« アメリカ人が信じる日本人を、私も日本人として信じています。 | トップページ | 茄子料理から教えられる »

2015年9月26日 (土)

まずは身近な法事をできる限り大切にしたいものです。

今日はお檀家のお茶の先生のお子さまの十七回忌。突然の娘さんの逝去で、あの時の先生は居た堪れませんでした。
その時のことを思い出しながら懇ろに追福菩提の法事をおこない、そのあとはお斎。美味しくいただきました。
ご家族との対話、こうした機会が最近めっきり減ったと言います。葬式だけで終わりというものも少なくありません。
故人の見える肉体の命は亡くなっても、見えない命をそれぞれの中で活かしていくのは残された子孫や親戚・知己のつとめではないかと思います。
先人たちが先祖供養の法事を綿々と続けてきたのも、意味があるなぁと最近はよく感じます。
明治や戦後になり、面倒だからと端折ってきたものの中に大切な宝は少なくないのではないでしょうか?
まずは身近な法事をできる限り大切にしたいものです。

|

« アメリカ人が信じる日本人を、私も日本人として信じています。 | トップページ | 茄子料理から教えられる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/63405541

この記事へのトラックバック一覧です: まずは身近な法事をできる限り大切にしたいものです。:

« アメリカ人が信じる日本人を、私も日本人として信じています。 | トップページ | 茄子料理から教えられる »