2016年12月22日 (木)

徳川宗春がついにドラマに  CBC『金の殿 ~バック・トゥ・ザ NAGOYA~』宗春が現代に現れた

徳川宗春がついにドラマに

CBCテレビ『金の殿 バック・トゥ・ザ・NAGOYA』

1月13日 23:40(14日00:40)~

五週連続

脚本は

土橋章宏(『超高速!参勤交代』・『超高速!参勤交代リターンズ』など)

宮沢みゆき(『クローンベイビー』『シマシマ』など)

実は私は監修で番組ではクレジットされます(^^;

徳川宗春が
将軍吉宗から拝領したタバコをキセルですうと
現代にトリップ。
そこで家老の星野織部の子孫の女子高生と
現代名古屋を体験
それを主著でありマニフェストである
『温知政要』に活かして記す
そんな奇想天外な内容です。
それでも伝えたいことを
しっかりと『温知政要』に乗せていますので
なかなかおもしろいものです。

東海地区限定の放送ですが
ひょっとしたらネット配信もされる可能性もあります。
CBC放送は日本に最も古い民報で
その60周年記念の作品。
名古屋地域の人々だけで作った
ローカル作品ですが
内容は全国の地方に向けてのメッセージ。

普遍的な内容を
ローカルで活かす!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 9日 (土)

高野山徳川家霊台

五月八日九日に、高野山団体参拝。
その際に、私たち夫婦が泊まった部屋は
徳川家霊台の真ん前でした。
11009170_10205418035362031_49232897
思えば、この南院で修行中は
この徳川家霊台の向かって右下の部屋に居て、
毎日拝んでいました。

そのときは、
まさか徳川家を研究するとは
思ってもいませんでしたが(^^)
徳川家霊台に行くと、
ちょうど御霊屋が開扉されていました。

秀忠公のお位牌はじめ幾つかのお位牌が
秀忠公廟に置かれており、
阿字が各お位牌に記されていました。
鳥居はありません。
11265248_10205418035202027_79451008
鳥居のある御霊屋は
家康公こと東照大権現の御霊屋。
中のお位牌には
バイという薬師如来の種子が記されていました。
東照大権現は薬師如来が神として顕現されたもの。
国家鎮護の薬師と東方が意味に重ねられています。
家光公のお位牌もこちらに祀られていました。
11238974_10205418032841968_72038925
権現とは、
如来や菩薩が衆生済度のために
仮に神の姿で現れたもの。
大明神という単なる神ではなく、
慈悲に満ちた権現とした
天海僧正の卓見には驚かされます。
そういえば徳川家にはもう一人権現さまがいます。
山王権現とされていますが、
別名は孚式権現。
孚式とは尾張7代藩主徳川宗春卿のこと。
徹底的に庶民に対する慈悲に満ちていた人物。
死後、五十年を越えて、
普通の精霊から、権現となりました。
そして私は彼の研究者です。
いろいろなことに想いをめぐらして、
私は徳川家霊台で祈りを捧げたのはいうまでもありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月16日 (水)

遊歩和尚のつぶやき「組織の目的って何?300年ほど前に徳川宗春公が藩士たちに警告していたこと」

遊歩和尚のつぶやき「組織の目的って何?300年ほど前に徳川宗春公が藩士たちに警告していたこと」

今日の午前中はある組織への加入のお誘いを受けました。午後には既に属している組織からの通達事項がありました。一日を振り返り、ふと感じたことがああります。

主婦というオリジナルカテゴリーを持つ女性はそうでもないのですが、男性の多くは組織に属することを望むことが多いようです。

政治でも国や党や派閥に属し、宗教でも宗団に属し、会社や公共団体という組織、組合という組織、町内会という組織。とにかく色々と考え組織を作っています。

それは独りではできないことを組織的にすることに便利ならしめるためであり、より効率的に、互いに助けあうためのものであるはずです。ですから組織は、時には大いなる力を発揮します。

しかし、この組織も硬直化するとどうなるかというと、個人を縛り上げ、本来の目的とは全く関係のない組織の維持という別の論理が飛び出してきます。そうなると本来の組織を作った目的は後退し、逆に個人を苦しめたり、他を支配するために便利なものへと変貌していってしまいます。権力闘争が生まれ、組織としての最初の目的は失われてしまいます。

