2017年8月18日 (金)

縁は目に見えない 目に見えない縁が目に見える現象となる ご縁に感謝の祈りを捧げ続けていきたい

一人一人が祈る姿は美しい。
祖先を中心としたあらゆるご縁のある方々やあらゆるご縁のある物事・出来事への祈り。
縁は目に見えない。しかし縁は無いわけではない。目に見えない縁が、目に見える形に顕れたのがこの現象世界。
だからこそ、目に見える儀式で、目に見えない縁に祈りを捧げることも大切。その祈り縁に作用し、一人一人にまた影響を及ぼす。
縁を知るものと知らぬものとの差は少なく無い。

周りを見ると、祈りを忘れた人々が増えた一方、祈りを大切にする人々も増えているようにも思う。この両極化が何を意味するのかは分からない。

できれば一人一人が、見えない縁に感謝の祈りを捧げ、目に見える現象世界がより気持ちの良い世界であって欲しい。
そのための祈りと活動と発信を続けて行きたい。
(^ ^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月20日 (木)

今日(7月20日)は何の日? 役行者(役小角:神変大菩薩)の忌日 「役行者は個人的な超能力だけであったのではなく、葛城地域の親分であったのではないか?」

今日(7月20日)は何の日?
役行者(役小角:神変大菩薩)の忌日
「役行者は個人的な超能力だけであったのではなく、葛城地域の親分であったのではないか?」

現行の暦であるグレゴリオ暦701年7月20日(旧暦 大宝元年6月7日:ユリウス暦701年7月16日)、稀代の修験行者役行者こと役小角(えんのおづぬ)が遷化した。

役行者に関しては伝説的な話が多く、どれが本当の話なのかはわからない。すべてを削ぎ取り、確実な事績だけを追っていても役行者の実像はわかりにくい。そうした、いわゆる学術的な判断で役行者を見つめると、そこにあるのは骨だけで、血肉が全く感じられない。むしろ後世の人が彼をどうして驚くほどの超能力者のように考えたのか、その心理の集合体こそが役行者の実像なのではないかと思う。

Ennoozunu00

真言を見つめると
「おん ぎゃくぎゃく えんのうばそく あらんきゃ そわか」
この真言から見えてくるものがある。「ギャク ギャク」とは聖天(歓喜天)の真言にも用いられ、聖天と役行者を結びつけている点が興味深い。聖天はビナヤカと呼ばれる魔物たちの首領にして彼らをよく使う。役行者も前鬼・後鬼という鬼神をよく使うと言われている。そうしたことから結び付けられたのではないだろうか。ここから読み取れるのは役行者は、人々から忌み嫌われる存在さえも使役できるほど懐の深い人であったことである。

Hokusai_en_no_gyoja_zenki_goki

ただ役行者は自らの出身地の奈良県葛城の神でもある一言主神が働かないことを責め立て、一言主の讒言によって伊豆へ流されてしまったという。これは一言主は、葛城賀茂のすぐ隣であり同族ではあるが、そうした身内の働かない者の讒言により失脚してしまったことを意味しているのではないだろうか?しかし、役行者のような呪術者が、単純に部下もしくはそれに相当する者の讒言によって流されてしまっては話は面白くない。ここを一言主という神の名を使うことにより、葛城でも東部に属する一言主の地域の人が、葛城の同族であり中部に属する高鴨神社の一族である役行者に反旗を翻したことを意味しているのではないかと思う。

それでも役行者は伊豆でも霊力を発揮し続け、霊峰富士山に毎晩登ったという伝説が生まれ、一層役行者の名声は高まっていった。孔雀明王法をよくしたという伝説につながるのも、孔雀は毒変じて薬となす明王であり、衆生とともによく生きた彼の性格を表しているのではないかと思う。

Ennogyoujya

超能力者としての彼についても面白いが、その超能力を覗いてみてみても彼の事績はとても面白い。むしろ単独の修行者というよりは、葛城地域の親分というイメージが浮かび上がってくる。

役行者に関してはミステリーが多い。今回は役行者が地域の親分であった可能性を見つめてみたが、超能力者である彼の側面についてはまた後日臨んでみようと思う。

今日は役行者を思い、彼が信仰した金剛蔵王権現に祈りを捧げてみようと思う。

7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月19日 (水)

