いや待てよと少し思い立ち本来の意義を調べてみました。花の紅と、柳の緑、たおやかで美しいもののたとえであることを知りました。また「いき」であることもこの花柳にはあるようです。

なるほどと今は思います。花のような色艶があり、柳のようなたおやかさが有る、そして紅と緑は自然の勢いを示す色、これは私にピッタリの意味でした。言っておきますが、私は花柳界とは全く縁がありません。

 

ちなみに「いき」については九鬼周造の『いきの構造』は私の愛読書で、とても大きな影響を受けた本の一冊です。

かなり屁理屈を述べていますが、自分では納得しています。

 

次に気韻

気品の高い趣を意味する言葉。気品生動という言葉がありますが、絵や書道などで気品がいきいきと感じられることとと『広辞苑』では述べられています。気高く品がある、まさに書道とくに手紙に求められる名前。これはいい!

 

それとお店の名前の伽藍。七堂伽藍といいますが、お店は小さくコンパクトにまとまっていて、伽藍堂とは程遠いお店です。しかし、その持つと伽藍の迫力といいますか勢いが筆に載ってくるように思います。実物の店は小さくとも、中身というか充実度は七堂伽藍のように宇宙のようなありかたのお店。ちょっと大げさかもしれませんが、高野山は壇上伽藍を有し、そこに弘法大師の教えが凝縮されています。ですから高野山真言宗のお坊さんにとっては伽藍という名前は格別なんです。

 

 

今日は 筆のお話をしました 「筆屋 名古屋大須の<伽藍>」でした

| | コメント (0)

2022年4月13日 (水)

梨の花 雑話

今回は遊歩の言いたい放題「梨の花 雑話」

 

桜は八重桜が咲き、桃の花も散り、

梨の花が綺麗な時節になってきました

あまり知られていませんが

白く清浄であり どことなく梨の甘さが漂う花は

この季節の見どころの一つです

うちの境内にも一本のなしの木があり 小さな実をつけますが

さくらんぼと同じように いつも鳥たちに食べられています

花の話題に戻します

 