しかしその組織を本来の姿に戻そうには、力も知恵も、相当なものが必要です。独りや少人数では到底できることではありません。改革をするためにと、最初のうちは良き思いで進んでいくのですが、権力を得るたびにその思いは現実に押しつぶされていき、いつのまにか自分は自分が批判してきた人々よりもより一層硬直化した考えになってしまうもの。

それを尾張七代藩主徳川宗春公は『温知政要』というマニフェストで
「世間の様子をよくよく考えてみると、どんなことでも用いられるべき人がまだ志を得ずに役職にも就かない初めの頃は”私が事を執り行なう役職に就いたのならば、上のためにも下のためにも全てのことで滞る事なくうまく仕 事をしてみせるのに”と、心に思い口にも言って、もどかしいように言うのだが、その職に就くやいなや今までの心とは大きく異なり始め、自分が笑い謗ってきた人たちと少しも変わらなくなってしまい、かえって今までの同輩の人たちを引きずり落とすようなことばかり考えるようになることが必ずと言って良いほど起こってくる。皆が皆、私欲の卑しい心から考え方が変わってしまうからである。それと同じように既に上に立っている者も、最初は物珍しいこともあって世間から”賢い方”と言われたいので随分と慎み深く行ってはいるが、後には徐々に退屈な心が持ち上がって政務も都合次第で動くようになり、理由もなくだらしなくなる。秦の始皇帝は 天下を統一できたくらい人に畏敬されるような人であったが、おごりたかぶり勝手な振る舞いをするようになり、最後にはとても愚かにも長生不死の薬を求めるようになり、ほんの僅かな年数で滅んでしまった。その他にも漢の武帝や唐の玄宗なども始めのふるまいと後のふるまいとでは大きく違うようになってしまった。だからこそ最初の考えや工夫も志が半ばにもならないうちに必ずくじけるように見える。慎み畏れ心せねばならないことだ。だからこそ古き偉人は”始めは必ずあるが、よく終わることは少ない”と戒められたのだ。」(現代語意訳)
と述べています。
尾張藩62万石、実質上は100万国を超える組織に属しているからこそ感じるものなのでしょう。また600万石の幕府の組織の硬直化を間近に見ていたからでもありましょう。

自分自身が、批判される立場にならぬよう、今後も自戒していきたいと強く感じさせられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月24日 (月)

拙著『徳川宗春 <江戸>を超えた先見力』(風媒社)出版祝賀会・・・報告(2)江戸時代の色を座席の名前とする

平成26年2月15日、ウェスティンナゴヤキャッスルで
拙著『徳川宗春 <江戸>を超えた先見力』(風媒社)出版祝賀会。
各テーブルは江戸時代の色を使いました。
緋色(ひいろ)
江戸(えど)紫(むらさき)
猩々(しょうじょう)緋(ひ)
浅葱(あさぎ)色(いろ)
鬱(うっ)金色(こんじき)
憲法(げんぼう)色(じき)
路考(ろこう)茶(ちゃ)
藤色(ふじいろ)
常磐(ときわ)色(いろ)
銀(ぎん)鼠(ねず)
鴇(とき)色(いろ)
納戸(なんど)色(いろ)
0008_large
江戸時代の色を要望したところ
これらの提案してくださったのは宮本真由美さん
カラーコーディネイター。
実に我が意を得たり。
どれも宗春公と何らかの関わりのある色でした。
この場を借りて、深く深く感謝します。
この色使いのような細かい作業は
気づく人の心をとても動かすもの。
この色が出てきた時の私の嬉しさ、表現ができないほどです。
作者の宮本さんが提出していただいたものの中から
12種類を使用させていただきました。
その理由を以下に記します。
0004_large
緋色(ひいろ)・・・いわゆる僧侶の最高位が用いる色。管長猊下の着かれたテーブルでしたから。
江戸(えど)紫(むらさき)・・・紫は冠位十二階でも最上位にあるもの。今回は官職である政治家の方々をこの色にしました。
猩々(しょうじょう)緋(ひ)・・・宗春公が御下屋敷(おしたやしき)に遊びに出かけた時に、頭にこの猩々緋色の頭巾をかぶったという記録があります。緋色よりも鮮やかな朱色です。
浅葱(あさぎ)色(いろ)・・・宗春公時代にもっとも流行った色でおしゃれな色と言われていました。宗春公もこの浅葱色の頭巾を何度もつけています。
鬱(うっ)金色(こんじき)・・・いわゆる金色です。名古屋城は城で持つ・・・金鯱・・・それと僧侶の袈裟の色。勉強会の僧侶仲間の席でした。
憲法(げんぼう)色(じき)・・・京都の剣豪吉岡憲法が染めた色と言われています。宗春公が参勤交代で名古屋から江戸に下向する時、一行の衣装や道具にいたるまで、この憲法小紋にしたという記録があります。
路考(ろこう)茶(ちゃ)・・・二代目瀬川菊之丞の愛した色と聞いています。彼の養父である初代が、宗春公が梁川藩主から尾張藩主時代に一世を風靡した女形でした。
藤色(ふじいろ)・・・朝廷で高貴な色として好まれた色。尾張藩と朝廷は深い縁で結ばれていました。宗春公の隠居は幕府と朝廷の対立が引き金となったというのが私の見解です。
常磐(ときわ)色(いろ)・・・永遠に変わらないものの象徴。江戸時代の街道には松がたくさん植えられており。参勤交代の途中の景色は松並木が多数目に入ったと考えられます。
銀(ぎん)鼠(ねず)・・・ねずみ色にはいろいろな種類がありますが、銀鼠は比較的明るい色です。江戸時代、鼠色はおしゃれな色として流行しました。
鴇(とき)色(いろ)・・・特に若い女性の小袖の地色として用いられた色のようです。朱鷺の羽の色。江戸時代は日本全国に飛んでいた朱鷺(=鴇)。
納戸(なんど)色(いろ)・・・納戸役とはいわゆる藩主の裏方に当たりました。そこで今回はこの席をスタッフ席とさせていただきました。
この色使いはとても気に入っています。
今後も色々と使ってみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月21日 (金)