今日(7月19日)は何の日? 山岡鉄舟の忌日 「武士道を貫いた維新の英雄は金も名誉も命もいらぬ禅の居士」

今日(7月19日)は何の日?
山岡鉄舟の忌日
「武士道を貫いた維新の英雄は金も名誉も命もいらぬ禅の居士」

明治21年(1888年)7月19日、9時15分、明治の偉勲のひとりである山岡鉄舟が、皇宮(皇居)に向かって結跏趺坐のまま絶命した。享年満51歳。半世紀を維新とともに駆け抜けた英雄の一人である。

200pxtesshu

高校生時代、不思議に思っていたことがあった。勝海舟と西郷隆盛による江戸城無血開城は有名であるが、将軍徳川慶喜の側近であるはずの勝海舟がどうやって西郷隆盛と会談に臨んだのであろうか?という疑問である。いきなり江戸城で会談し、お互いに相手を理解しようというのは、いくらなんでも、勝海舟と西郷隆盛であっても無理なこと。ではその背後に何があったのか?それを調べていくうちに、無血開城のときに山岡鉄舟が立ち会っていたことを知った。山岡については、幕末の剣の達人で、弘法大師流の書の名人であり、志水の次郎長と意気投合したということしか知らなかった。なぜ一介の御家人が立ち上がったのだろうか?

実は、勝海舟は身動きの取れない自分の代わりに山岡に西郷と会うように頼み込んだ。山岡はその勝の意を受けて、江戸城無血開城の前に、駿府の官軍の陣営にいきなり乗り込んだ。しかも「朝敵徳川慶喜家来、山岡鉄太郎まかり通る」と大きな声を出して堂々と入っていったという。そしてそこで西郷隆盛と会談。勝海舟から全権を預けられて山岡と西郷隆盛の会談がなった。そこでのやり取りはまさに真剣勝負。大きく撃てば大きく響く西郷。山岡の迫力と胆力に大きく響いた。そして、互いに譲歩をしあい、結果的には江戸城無血開城へと繋がった。西郷隆盛は「金もいらぬ、名誉もいらぬ、命もいらぬ人は始末に困るが、そのような人でなければ天下の偉業は成し遂げられない」と山岡を賞賛したという。

維新後、新政府に入り、西郷の願いで35歳のときに明治天皇の侍従として仕えた。しかし、西郷とは十年という約束をしており、45歳で皇宮を去り、維新で斃れた者の菩提を弔うために普門山全生庵を建てた。彼は、僧侶ではなく居士としての禅者であった。長徳寺願翁・竜沢寺星定・相国寺独園・天竜寺滴水・円覚寺洪川の下に参じ禅を究めていき、居士として天竜寺滴水から印可を与えられたる

そして満52歳を迎える直前(数53歳)に、胃がんで逝ってしまう。会葬者は五千人だったという。

山岡の一生涯は、西郷の言う「金も名誉も命もいらぬ」禅の居士であったと思う。だからこそ今北洪川(鈴木大拙の師)、高橋泥舟(山岡の義兄)らとともに、僧籍を持たぬ一般の人々の禅会として「両忘会」を創設したのだろう。

6

私も山岡の逝去した年齢を超えた。だからこそ、若くして逝った英雄山岡の生涯を見つめて彼の思いを受け止めてみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月11日 (火)

今日(7月11日)は何の日? 破壊王 橋本真也 の忌日 「13回忌の破壊王 闘魂三銃士 記憶に残るプロレスラー」

今日(7月11日)は何の日?
破壊王 橋本真也 の忌日
「13回忌の破壊王 闘魂三銃士 記憶に残るプロレスラー」

平成17年(2005年)7月11日、プロレスラー橋本真也が逝った。彼はアントニオ猪木率いる新日本プロレスの闘魂三銃士として、蝶野正洋・武藤敬司と共に名を売った。

B3d9c31a6a4cb1115be89a02a0086f63

三銃士の中では最も若かったが、早くチャンピオンになり頭角を現し、新日本の屋台骨を支えたた。名勝負もいくつもあった。アントニオ猪木や藤波辰爾が老いていく中、彼は新日本を間違いなく引っ張っていた。

