« 順天堂大学 | トップページ | ボランティア雑考 »

2012年9月 2日 (日)

筆頭檀家総代の奥様の死に臨み

筆頭檀家総代の奥様が亡くなられました。江戸時代からの我が寺の総代の家に生まれられ、四女であったにもかかわらず婿を迎えて家を継がれた方でした。誇り高き努力家。この寺の復興の良き相談相手のお一人であったので、とても寂しく感じています。
今朝未明に連絡を頂いて、戒名をゆっくりと考えました。そして朝になり枕経に赴き、祈りを捧げていると全く別の戒名が浮かんできました。寺に戻り、SATで典拠があるかどうかを調べ、
http://21dzk.l.u-tokyo.ac.jp/SAT/
院号は真言宗の両部大経の一である『大日経』に、道号は釈尊のお母様の摩耶夫人(まやぶにん)について記された『仏昇忉利天為母説法経』に、戒名は両部大経の一である『金剛頂経』に属する『守護国界主陀羅尼経』に典拠となる言葉を見つけました。
本来の戒名の命名は、経典の意味から文字を選ぶべきなのでしょうが、浅学ですのであまりにも幅が狭く深みも浅いので、逆転させて意味ある漢字を選び、それが経典にあるかどうか、意味がかなっているかどうかを調べています。このおかげで、逆に沢山の文章を読むことができ、思わぬ発見もしばしばあり、今ではこの方法を用い続けています。そして度牒をお渡しし、裏には院号道号戒名の意味と出典の典拠を記して、お通夜に用いて得度式を行い、その度牒は遺族にお渡ししています。

江戸時代までの日本は、生まれた時、少し大きくなった時、大人になった時、隠居後、そして死後で名前が変わって行きました。その時その時で名前を変え、立場に合わせて生まれ変わって、新たな生命を得ていたようです。明治になり、なんでも一つにしようとする西洋の動きに合わせて、日本のこの伝統文化は廃れ、今では戒名さえも滅びようとしています。
田舎の片隅ですが、私は日本のこの伝統文化を細々とながら守って行きたいと思っています。
明日はお通夜、明後日は告別式。真言宗ですので、お通夜は得度式、告別式は灌頂の儀式を行う予定です。
筆頭総代の奥様を心よりお送りするつもりです。

|

« 順天堂大学 | トップページ | ボランティア雑考 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/55566634

この記事へのトラックバック一覧です: 筆頭檀家総代の奥様の死に臨み:

« 順天堂大学 | トップページ | ボランティア雑考 »