« できる人とできない人の差は、できる人は自分にできることをし、できない人は自分にできないことばかり目を向けて出来ることをしない | トップページ | 伝統を重んじながらも その組織が衰退しているということは その伝統の重んじ方に 何か問題があるということ。 痛みが伴っても 前進するためには 時には伝統に固執することなく あり方を見直さねばならない。 »

2016年4月11日 (月)

徳川美術館 ひな人形展 お内裏様とお雛様の位置、気づかれましたか?これほ江戸時代の雛人形の飾り方ですので、本来の位置です。

お内裏様とお雛様の位置、気づかれましたか?これほ江戸時代の雛人形の飾り方ですので、本来の位置です。

12998564_10207727976069105_80325238

10日の日曜日に徳川美術館に行ってきました。9日が旧暦の雛祭りでしたので、この日まで開催されたようです。本来の祭わら考えたのはさすがです!

中は写せなかったのですが、すっごーいとしかいいようごない雛人形の数々。段飾りも、京雛では本来は三段だとか。7段飾りは江戸で流行ったものだそうです。しかし、江戸中期までは、一対で一段です。

高家寺は頑なに季節の行事を旧暦で行っています。まだまだ未完成なところもありますが、この雛人形展を観て、改めて本来の季節の行事を続けていこうと感じました。

|

« できる人とできない人の差は、できる人は自分にできることをし、できない人は自分にできないことばかり目を向けて出来ることをしない | トップページ | 伝統を重んじながらも その組織が衰退しているということは その伝統の重んじ方に 何か問題があるということ。 痛みが伴っても 前進するためには 時には伝統に固執することなく あり方を見直さねばならない。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/63510352

この記事へのトラックバック一覧です: 徳川美術館 ひな人形展 お内裏様とお雛様の位置、気づかれましたか?これほ江戸時代の雛人形の飾り方ですので、本来の位置です。:

« できる人とできない人の差は、できる人は自分にできることをし、できない人は自分にできないことばかり目を向けて出来ることをしない | トップページ | 伝統を重んじながらも その組織が衰退しているということは その伝統の重んじ方に 何か問題があるということ。 痛みが伴っても 前進するためには 時には伝統に固執することなく あり方を見直さねばならない。 »