« iPhone水没 でもおかげで・・・ | トップページ | 三月の雪・・・・まさか・・・ »

2015年2月26日 (木)

人日に季節の行事を思う

春のエネルギーが出始めた直後の旧暦の人日、
つまり旧暦の七日正月に七草粥を食べてみると、
何故これを食べるのかが実感できます。

最近は
工場製の七草を
冬のエネルギーご満ちる前に
食べることが多いようですが、
これでは七草の持つエネルギーは
皆無に近くなってしまいます。

やはり、大地に育った七草を
春のエネルギーが
芽生え始めたこの時期に食べてこそ、
七草の持つパワーを
内に取り込むことができるように感じます。

形式に堕さない
季節の行事の復興の必要性を
強く強く感じます。

形式の凄さと、
逆にそれにとらわれてしまう恐ろしさを
今はとみに感じます。

季節の行事は
日本オリジナルの
世界に誇れるものがたくさんあります。

少なくとも江戸時代は
この季節の行事を中心に、
経済さえも回り、
皆が生きていたのですから。

|

« iPhone水没 でもおかげで・・・ | トップページ | 三月の雪・・・・まさか・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/61540141

この記事へのトラックバック一覧です: 人日に季節の行事を思う:

« iPhone水没 でもおかげで・・・ | トップページ | 三月の雪・・・・まさか・・・ »