« 今日の感謝 2013-07-12 | トップページ | 今日の感謝 2013-07-14 »

2013年7月13日 (土)

今日の感謝 2013-07-13

今日の感謝 2013-07-13

・初七日にでかけようと着替えをしていたら、ピンポーン。誰も出てくれない。わたしは裸に近い状態。またピンポーン。慌てて白衣を纏い、帯を締めながら開花に。誰も居ないの―と叫びながら台所を覗くと、カミサンは冷蔵庫に手を突っ込んだい状態。しかたなく玄関につくと宅急便。そこで受け取る。すると台所でカミさんの悲鳴。慌ててガラスで指を切ってしまったようだった。困った、お詣りに行かねばならないし、怪我はするし、カミさん自身も出かけることになっていた。万事休す・・・すぐに初七日を遅らせていただくように電話し、カミさんを病院に運び、看護師さんに受け渡し、カミさんの出かける相手に電話し、私は初七日へ。待たせてしまった方々に深く感謝。
・カミさんの怪我は指先をに針縫うほどのものであった。初七日の帰りに病院に迎えに行く。両親の掛かり付けの医者がたまたま外科出身なのでたいへん助かった。お医者様や看護師さんたちに感謝。
・カミさんを送っていく。このようなことで遅れてしまったのに上手に対応してくれたうちの別の檀家さんに感謝。
・壇信徒総代さんがお盆に来れないので、新暦のお盆でお参り。お参りののちお墓のことなどでお話していると、かつての高野山の管長猊下から頂いた書をお持ちであった。その文字「愛和」をお墓に刻むことになった。偶然にも私の書斎で私の眼の前にある書も「愛和」。こうした偶然の一致に感謝。
・総代さんのお墓をうちの信者さんが手がけてくださることが決定。お互いに納得できる形のようで、お二人に感謝。

|

« 今日の感謝 2013-07-12 | トップページ | 今日の感謝 2013-07-14 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/57804541

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の感謝 2013-07-13:

« 今日の感謝 2013-07-12 | トップページ | 今日の感謝 2013-07-14 »