« 今日の感謝 2013-07-03 | トップページ | 今日の感謝 2013-07-04 »

2013年7月 4日 (木)

高野山南院 「高野の色」草木染展 日本は大量生産の国ではなくオンリーワン生産の国 ここに未来の日本の希望を感じる

7月5日から7日まで
高野山南院(浪切不動別当・徳川霊台前)の広間で
「高野の色」草木染めがご覧頂けます。
人間国違法の志村ふくみさんの作品も展示されています。
高野山の植物である
高野槙、桜、檜、欅、栗、白樫、鬼胡桃、合歓木、
うわみずさくら、蓬・・・などを用いて
染色したそうです。
おもしろいのは、どの色もネズミが買っているということ。
江戸時代はねずみ色が最もおしゃれな色とされていましたが
ねずみ色だけで100種類もあるそうです。
また草木は同じ木で同じように染めても
色は一定に安定せず
一回一回ちがう色が出るとのこと。
そこがまた日本のものの考え方。
規格統一するのではなく
一個一個の個性を見出すことを芸術の極みとします。
本来は、日本は大量生産の国なのではなく
一個一個個性を活かすオンリーワンの製品を
得意としていることを改めて知りました。
ここにこそ、これからの日本の進むべき道を感じます。
そうした考え方も直感的に学ぶことができる展示です。
日本の良さをぜひぜひ体感して下さい。
問い合わせ先は 0736-56-2534 高野山 南院(なんいん)です。
ちなみに私たち夫婦は7日にもう一度おじゃまする予定です。

|

« 今日の感謝 2013-07-03 | トップページ | 今日の感謝 2013-07-04 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/57719795

この記事へのトラックバック一覧です: 高野山南院 「高野の色」草木染展 日本は大量生産の国ではなくオンリーワン生産の国 ここに未来の日本の希望を感じる:

« 今日の感謝 2013-07-03 | トップページ | 今日の感謝 2013-07-04 »