拙著『徳川宗春 <江戸>を超えた先見力』(風媒社)出版祝賀会・・・報告(1)式次第

平成26年2月15日、ウェスティンナゴヤキャッスルで拙著『徳川宗春 <江戸>を超えた先見力』(風媒社)出版祝賀会が開かれた。

式次第は以下のとおり。
(1)著者入場
(2)著者講演
(3)総本山金剛峯寺座主松長有慶高野山真言宗管長猊下祝辞
(4)徳川黎明会会長尾張徳川第二十二代当主徳川義崇様祝辞
(5)南山大学教授安田文吉先生乾杯
(6)歓談食事
(7)元内閣府特命担当大臣古川元久代議士祝辞&『温知政要』贈呈
(8)尾張徳川家総菩提寺建中寺村上真瑞御住職祝辞
(9)尾張藩附家老家成瀬隼人正家のご分家成瀬朝香さんの巫女舞
(10)祝電披露
(11)古着物披露
(12)柴田圭一郎さんの大道芸傘回し
(13)河村たかし名古屋市長様への請願書&祝辞
(14)大村秀章愛知県知事様へ書籍贈呈式&祝辞
(15)祝賀会事務局代表し北川リツ挨拶
(16)退場
0002_large 0003_large 0012_large
次回は(2)著者講演

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月14日 (火)

尾張と紀州(1)菩提寺

先日、尾張徳川家の総菩提寺である建中寺を訪れた。
二月十五日の拙著の出版記念祝賀会と
三月二十二日に講演をさせて頂くこともあり、
打ち合わせがあったからである。
昨年末、建中寺さんは
紀州徳川の菩提寺である「長保寺」を訪ねられたそうである。
尾張と紀州の菩提寺。
それぞれが宗派が異なっていた。
尾張は浄土宗、紀州は天台宗であった。
徳川宗家も、歴代将軍のお墓は
天台宗の寛永寺と、浄土宗の増上寺に分かれている。
その二つの宗派を、徳川宗家だけでなく、
御三家の尾張と紀州が支えていたのである。
ちなみに水戸家の歴代当主は
瑞龍山に儒教式に祀られ、菩提寺は存在しない。
江戸時代、尾張藩と紀州藩の役割の面白さを最近知りつつある。
次回は 尾張と紀州(2)家康の伊賀越え

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月25日 (木)

