« 小学生以下のお子様を持つお母様に。失敗した時こそこどもをも自分をも笑顔で抱きしめてあげてください | トップページ | 剣道に誘われ、お断りした。その時に思い出したことがある。新藤五國光。妄想が妄想ではなかった。 »

2014年10月17日 (金)

イヴェントごとでは、テクニックに溺れることなく真の目的を忘れたくないものです。若き大道芸人に教えられたことです。

昔々、といっても10年ちょっと前のこと、知人である一人の若い女子大生が大道芸を始めました。毎年毎年、節分で芸を披露してもらうことにしました。毎年新たな技で、進歩の姿を魅せてくれました。

その技術よりも大切なことを、彼女ことさくらこちゃんから教えられたことがあります。芸のテクニックを磨くことも大切ではあるのですが、それ以上にお客様に喜んで頂く構成をすること、彼女はそこを徹底していました。彼女より技術のうまい大道芸人は何人も居ますが、彼女の構成力は毎年毎年抜きん出ていました。大切なのは自己満足の技術に陥ることなく、見て下さる方々を喜ばせること。今も彼女から教えられたことは、私の指針です。

残念ながら寿のために彼女はお寺の行事からは引きましたが、彼女の紹介により後を受けてくれた大道芸人Kくんは彼女とはまた違った味を出してくれました。彼女の後でやりにくかったはずですが、訪れた信者さんたちを満足させることに関して、彼もプロでした。和物も取り入れてもらい、それがお寺にピッタリ。 Kくんにもさくらこちゃんにも感謝しています。

そういえば、ローリング・ストーンズのコンサートでも同じことを感じました。前座でやった人たちは驚くほどのすばらしいテクニック。しかし、楽器の技量では数段劣るストーンズのほうが人々を魅了しました。ミック・ジャガーは、人を喜ばせることに関して徹底していたからです。これはマドンナのコンサートでも同じことを感じました。

イヴェントをする時、その真の目的は何なのか、ついつい主催者は忘れてしまいがち。その真の目的を常に心においてイヴェントの構成をしたいですね。

Kくんやさくらこちゃんは、そうしたことも教えてくれる伝道師です。 実は今日はKくんの誕生日。そこでちょっと感じたことを記させてもらいました。

|

« 小学生以下のお子様を持つお母様に。失敗した時こそこどもをも自分をも笑顔で抱きしめてあげてください | トップページ | 剣道に誘われ、お断りした。その時に思い出したことがある。新藤五國光。妄想が妄想ではなかった。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/60496751

この記事へのトラックバック一覧です: イヴェントごとでは、テクニックに溺れることなく真の目的を忘れたくないものです。若き大道芸人に教えられたことです。:

« 小学生以下のお子様を持つお母様に。失敗した時こそこどもをも自分をも笑顔で抱きしめてあげてください | トップページ | 剣道に誘われ、お断りした。その時に思い出したことがある。新藤五國光。妄想が妄想ではなかった。 »