« 踏切で老婆が立ち往生 その時 | トップページ | 元号 令の漢字の使い方を知らない人の批判は、悲しくなってきます。もっと事例を勉強すべし!令和は、「佳き和」で、良い名です! »

2019年3月 7日 (木)

気比神宮 再訪

福井県敦賀市の氣比神宮を訪れた後にある会合に参加しました。同じテーブルに偶然にも氣比神宮の総代さんお二人。
昨日まで生活と密着した神様と単純に理解していましたが、七柱おられることを教えていただきました。八幡神も含まれています。
真言宗の根本道場東寺の一つは鎮守は八幡さまです。一方で高野山は四社明神を祀り第三柱を氣比明神としますが、この中に八幡神抱えているのはなかなか面白いなぁと感じさせられました。
今日は氣比明神に導かれた、そんな感じを受けました。

|

« 踏切で老婆が立ち往生 その時 | トップページ | 元号 令の漢字の使い方を知らない人の批判は、悲しくなってきます。もっと事例を勉強すべし!令和は、「佳き和」で、良い名です! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気比神宮 再訪:

« 踏切で老婆が立ち往生 その時 | トップページ | 元号 令の漢字の使い方を知らない人の批判は、悲しくなってきます。もっと事例を勉強すべし!令和は、「佳き和」で、良い名です! »