ナシの語源はいろいろあるようです。

果実の色が白いことから

「なかしろ」「な・か・し・ろ」となったとか

「色なし」「いろなし」となったとも言われています

また風が多いと実がなりにくいことから「風なし」「かぜなし」とか

中は酸っぱいので「中酸(なかす)」「な・か・す」「なし」

だとか言われています

ただしこの「なし」が「無し」に繋がるので忌み嫌われ

家の庭には植えるなとも言われたそうです。

でもちょっとひねると般若心経の「空」や「無」にも繋がるので

「無罣礙」「無有恐怖」つまり「罣礙無し」「恐怖有ること無し」

などと解釈すれば良き意味だと思います。

よくよく見つめてみると梨園とありますよね。

そうそう歌舞伎の世界を梨園といいますね。

その語源は

唐の最も勢いがあった頃の玄宗皇帝が梨を集めた園に

音楽教習所を設けたことから始まりました。

また玄宗皇帝の愛娼楊貴妃も梨に喩えられます。

死後、仙境に生まれ変わった楊貴妃。

その容姿を唐の名詩人・白居易・白楽天の

有名な「長恨歌」の中で、形容したのが

「玉容寂寞涙欄干 

ぎょくようは じゃくまくとして らんかんに るいす、

梨花一枝春帶雨

りか いっし はる あめを おぶ」 

およその意味は 宝玉のように美しい楊貴妃の顔は寂しげそうで、

涙がぽろぽろぼろぼろとこぼれている。

梨の花が一枝、雨に濡れたような風情である」

そのように楊貴妃による玄宗皇帝への思慕の想いを歌ったこの詩は、

美しき人がひとり思い佇む様子を描いています。

少なくとも絶世の美人である楊貴妃を

梨の花に喩えていたのは間違いなく、

そのたおやかさを表す樹木であったことも間違いありません。

日本では清少納言が『枕草子』で

梨の花、世にすさまじきものにして、近うもてなさず、

はかなき文付けなどだにせず、

愛敬(あいぎょう)おくれたる人の顔などを見ては、

たとひに言ふも、げに、葉の色よりはじめて、あはひなく見ゆるを、

唐土(もろこし)には限りなき物にて、詩(ふみ)にも作る、

なほさりとも、やうあらむと、せめて見れば、

花びらの端に をかしき にほひこそ、心もとなう つきためれ。

楊貴妃の、帝の御使に逢ひて泣きける顔に似せて、

「梨花一枝、春、雨を帯びたり」など言ひたるは、

おぼろけならじと思ふに、なほ いみじうめでたきことは、

類あらじと覚えたり。

 

梨の花は、世間一般ではつまらないものだと考えられていて、

身近において愛でることはなく、

ちょっとした手紙を結びつける枝にも使われない。

優美な魅力の劣る人の顔を見ては梨の花に喩えていうほどで

まったく葉の色からしても色の配色が良くなく見えるのだが

唐土(チャイナ)ではこの上もないものとして

詩にも詠まれている。

それでたとえそうであったとしても役立つことはあるだろうと

しいて見てみると

花びらの端のほうに、風情のある美しさが

はっきりとはわからないぐらいについているようだ

 

楊貴妃が玄宗皇帝の使者に会った時に泣いた顔に合わせた表現で、

「梨花一枝、春、雨を帯びたり」というのは、

たやすいことではないと思うのだが、

やはりなんといっても本当に素晴らしいことは

他に類がないもののようにも思われてしまうの。

 

まぁ見事なくらい世間では梨を嫌っているかのように

清少納言は無しを最初はくさすのですが。

最後は少し教養を持ち出してなしの素晴らしさを伝えています

清少納言の知る梨の木は、

楊貴妃を喩えた枝や 私たちが現代で観る枝と

異なっていたのかもしれませんね・・・

 

さて梨の花言葉は、英語では「affectionすなわち愛情」

また樹木としての花言葉は英語ではcomfort 「癒し」「慰め」

そして梨の誕生花の日付は420日、430

 

家に植物としての梨を植えないほうが良いと

言い伝えられていますが、

先程も述べましたが

仏教的には「罣礙なし」「恐怖あることなし」となりますから

お寺にはとても良い樹木だと私は感じます

 

何よりも香りが良い花でもありますから

 

 

今回は遊歩の言いたい放題「梨の花 雑話」でした

| | コメント (0)

2022年4月 9日 (土)

否定と断定の言葉 これでいいのかなぁ?

遊歩の言いたい放題 「否定と断定の言葉 これでいいのかなぁ?

 

仏教界関連でよその宗派の方々と話していると

ある特定の話し方が気になって仕方がありません。

 

仏教は○○○ではありません

***です

 

一見なんでもない発言ですが 否定と断定の言葉

 

よくよく注意していると

絶対ではありませんが、こうした発言をされるのは

ある特定の宗派の方が多いことが見えてきました

 

発言がとても短絡的というかかなりの決めつけが多い

 

仏教も宗教なので一つの方向を示すのは当然ですが

何か押し付けられている感覚があります

 

考える余地を残さない発言は洗脳に繋がり易いので

へそ曲がりの私にはどうも耐えられないのです

 

確かに○○○という考え方もありますが

仏教では***という見方もありえますが

如何でしょうか?

 

私は師匠方から

相手に選択肢を残す考え方が大切であると教えられてきました

仏教は自覚を促すことを大切にするからです

自ら見つめ考えることを大切にする教えとも言えるでしょう

 

時と場合にもよるでしょうが

やはり断定的に押し付けるのはかなりの違和感があります

 

ただし逆も言えることで

受け手が断定的な言葉には疑問符をつけるという変換が頭の中にあれば

問題なしなのかもしれませんね(^^)

 

こんなことを考えているさなかに

夜の名古屋城に生きました

確かに美しいのですが、これではそう思わない人もいるだろうなぁと

ライトアップはやり過ぎかなぁと

感じる人もいるように思えました

 

まぁこうした考えに反対の方もいらっしゃるでしょう

ただこうしていろいろな側面から物事を見れるといいですね

 

改めて

緩やかであり

誤差をもゆったりと受け止めてくれる

慈悲に満ちた真言宗を選んで

良かったなぁと私個人は感じています

| | コメント (0)

2022年4月 8日 (金)

108とは何か?

