« 2012年9月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年10月20日 (土)

院号道号戒名雑感

これからお通夜。
最近、戒名の上に置く道号に対して色々考えている。戒名は、出家名なのでここに俗名を入れることを私は避けている。私の名前の一文字を入れた仏教語から選定している。道号は、その人の人となりを表す言葉なので、本来は俗名を避けるべきなのだろうが、通称という説を取り入れてこの道号に俗名の一文字を入れさせていただいている。今回は三文字の俗名の方であったので、その上二つを道号とした。たまたま『金剛頂経』の中の言葉であったからだ。時代が変わり俗名が通称となってしまった昨今、字(あざな:通称)と諱(いみな:本名)が一つになってきている。あからこそ、字(あざな)にあたる道号に諱を入れるのも大切に感じている。ちなみに江戸時代は自分の諱を院号にする例も時折あった。私は院号で、その人の人となりを表すようにしている。今回は珠算が初段という方であったので、珠をとり寳珠院とさせていただいた。今後は、、院号に諱を、道号に人となりを表す通称を、という例も出てくるかもしれない。ただし、暫くは今の方針を貫き、機会があれば見なおしてみようと思っている。
私たち僧侶にとっては、何十人何百人のうちのお一人だが、死というのは人にとって一生に一度のもの。ましてや俗名以上に、その人の人生を表すのが院号道号戒名。だからこそ、時には徹夜し、経典から文字を検索し、最高の名をと思い工夫をし続けている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月19日 (金)

高野山奥の院で、一昨日と関連ある廟所に導かれる

Img_1407s 高野山に行く。いつもの勉強会。その前に奥の院に参拝。まずは奥の院の御廟の前は人で一杯。祈ることも殆どできない状態。案内人にもう少し気を使ってもらいたいなぁと思う。燈籠堂の地下法場に行くと一人しか居ず、ゆっくりと祈りを捧げられた。その帰り道、皇室の廟所で祈りを捧げる。今、宗春の研究で最も注目している霊元法王の供養塔が中心に、その後ろに桜町帝。しっかりと祈りを捧げる。そしてどこかわからないが、尾張藩の廟所があると聞いていたので、何気なく探すように見ていたら、とても気になる五輪塔。その立て看板を見てみると、よく見えない。もしかすると・・・雨で足元は乱れていたが、

Img_1411s
近くに寄ってみると、伏見宮廟所の隣に、尾張徳川家廟所と。おおお・・・導かれたぁ(^^)これもすごい偶然で、しかもピンポイント。自分自身でびっくり、一緒に居たカミさんも驚く。ゆっくりと祈りを捧げて、五輪塔の主を見ようと近づくが、足元がぬかるんで・・・それでもと思い近づいて読んでみたら、尾張初代藩主徳川義直卿の実母相応院(お亀の方)の墓所。えええええ!竹腰家の祖の竹腰正信は義直の異父兄。つまり竹腰家は、相応院の子孫。一昨日に、犬山でお亀の方の子孫(竹腰家)の方と不思議な場所でお食事したばかりで、またもやこんな・・・。何かに導かれている・・・あらためて強く実感。深く祈りを捧げる。
Img_1409s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月17日 (水)

竹腰家のお二人と会食:竹腰家が対立した成瀬家の犬山城麓にて

昨夜は、竹腰家のお二人と名鉄犬山ホテルで会食。とても有意義なお話ができました。
江戸時代の尾張藩には、犬山を治める成瀬家と、美濃今尾を治める竹腰(たけのこし)家の二つの家がありました。御附家老(おつけがろう)として尾張藩の運営を担っていて、両家とも三万石以上を領有した大名並みの家柄でした。江戸時代中頃まで両家は共に尾張藩を支えていたのですが、時代が下がり両家は互いに反目するようになり、成瀬家は朝廷側に、竹腰家は幕府側に寄るようになっていったそうです。遂には金鉄党とふいご党に別れ、虐殺さえ起きるほどに対立してしまいました。
現在徳川宗春の著述を執筆中で、その関係で竹腰家出身のお二人と会う機会を得ました。弟さんの方はロータリークラブでパストガバナーである関係で、先日のIMで出会うことができた方です。会社を起業された方。お兄さんは、犬山中央病院を作られ、今も現役のお医者様で院長・理事長をされています。
http://www.inuyamachuohospital.or.jp/index.html

これを聞いて面白い!と思われる方は歴史マニア。犬山は成瀬家の本拠地であり、今でも市民は成瀬家のことを大切にしています。その成瀬の本拠地で三十年もの間、犬山周辺の方々の命と健康を守ってこられました。鋭く対立した成瀬家と竹腰家。その竹腰家のご子孫が、成瀬の本拠地で生命と健康を守っている事実を知り、天の采配の妙を感じました。再び、初期の御附家老のお役をされているようにも感じます。
昨夜は、そのお二人と犬山城麓の名鉄犬山ホテルで、木曽川を見つめながら会食。この御縁に思わず合掌してしまいました。私の役目は、これらのことを記録し、離れていた縁を結び直し、逆縁を解いて順縁に結ぶ役のようだと、自分勝手に感じています。
人は気づいていないだけで、こうした天の差配により、実に素晴らしい縁をいくつも繋いでいる、これを実感。私が宗春卿を通して伝えたいのは、このことだと改めて感じた次第です。
— 場所: 名鉄犬山ホテル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年12月 »