打ち上げ花火の本来の意義と 昨晩の偶然の一致

偶然の一致の花火のこと。

高野山での輪読会で、花火の話をした。日本で最も有名な

隅田川の花火。享保二年のものは、宝永噴火や水害で亡く

なった方々の供養であり、享保十八年の打ち上げ花火は蝗

またはウンカの害で餓死者が二十万人を超える被害があり

その供養のため。つまり、日本の打ち上げ花火は、地上の

亡くなった魂を天に戻すためであり、天に灯明を灯すため

のものである。そんな話をさせていただいた。

帰り道、参加者の一人と寄り道で話が長引いて少し遅い時

間に。いつもと異なる道で帰路に。信号で停止すると目の

前に打ち上げ花火。思わず写真。慌てたためにぶれてしま

ったが(^^;;。
この偶然の一致に深く感謝した。そして花火を見ながら車

を転がし、多くの生命の供養になりますようにと、祈りを

捧げた。


1012712_10200895354057825_962747585

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月12日 (火)

神仏共に・・・二つの異なるものの和合・・・偶然の一致の折り重なり

題:神仏共に・・・二つの異なるものの和合・・・

昨日の311はちょうど14時46分18秒に
天河弁財天に居ましたので、

カミさんと二人で拝殿で祈ろうと思っていました。
すると宮司さんの若さんが出てこられ、
「今から祈る所です」とおっしゃられ、
偶然にも一緒に祈ることになりました。
最初は神式の祈り、
最後は般若心経と弁財天真言、大師宝号、そして玉串。

少し話が変わりますが
最近、ある大学の名誉教授とお話していたのが
東北の地の鎮魂慰霊に何がもっともよいかということを
色々と検討していました。
その中で、宝筐院陀羅尼が最も大切であると意見が一致。
最近は、宝筐院陀羅尼を毎日お唱え続けていました。

もう一つ話が飛びますが
尾張七代藩主徳川宗春を研究していて
彼の隠居謹慎の引き金は
南北朝問題であったことが見えて来ました。
宗春の時代に、南北朝問題をめぐって
京都所司代が入れ替わるなど
朝廷と幕府が対立していたのです。
南北朝問題は、江戸時代を通し
明治維新、明治時代にいたるまで
日本の中でも大きな深い傷でした。

ここで話を徐々に戻していきます。
宗春のこともあったので特に南朝には気をつけていました。

南北朝時代、南朝方は東北と縁の深い方々が居られました。
南朝方の後村上天皇も皇子時代に東北に居られたほどです。
そうしたこともあり、また時間的な制約もあったので
昨日の311は東北ではなく
南朝に深い縁のある吉野から西吉野に出かけ
各地で祈りを捧げて来ました。
そこで時間的にちょうど天河弁財天に居たのです。
宮司さんの若さんと一緒に祈りを捧げ、
その後に南北朝に関する会話をしました。
すると、天河弁財天の裏に南北朝の和合の慰霊塔として
宝筐印塔を建ててあるとおっしゃられたのです。
愕然としました。
この時私は宝筐院陀羅尼について何も述べていませんでした。
偶然の一致でした。

その場所に向かい、
宝筐印塔の確認を取り祈りを捧げて来ました。
写真はその宝筐印塔と説明板です。
Hokyointo01
Hokyointo02

二つの異なるものの和合
ここに大きな意義を見出しました。
先の名誉教授と電話でやり取りし
ロゴスとハーモニー、これが大切なテーマであることも確認。
深く物を思わせられた天河弁財天でした。

(大きく飛ぶ別の話があり、別稿で記します。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月22日 (火)

江戸時代 知らないことがいっぱい

江戸時代の研究をし始めて知ったことが幾つもあります。

江戸時代の「てんのう」とは、「スメラミコト」つまり「天皇」で

はありません。殆どの場合が「天王」つまり牛頭天王のことで厄神

様のことでした。明治維新により、天王が破却または改名させられ

た例が少なくありません。

江戸のグランドデザインを施した人物、天台宗の天海です。目白・

目黒などの五不動を配置し結界を張りました。また日光や寛永寺も

鬼門封じです。東海道五十三次も華厳経の入法界品の善財童子が学

んだ師匠の数にしたがったものにしています。江戸城から民間にも

広がった五節句も天海が決めたものだそうです。この五節句は厄を

封印して善きものを導き出す行事。明治維新により天海が作り上げ

た結界や厄封じは全て解かれてしまっています。

江戸時代の大名は基本的に何をしていたのか。政務は家老たちとの

合議ですが基本は家老が摂っていました。では大名の役目は何か?

