« 平成二十七年節分 厄除  | トップページ | 昭和の時代の匂い »

2015年2月13日 (金)

名古屋の栄文化センター 季節の行事 二回目の講義

名古屋の栄文化センターでの連続講義第2回目。
春彼岸と、雛祭り、端午の節供のお話をしました。
誰もが知っていながら、誰もがその本体を知らない行事。
目を白黒させていた方もおられました。

春の彼岸は、お墓まいりと漉餡の牡丹餅を。
雛祭りは、本来は冬の穢れを流す行事。
髪の毛を洗うと良いですよと。

端午は女性の日。
また梅雨の前に梅雨を無事に越せるように菖蒲で清める日と。
蓬を使った料理があればなお良いと。

自分でいうのはなんですが良い講義ができたと思います(^^
今回も講義の最後に拍手をいただきました。

感謝!

|

« 平成二十七年節分 厄除  | トップページ | 昭和の時代の匂い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/61537099

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋の栄文化センター 季節の行事 二回目の講義:

« 平成二十七年節分 厄除  | トップページ | 昭和の時代の匂い »