新日本プロレスの代表として、アントニオ猪木が連れてきた柔道王の総合格闘家小川直也との抗争はセメントマッチ(ストーリーのない本気勝負)であり、凄惨なものがあった。ここから彼の歯車がし腰ずつ狂っていく。

私生活は細かいことを気にせず、おちゃめであり、いたずら好きであり、夜遊びも激しく言葉もぶっ飛んでいた。それでも多くの者から好かれていたのは、その天真爛漫ゆえであろう。ある意味豪快な生き方をしたこともあり、元々合わなかった長州力(橋本の天真爛漫さを理解できなかった)と激しく対立し新日本を離脱。

Mig_2

ZERO-ONEを立ち上げるも、興行に関してはフロント事務方と意見が合わず、結果的には負債を自分が抱えることになる。それと共に私生活も乱れていた。

様々な無理が祟り満40歳を超えたばかりの平成17年7月11日帰らぬ人となった。その戦いぶりから「破壊王」の異名を取ったが、自らの身体も破壊してしまった。満四十歳。あまりにも若い死であった。

私生活は乱れていたとは言え、彼の交友は幅広く、一万人以上の人が葬儀に参列した。出棺時に橋本の入場曲『爆勝宣言』が鳴る中、参列者から数千本の赤紙テープが投げられ、「ハッシモト」コールに包まれて送り出されたという。

私は長きに渡ってプロレスファンであった。闘魂三銃士と同世代であり(蝶野と同い年、橋本よりも二つ上)、闘魂三銃士は非常に身近であった。しかも橋本は岐阜出身。彼が亡くなった時、実は呆然としてしまった。早すぎる死に、ショックを覚えた。それぞれが別々の道を歩みながら、大きく闘魂三銃士の三人で新たな道を作りつつあった矢先。武藤や蝶野のことを思うと、いてもたってもいられなかった。それくらい私はプロレスファンであった。今思えば、橋本の死から私はプロレスから離れていったかもしれない。最近は全く観ていない。

プロレスにはストーリーがある。そのストーリーの中で自分の技を出して魅了する。常人では絶対に入れない領域の練習量をこなし、常人を凌駕した肉体を作り、そのなかで常人ではありえない技を応酬し、観衆を魅了していく。プロレスには大いなる魅力がある。八百長云々を語るものにはプロレスの魅力はわかりはしないだろう。プロレスから離れて10年近くなる。橋本の十三回忌を期に、ガチンコ(セメント)では分からないプロレスの魅力を改めて確かめたくなった。人生の大いなるヒントが詰まっている。

今は、「爆勝宣言」を流している。今日は彼の十三回忌。彼が試合前に結んでいたのは金剛界大日如来の智拳印。大日如来に今日は彼の追福菩提を祈ろうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 7日 (金)

今今日(7月7日)は何の日? カルピスの発売 「お坊さんがつくった大量生産の世界初の乳酸菌飲料 大正8年7月7日、この

今今日(7月7日)は何の日?
カルピスの発売
「お坊さんがつくった大量生産の世界初の乳酸菌飲料も時代の流れに飲み込まれてしまう」

大正8年7月7日、この日がカルピスが初めて発売された日である。
三島海雲、彼こそがカルピスの発明者である。彼は浄土真宗本願寺派の住職の子息として現在の箕面市に生まれ、得度し、現在の龍谷大学に入っている。若い頃に現在の内蒙古(モンゴル自治区)にいき、そこで体調を崩し瀕死となる。その際に酸乳(ジョッヘ)を勧められ飲み続け、病を克服。辛亥革命を機会に日本に帰国し、ラクトー株式会社を設立。発酵クリーム「醍醐味」・脱脂乳に乳酸菌を加えた「醍醐素」・生きた乳酸菌が入った「ラクトーキャラメル」などを開発販売する。それらは失敗に終わるが、多くの財界人などから援助を得て、大正8年(1919年)、世界で初めての乳酸菌飲料の大量生産に成功し、7月7日にカルピスとして発売した。
当初はサンスクリット「サルピル・マンダ」(sarpir-maṇḍa, 漢訳:醍醐)を使用し、「サルピス」・「カルピル」とする案もあったが、最終的には「カルシウム」とサンスクリットの「サルピス」(sarpis, 漢訳:熟酥=じゅくそ)を合わせた「カルピス」となった。

