« 今日の感謝 広説 2013-05-26・Kindle・恒例サンデイモーニングコーヒー・善友の丁寧な回答・カミさんの心遣い・五転門 | トップページ | 今日の感謝 広説 2013-05-27 除草剤に耐えるミツバチ・桃の実・iPhoneの不思議・食と健康・護摩木を切る »

2013年5月27日 (月)

雑感:部活の「勝利至上主義」を否定 文科省が指導指針 について

以下の記事に対する雑感です


部活の「勝利至上主義」を否定 文科省が指導指針 (日経)
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG27016_X20C13A5CC0000/?dg=1

部活の勝利至上主義ダメ…指導・体罰の区別指針
高校の元ハンドボール部のヘッドコーチであった身として、部活動の勝利至上主義否定には大いに賛同します。勝利至上主義のために切り捨てられ、学校からも見放された部活、部活から見放された個人、県全体から見放された学校など、いろいろな例があふれているのが現状です。

県から、特別強化費なるものが学校におりている限り、この勝利至上主義は抜け切らないでしょう。しかし、この費用があるから予算を気にせずに強化できるのも事実。バランス感覚が本当に大切です。

部活こそ人生だというのもあってよいでしょうが、そうした生徒ばかりではありません。大学の部活やサークルの違いのように、中学や高校にも、もっと選択肢があっても良いのかもしれませんね。そのためには一校だけで取り組むのではなく、様々な高校が共同で取り組む必要も感じます。

制度上だけで、この勝利至上主義の問題はなくならないでしょう。生徒を指導する顧問やヘッドコーチたちが、何を見ているのか・・・むしろ指導者の教育こそが急務だと思います。

この勝利至上主義は部活の問題だけではありません。最近の社会の中でも起きています。勝ち組みとか負け組みという言葉が跋扈したことじたいが大きな問題。世間は勝ち負けとは関係のない分野もいくつもあるもの。いや勝ち負けの分野のほうが、本当は少ないのかもしれません。だからときには勝ち負けがあると面白いし、勝負を見たり、まっただ中にいるときに自分を鼓舞できるのだと思います。

そうなると、これは部活だけの問題ではなく、あらゆる分野に関わる問題です。

国家百年の計、今の時代に本当に求められるのは、教師はじめ指導者の、倫理的な質の向上なのではないでしょうか?

|

« 今日の感謝 広説 2013-05-26・Kindle・恒例サンデイモーニングコーヒー・善友の丁寧な回答・カミさんの心遣い・五転門 | トップページ | 今日の感謝 広説 2013-05-27 除草剤に耐えるミツバチ・桃の実・iPhoneの不思議・食と健康・護摩木を切る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/57470887

この記事へのトラックバック一覧です: 雑感:部活の「勝利至上主義」を否定 文科省が指導指針 について :

« 今日の感謝 広説 2013-05-26・Kindle・恒例サンデイモーニングコーヒー・善友の丁寧な回答・カミさんの心遣い・五転門 | トップページ | 今日の感謝 広説 2013-05-27 除草剤に耐えるミツバチ・桃の実・iPhoneの不思議・食と健康・護摩木を切る »