« 拙著『徳川宗春 <江戸>を超えた先見力』(風媒社)出版祝賀会・・・報告(2)江戸時代の色を座席の名前とする | トップページ | 震災を想い、泥にまみれた自分の心に蓮の花の種を植える »

2014年2月24日 (月)

放置して人間関係を崩してしまった 一方では、新たな世界が広がる。妻に深く感謝。

最近、学ばされたことがある。
自分が駄目だと感じたことは
しっかりと伝えること。
それを放置すると人間関係まで崩れてしまう。
放置が人のオーラというか
カラーまで変えていってしまう。
ついにはもう手の施しようがない色になってしまう。
それをオブラートに包んで伝えた。
まったく伝わらなかった。
軽く紐解いて伝えた。
全然振り向いてもくれない。
かなり開いて伝えた。
逆に相手をかばう発言。
謝って欲しかったわけではない。
言い訳が欲しかったわけではない。
事実をありのままに見て欲しかっただけ。
はっきりと色のことを伝えた。
そして完全に無視。
友を失ってしまった瞬間だった。
今、反省する。
ダメなものはダメと
最初に強く主張しなければならなかった。
最初から気づいていたにも関わらず放置した。
軌道がずれてしまっていることや
目的と手段が入れ替わってしまっていることに
気づいた瞬間にはっきり言わねばならなかった。
そうすればこんな事にはならなかった。
目先の人間関係を優先したために放置したことが
とんでもない結果として返ってきた。
ただこれと平行に進んでいったこともある。
この出来事と関係をしない分野では
全く違う視野が広がった。
全く知らなかった世界の方々と
新たな繋がりが生まれた。
そしてワクワクする
やらねばならないことが現出してきた。
過去を振り返って
後悔ばかりしている暇はなくなってしまった。
今は前を向いて走るしかない。
傷ついた部分の修復は時を掛けていくしかない。
まっすぐ歩めばまた交差する日が来るだろう。
私達自身も傷つき悲しみの淵に沈んだが
今回のマイナスは大きな大きな学びとなった。
なにごとも責任をもって、
多少わがままなくらいに進めていかねばならない。
今回は、当日にわがままを通したがゆえに
事なきを得た。
そして素晴らしい物が出来上がった。
その喜びは悲しみの数倍いや数十倍に相当するほど。
影でそっと支えてくださった方々に深く感謝する。
その方々がいかに大切であるのかを再認識させられた。
そしてなによりも
陰日向で支えてくれた家内には本当に感謝している。
彼女には相当の負担を与えた。
私以上に傷つき悲しんだ場面もあったと思うが
そこから立ち直り、実に見事に動いてくれた。
そして涙の世界を払拭するくらい
素晴らしい世界を私の眼の前に開いてみてくれた。
0265_large

|

« 拙著『徳川宗春 <江戸>を超えた先見力』(風媒社)出版祝賀会・・・報告(2)江戸時代の色を座席の名前とする | トップページ | 震災を想い、泥にまみれた自分の心に蓮の花の種を植える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/59192136

この記事へのトラックバック一覧です: 放置して人間関係を崩してしまった 一方では、新たな世界が広がる。妻に深く感謝。:

« 拙著『徳川宗春 <江戸>を超えた先見力』(風媒社)出版祝賀会・・・報告(2)江戸時代の色を座席の名前とする | トップページ | 震災を想い、泥にまみれた自分の心に蓮の花の種を植える »