元々のカルピスのマークは「国際懸賞ポスター展」で3位になったドイツ人デザイナーのオットー・デュンケルスビューラーの作品であった。これは第一次世界大戦終戦後、ドイツは莫大な賠償金で国民が苦しんでおり、ドイツの画家を救おうと三島が採用を決めたという。僧侶としての慈悲の心が働いたのかもしれない。このマークは「黒人マーク」と呼ばれるようになった。
ところが三島が没して15年の1989年(平成元年)に、“差別思想につながる”との指摘を一部から受けてマークは変更された。三島の思いを受け止めることができなくなったのかもしれない。

創業者の思いを受け止めることができなくなると企業も変化していく。2007年には味の素の完全子会社となり、アサヒ飲料の傘下に入り、ついには2012年アサヒグループホールディングスの完全子会社となってしまう。カルピスも「カラダにピース」というキャッチコピーになってしまった。
新たなロゴの後ろの8つの円は健康、家庭、スポーツ、ファッション、快適さ、情緒、技術、国際性の8つの企業としての価値観を表現しているらしい。大きな円は健康のシンボル太陽。そこを他の7つの要素が横切ることで社会の協調を表現しているとか。

三島の思いは今 何処にありや

企業も商品も、創業者の思いとはまったく別方向に進んでいくものであることを見せつけられた一例かもしれない。万事流転する。れてしまう」

大正8年7月7日、この日がカルピスが初めて発売された日である。
三島海雲、彼こそがカルピスの発明者である。彼は浄土真宗本願寺派の住職の子息として現在の箕面市に生まれ、得度し、現在の龍谷大学に入っている。若い頃に現在の内蒙古(モンゴル自治区)にいき、そこで体調を崩し瀕死となる。その際に酸乳(ジョッヘ)を勧められ飲み続け、病を克服。辛亥革命を機会に日本に帰国し、ラクトー株式会社を設立。発酵クリーム「醍醐味」・脱脂乳に乳酸菌を加えた「醍醐素」・生きた乳酸菌が入った「ラクトーキャラメル」などを開発販売する。それらは失敗に終わるが、多くの財界人などから援助を得て、大正8年(1919年)、世界で初めての乳酸菌飲料の大量生産に成功し、7月7日にカルピスとして発売した。
当初はサンスクリット「サルピル・マンダ」(sarpir-maṇḍa, 漢訳:醍醐)を使用し、「サルピス」・「カルピル」とする案もあったが、最終的には「カルシウム」とサンスクリットの「サルピス」(sarpis, 漢訳:熟酥=じゅくそ)を合わせた「カルピス」となった。

元々のカルピスのマークは「国際懸賞ポスター展」で3位になったドイツ人デザイナーのオットー・デュンケルスビューラーの作品であった。これは第一次世界大戦終戦後、ドイツは莫大な賠償金で国民が苦しんでおり、ドイツの画家を救おうと三島が採用を決めたという。僧侶としての慈悲の心が働いたのかもしれない。このマークは「黒人マーク」と呼ばれるようになった。

ところが三島が没して15年の1989年(平成元年)に、“差別思想につながる”との指摘を一部から受けてマークは変更された。三島の思いを受け止めることができなくなったのかもしれない。

創業者の思いを受け止めることができなくなると企業も変化していく。2007年には味の素の完全子会社となり、アサヒ飲料の傘下に入り、ついには2012年アサヒグループホールディングスの完全子会社となってしまう。カルピスも「カラダにピース」というキャッチコピーになってしまった。
新たなロゴの後ろの8つの円は健康、家庭、スポーツ、ファッション、快適さ、情緒、技術、国際性の8つの企業としての価値観を表現しているらしい。大きな円は健康のシンボル太陽。そこを他の7つの要素が横切ることで社会の協調を表現しているとか。

三島の思いは今 何処にありや

企業も商品も、創業者の思いとはまったく別方向に進んでいくものであることを見せつけられた一例かもしれない。万事流転する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 6日 (木)