一つは血を繋ぐことです。親戚同士の結婚は当たり前で、むしろ親戚同士で結婚をしていたと言っても良いと思います。まるで英雄であった先祖の地を色濃く残したいという思いがあるようにさえ感じます。公家との婚姻も相当なもので、系譜を作るとその複雑さにびっくりするほどです。大名のもう一つの仕事は祭祀です。五節句や嘉祥頂戴・玄猪などの儀式を司り、先祖礼拝をする。一年ぽうちほとんどが祭祀祭礼を行なっているのはあまり知られていません。

天海の影響もあり、天皇に連なる法親王が日光東照宮輪王寺の門跡

となり、江戸時代の僧侶のトップであったことは意外と知られてい

ません。その輪王寺の門跡が上野東叡山寛永寺の貫主を兼務し、輪

王寺宮と呼ばれ、普段は寛永寺に住居し、多くが天台宗の座主でし

た。そして江戸時代の大罪人の赦免を願い出ることができる唯一の

存在だったそうです。これは江戸時代の常識なのですが、受験で日

本史を学んだ人でもこれを知っている人は多くないと思います。一

部のマニアや学者のみが知っていること。

日本史では大名を、親藩・譜代・外様と分けますが、江戸城内でそ

のように分けられた例はほとんどありません(少なくとも私は披見

していません・・・)。前田・島津・伊達・浅野・池田・黒田・島

津・毛利・鍋島・蜂須賀・山内などの大大名に関しては、江戸時代

の公式記録『徳川実紀』の中では全て松平姓として記録されていま

す。多くが、将軍家や御三家・さらには福井や会津・高松等の徳川

親藩家と婚姻を結んでいることも注目に値します。しかし、学校の

歴史の中ではこうしたことは教えられません。

江戸城内での格式は、基本的には家柄よりも官位で座る位置が決め

られていました。どの部屋の何枚目の畳に座るのかも、官位によっ

て決められていたのです。この武家官位は公卿の羽林家という家柄

に準じて昇位します。この官位を理解するのに少し時間がかかりま

す(^^;そのためか官位に手を出す学者はそれほど多くはありま

せん。

ここに載せたのはほんの一部。お餅はひと月ひと月でいろいろな種

類のものがあったとか、そのほか江戸時代の常識は今ではすっかり

失われてしまいました。もちろんあのような身分制度のはっきりし

た時代は問題がありますし、不自由な点も多々あります。明治維新

によって解放された面も少なくありませんが行き過ぎて大切なもの

まで捨て去られたことも忘れてはならないように感じます。

江戸時代を学び、明治維新で捨て去られた大切なモノを取り戻す、

どうもそれがしばらくの私のテーマのようです。あ、もちろん学者

ではありませんので、実践第一主義で行きたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月19日 (金)

高野山奥の院で、一昨日と関連ある廟所に導かれる

Img_1407s 高野山に行く。いつもの勉強会。その前に奥の院に参拝。まずは奥の院の御廟の前は人で一杯。祈ることも殆どできない状態。案内人にもう少し気を使ってもらいたいなぁと思う。燈籠堂の地下法場に行くと一人しか居ず、ゆっくりと祈りを捧げられた。その帰り道、皇室の廟所で祈りを捧げる。今、宗春の研究で最も注目している霊元法王の供養塔が中心に、その後ろに桜町帝。しっかりと祈りを捧げる。そしてどこかわからないが、尾張藩の廟所があると聞いていたので、何気なく探すように見ていたら、とても気になる五輪塔。その立て看板を見てみると、よく見えない。もしかすると・・・雨で足元は乱れていたが、

Img_1411s
近くに寄ってみると、伏見宮廟所の隣に、尾張徳川家廟所と。おおお・・・導かれたぁ(^^)これもすごい偶然で、しかもピンポイント。自分自身でびっくり、一緒に居たカミさんも驚く。ゆっくりと祈りを捧げて、五輪塔の主を見ようと近づくが、足元がぬかるんで・・・それでもと思い近づいて読んでみたら、尾張初代藩主徳川義直卿の実母相応院(お亀の方)の墓所。えええええ!竹腰家の祖の竹腰正信は義直の異父兄。つまり竹腰家は、相応院の子孫。一昨日に、犬山でお亀の方の子孫(竹腰家)の方と不思議な場所でお食事したばかりで、またもやこんな・・・。何かに導かれている・・・あらためて強く実感。深く祈りを捧げる。
Img_1409s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