今日は 遊歩の言いたい放題 「108とはなにか?」です

 

一般的には仏教では、除夜の鐘に代表されるように百八煩悩はじめ108という数字

百八煩悩といえば

その根拠の数字は

六根にそれぞれ好・悪・平があり6×318

それぞれに浄と染があるので18×2=36

そしてそれぞれに過去・現在・未来があるので36×3108

または

六根に好悪平の6×318

六根に苦楽捨の6×318

合わせて18×2=36

それぞれに過去現在未来で36×3108

または十纏と九十八随眠で108

という理屈で言われてきました

 

それに合わせて

大般若経や大智度論には百八三昧

方等大荘厳経には百八法門

法華経化城品には百八十劫

無量寿経には百八十億菩薩

金光明最勝王経には一百八十不共之法

入楞伽経には百八見

 

真言関係では百八名讃・百八護摩・百八念誦・百八尊

実に多くの百八がでてきます

 

 

それにともない真言を数える場合に100ではなく108回が基本です。

数珠もまたしかりで真言で用いるお数珠は百八が基本です

 108すれば100は超えるから

という言い伝えも有るほどです。

しかし、しかし

それにあまり納得はしていませんでした

納得していなかったのですが

修練には必要なので用いてきた

100より108のほうが修行的には確かにしっくりくるので

深く考えず108回を大切に念誦をしてきました。

 

ところが毎月第一月曜日におこなっている宿曜:密教占星術の勉強会でふと気づいてしまいました

仏教の宿曜は27宿です

古代のチャイナ起源のものは28宿なのですが

仏教はあくまでも27宿です。

たまたまチャイナの二十八宿の名前を借りたものでややこしくなってしまいましたが

基本的に仏教の宿曜の各名前の漢字には全く意味がありません。

さてこの27を四季を意味する四倍にすると

27×4108

 

おおおおお

 

これを少し考察してみると、

一年は12ヶ月。

一ヶ月はおよそ30日なので、

10日ずつ上旬中旬下旬の三つに分けると、

一年で12×336旬 

この一旬を3つに割ると 

36×3108

なるほどぉ・・・

 

ひょっとすると108とは仏教起源ではなくインド占星術なのではと考え調べてみましたら

やはりありました

https://shrifreedom.org/yoga/importance-of-108/

 

108はインド占星術に関係しているようです。

インドにおいて占星術はとても重要です

仏教経典でも時折引用していますから、

その流れで108があるのではないかと

つまりインドの元々あった習俗の中に108を神聖視するものがあると納得。

 

これで百八煩悩ではなく

天の分け方であると見れば気持ち良く108を真言念誦で数えられる・・・

とおもいきやびっくり仰天考察を発見

この先程のサイトにビックリ考察が出ていました

そのままの数字を書くと著作権にも触れてしまいますので

私なりに数字は検証を施しました

 

太陽と地球の距離は およそ149,600,000km

太陽の直径は およそ1,392,700km

これを割り算すると107.4172471..... あらぁ...

月と地球の距離は およそ380,000km

月の直径はおよそ 3474.8km

これを割り算すると109.358812

ちなみに地球の直径は12,742km

太陽直径÷地球直径=109.299953....