今日(7月5日)は 天台僧 源信師の千周忌 阿弥陀浄土への純粋な信仰者

今日(7月5日)は何の日?
天台僧 源信の忌日 (太陽暦に換算) 
「今日2017年(平成二十九年)7月6日は源信の千周忌に当たる」

今日からちょうど千年前の1017年7月6日(旧暦寛仁元年六月十日)、天台僧で、阿弥陀信仰が深かった源信が数え76歳にて遷化。阿弥陀如来像の手に糸を結びつけ、その先を自らの手に結び、合掌しながら入滅したという。

Img_autumn06

源信は、比叡山中興の元三大師良源の弟子であった。村上天皇より法華八講の一人に選ばれるほどの俊才であった。しかし、信仰心篤き母の諌めもあり、横川の恵心院に篭って、ひたすら阿弥陀信仰の道を極めるようになる。師匠の良源が死の床についた時、源信は『往生要集』の執筆にかかった。良源が示寂した翌年、脱稿する。その真摯な阿弥陀信仰の姿勢を高く評価され時の権力者の内覧左大臣藤原道長からも帰依を受け権少僧都を受けたが、翌年には辞している。恵心院の権少僧都となったことで恵心僧都とも呼ばれるようになる。

Anichiji_09

『往生要集』は浄土宗や浄土真宗の教書でもあるが、書かれている内容は単純な称名念仏ではない。観想念仏が非常に重要視され、浄土教として天台宗から独立しようとしたいとはまったく見受けられない。源信は、むしろ止観業や遮那業といった天台の教えの延長線上に浄土教を置き、それに専修していた。

『往生要集』は地獄極楽や欣求浄土厭離穢土を平安の世に広めることになる。平安中期から阿弥陀浄土信仰が急速に広まった一因でもある。また北宋(中国)に逆輸入された貴重な一緒でもある。

10035625444_ba3949a81c

結果的には、この書に触発された法然上人や親鸞聖人とその弟子たちが浄土教を大成させていき、またその他の各宗派に多大な影響を与えたのは間違いない。念仏と密教を両立させる動きもあったほどである。

源信の戒名の一文字である「源」の字は、法然上人の戒名である源空、その師匠である源光、また尾張徳川家の代々の戒名にも源(浄土宗であり源氏であることも意味しているか?)の一文字を使っていることは興味深い。

今日は源信の千周忌。「南無阿弥陀仏」の称名念仏をしっかりとお唱えし、源信の純粋な信仰を感じてみようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月25日 (日)

今日(6月25日)は何の日? ニューエイジサイエンスの旗手の一人ライアル・ワトソンの忌日 「感性の生物学者」

今日(6月25日)は何の日?

ニューエイジサイエンスの旗手の一人ライアル・ワトソンの忌日

「感性の生物学者」

2008年6月25日オーストラリアを訪問中の生物学者ライアル・ワトソンが逝去した。彼は『スーパーネイチャー』『生命潮流』などで名を馳せたニューエイジサイエンスの旗手の一人である。

Lyall_watson
彼には個人的な思いがある。昭和61年(1986年)秋、我が師匠松長有慶先生が中心となって高野山にニューエイジムーブメントの旗手三人が集まった。コリン・ウィルソン、フリッチョフ・カプラ、そしてライアル・ワトソンの三人である。私は当時、高野山大学の学生。師匠に命じられ、別々の日だったがフリッチョフ・カプラとライアル・ワトソンのお二人に高野山の奥の院を案内した。

そのときのワトソンの言葉を今も思い出す。
I feel I feel
彼は奥の院の参道の途中で立ち止まって、両手を広げ、全身全霊で高野山奥の院の霊気を受け取っていた。御廟に近づくに連れ、より強くその行為を繰り返していた。面白い学者だと思った。御廟では合掌をし、私と一緒に祈りを捧げていた。何を祈ったのかと訊いたら「Secret」と笑った。地下法場では何故か身をかがめ、そして共に祈った。帰りもまた手を広げ、一の橋まで歩いていった。とても陽気な人だったことを覚えている。
彼の著作をそれまでに読んでいた。学問的には疑問符がつくことがたくさんあった。ところが彼と触れ合うまでの感想と、彼と共に奥の院に赴いてからの本への感想は大きく変わった。そのときに、「私の研究(学問)は、自分が感じているものを追うものである。」と彼は教えてくれた。彼が表現したかったのは学問ではなく真理の追求であることを知った。
もちろん彼のいう「百匹目の猿」「グリセリンの結晶化に関する都市伝説」など学問的には問題がある。しかし、その事実誤認よりも、彼の追い求めるもののほうが大切であることを知ってからは、彼の本は全く異質なものへと変化していった。彼のそのアプローチは、その後の私の考え方に大きく影響を与えてくれた。

その彼が平成20年(2008年)に亡くなった。新聞に小さなニュースが載っていた。私は一つの時代が過ぎ去ったことを改めて知った。あのときの思想的な実験を次に繋いでいきたいとその時感じた。

21rh1n2t3rl

その翌年の平成21年(2009年)6月25日は、チャーリーズエンジェルのファラーフォーセットと、マイケルジャクソンが亡くなっている。彼らについては、何かの機会に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月25日 (火)

今日は何の日 4月26日 合気道創始者の植芝盛平翁の忌日 「精神的な境地が技に現れる」

今日は何の日?

テーマ「精神的な境地が技に現れる」
人物「合気道創始者の植芝盛平」

昭和44年(1969年)4月26日のこの日、合気道の開祖 植芝盛平 が逝去した。

自然宇宙との「和合」「万有愛護」を実現するような境地に至ることを理想とした。合気道の技を通して対立を解くことを目指し、「精神的な境地が技に現れる」と説いたという。

植芝は、小柄であったにも関わらず、大柄な人でさえ投げ飛ばし、彼の技は「神技」とさえ言われた。様々な武術を学び、そこから相手の技を応用する合気道を編み出し極めていく。柔道の嘉納治五郎とも親しく交わり、大本教の出口王仁三郎、南方熊楠、山本権兵衛、五井昌久などとも交わった。老齢になっても無類の強さを発揮し、半ば「不世出」と伝説となっている。

植芝盛平の技はyoutubeでも見られるし、彼の言葉は幾つもの著書でも拝見できる。その内容は、まさに精神性の深みを実感させられる。私は僧侶であるがゆえに武道は行わないが、もしも僧侶になる前の若いときに武道を選ぶことが必要であったのならば、合気道を選んだと思う。精神性を人体に発現した人物であることは間違いない。

「精神的な境地が技に現れる」このことばは、様々な分野に通じる言葉。

「精神的な境地」が「言動」「所作」「声」「技術」「見た目」に現れる。

今日は植芝盛平の言葉を噛み締めてみたい。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、あごひげ
画像に含まれている可能性があるもの:1人、クローズアップ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月17日 (金)

今日は何の日?3月17日「ダライ・ラマがチベットから脱出した日です」この出来事を内面化させたいと思います。

今日は何の日?3月17日。

1959年、チベットからダライ・ラマ14世が脱出したのが、この日です。どんなに正当性を訴えたところで、当時の中国共産党がしたことは侵略に他なりません。チベットという隔離された場所で、独自の仏教文化を営んできたチベットを占領し、それまで住んでいたところへ大量の別人種を送り込み、結果的には現在のチベットでは独立けできないような状況にしてしまっています。本当に悲しむべき出来事です。

この出来事から学ぶべきことはたくさんありますが、その中でも、自分の素朴な心が周りに溢れた物で侵略されていないかどうかを見つめるのも大切なことのように思います。チベットの人々の尊き犠牲を自分の内面にも生かしていたいと感じています。

今日は知多の岩屋寺さんのお手伝いに来ています。チベットのことも見つめながら、チベットの人々にとって、そして日本にとって良き道がこれから示されることを深く祈ろうと思います。
Img_1161


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 3日 (火)

「今年は何をするのかを 見極めるには?」元日に遺書を書く

「今年は何をするのかを
見極めるには?」

かつて高野山では
お正月に住職たちは遺書を書いたという

私も高野山真言宗所属の密教僧として
今、遺書を書いている

今年のこれからの自分を
見つめることに
とても役立つ

生も死も
思うようにならないからこそ
見つめる機会もまた必要

何をせねばならないのかを
何を言い残すのかを
見極めることもできる

昨年と、実父が逝去したために
新年のお祝いは遠慮せねばならない故に
そうした身だからこそ
遺書のことを記させていただいた

何かを感じていただけたら
幸いである

自動代替テキストはありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