あららどれも108に近い数字

恒星惑星衛星間の距離は

伸び縮みするのでかなりの誤差は出やすいですので

自然科学的には一概に108という数字を当てはめられませんが

宗教的に見れば誤差の範囲とも言えるほどどれもが近い数字です

地球が365日で太陽の周りを回るのも360度に対する5日ほどの誤差

この誤差があるから生物が生きられるといいますので

誤差もまた慈悲。

これは24時間の自転の誤差にも当てはめられるようです。

誤差はぴったりよりも、緩やかな慈悲ととらえるとなんとも言えないしっくり感です。

やはり108は神秘な数字。

ただし誤差も許容すべし・・・・

 

この天の差配を偶然と観るのか 意味有るものとして内面化するのかは

個人差がありましょう。

ただトレッキーでも有る宇宙大好きな私には

この108前後の数字は

宇宙を構成するなにかヒントが有るのかもしれないと考えると

ワクワクして、よりいっそう修行に励めめます(^^

 

ということで今夜は大好きな大好きなスタートレック・ピカードを観て

宇宙の法則性を感じてみようと思います

| | コメント (0)

2022年1月30日 (日)

宮様を徹底的に守るべき マスコミのせいにすべからず!

宮内庁の皇嗣大夫が「遺憾」という発言をされたとか。

禁裏に関することには発言を控えようと思っていましたが、これはと感じすこし思いを。


今回の出来事で、マスコミが騒いでしまったこと、悲しいことです。

しかし、その理由は何なのか?こうしたことを宮様の大夫が陛下の側近や内閣と話し合われているのか、甚だ疑問です。


皇嗣大夫が「対応が必ずしも正しくなく、国民の皆様にご心配をおかけしましたことを大夫として陳謝します。責任は一重に大夫である自分にあります。それゆえ、今後はそっと温かくお見守りいただければと思います。」のような発言があれば、こんな炎上はしなかったように思います。


宮様でもないものが宮内庁をバックに上から物申す姿に、とても違和感を覚えます。これでは宮様が気の毒です。なぜ火に油を注いでしまうのでしょうか?


陛下方や宮様方の苦悩はお察し申し上げています。宮様といえ人ですから間違いもあれば誤った判断をいっときされることもあり得ます。

しかし、それを自らの誤りとして、職を賭してお守り通すのが大夫や宮内庁の方々のお役目。

それをマスコミや他者に責任をなすりつけるのは本末転倒あまりにも悲しいです。


マスコミがバカな報道をしたならば、有識者を通して反論すべき。大夫のお役目上、決して上から目線はならないと思うのですがいかがでしょうか?


いま、宮様が叩かれ始めています。これは本来あってはならないこと。だからこそ大夫は怒る発言をするのではなく、自分が悪いと責任を被っていただければ、逆に多くの国民が大夫をもかばっていくように思います。

小手先の対応ではなく、心から宮様を守る、そのためには何が必要なのか、今一度考えてもらうよう大夫のお側の方々が助言できないものかと思っています。


大夫もお悩みでしょう。夜も眠れないのではないかと思います。だからこそ、陛下のおそばにおられる人格者の方々に相談されて行く必要を感じます。また他の宮様方のご意見を賜り、だからこそ自分が責任を取るべき発言が必要なのではないでしょうか?


日本のノコギリや包丁がなぜ押すのではなく引くのか。ここに日本文化の妙があります。宮内庁こそ、この妙を体現していただければ、マスコミも変化していくのではないでしょうか?


これを機会によりよき宮内庁のあり方を検討されれば良いのですが。


まっ、こんな発言も私の勝手な思いですが(^^)

| | コメント (0)

2020年4月16日 (木)

まさか!北極圏のオゾンホールが過去最大級に。ヨーロッパ主要国全体ほどの大きさに

ショック!#北極圏 の #オゾンホール が最大級?五月くらいが一番破壊されやすいので、もうしばらく経過を見ないといけないが・・・。

コロナ禍の影響で南極域の #オゾン層 が回復しているというニュースが有ったばかりなのに、今度は全く逆の北極圏のホールが過去最大とか。

160万平方キロというので1000km✕1600kmの大きさ。


国の面積で言うと
デンマーク本土・ベルギー・オランダ・ルクセンブルク・フランス・スイス・ドイツ・オーストリア・ハンガリー・チェコ・スロバキア・ポーランド
の各国を合わせるとおよそ160万強平方kmとなるので、ヨーロッパ主要国の大きさの穴があるということ。


南極のものに比べれば圧倒的に小さいが、それでも無視できない大きさ。

今後の推移を注視していたい。

https://www.cnn.co.jp/fringe/35152487.html

| | コメント (0)

2020年4月15日 (水)

敵を作らなければ自分を保てない人はこの世で輪廻する

「神仏と共にあるのか、見せかけよく生きるのか?
 正々堂々と生きる高家寺の檀信徒のあり方にホッとする」
(長文注意)
 
コロナ禍の情報を収集している中で、ネット出演している方々を見ての雑感。
特に左傾している方々に、もしくは右翼を演じている方々に見受けられること。
 
誰か敵を作らなければやっていけない人が多いのではないだろうか。
その敵を攻撃するために周りに声を掛けている。
声を掛けられた人の大半は自分で物事をあまり考えない。そういう人たちに自分に都合の悪い情報の大半を隠し、敵にとって都合の悪い情報を、時には捻じ曲げて周りに伝える。
そうやって歪な情報を共有して仲間づくりをしていく。
 
自分にとって都合の悪い情報が入ると、時には感情的になり、時には悲劇のヒーローやヒロインを演じ、時には情報を捻じ曲げる。
 
しかし、時を経ていくうちに仲間と思っていた人はは消え去っていく。
 
仲間が消え去ると、そういうひとはまた別の場所に移る。そこでも同じことを繰り返し、また場所を去って同じことを繰り返す。
 
短い期間で自分を中心とした仲間づくりをしている人、他者の噂話をやたらする人、やたらと秘密を共有しようとする人。話題をよく変えようとする人。こういう人に敵を仕立てる人が多い。
 
 
これは人ばかりでなく組織にも国にも言える。
 
 
どこかの国(組織)を敵視してマスコミを煽る。敵視している国の歪んだ情報を他の国に流し、自国に都合の悪い情報の大半は隠す。
 
自国に都合の悪い情報が入ると感情的になり、時には悲惨な過去があったことをやたらと強調し、話題を変える。
 
しかし、そうした国は他国から敬遠されていき、いつのまにかその国の政権が全く異なるものとなっていく。変わった政権はまた同じことを繰り返す。
 
 
人も国も、何故に敵を造ろうとするのか?
何故に、他を貶めようとするのか?
 
単純な心理かもしれない。
他者を貶めることで、自分の地位を相対的に高めようとするから。
ただそれだけなのではないだろうか。
薄っぺらい生き方は悲しい。
 
自分の見せかけを良くするために他者との比較をするのは筋違い。他者との比較で大切なのは、自分のを磨くときのみ。
 
正々堂々とまっすぐ道を歩むことのほうが楽(らく)であり、楽しい。
 
国も組織も個人も、
自らの幅を広げ、
自らを深く掘り下げ、
高潔にあることを
意識していたほうが、
自分のためにもなり
他者のためにもなる。
 
 
宗教心の問題がここにも現れているのかも知れない。
 
国家にしろ組織にしろ個人にしろ、隣や後ろに神仏が居る、神仏に包まれて生きている、神仏が自心にいることをなんとなく感じていられることは幸いである。
もちろん、そういう国家や組織や人は、誤解をされやすい。ただ存続するためだけに薄っぺらく存続している国や組織や個人に敵視されやすい。
それは、欲を超えた世界で生きており、不思議な出来事が日常茶飯事であるから、時には常識から外れているから、欲にまみれた生き方をしている人には理解できない。
本当は神仏とともに生きるほうが楽であり楽しい。正々堂々と生きられる。
 
うちのお寺の檀信徒には感謝したい。長いお付き合いが多い。ヒエラルキーを作ろうとせず、他者を貶めることもない。その方々のためにも、私個人もお寺そのものも、自らの幅を広げ、自らを深く掘り下げ、高潔にあるようにしたい。
 
※写真は人の運命(さだめ)を解き明かす星曼荼羅

| | コメント (0)

より以前の記事一覧