« 豪雨の中のお盆参りの棚経。でも全く濡れませんでした。 | トップページ | 筆頭檀家総代の奥様の死に臨み »

2012年8月20日 (月)

順天堂大学

昨日、順天堂大学医学部出身の
研修医さんとお話をする機会を得ました。
順天堂大学の特徴とは何かをお尋ねしたら
・六年のうちの一年は寮生活を送ること
・医史学の学習
を挙げられました。

病院関係は縦社会が厳しいところ。
だからこそ医師だけではなく他の分野の方との
ヨコ社会の集団生活を体験させるのは
とても面白い発想だと思いました。
比較的自由度は高いそうですが
月毎にリーダーを決めていくやり方は面白いと思います。
これ、宗門系の大学でも検討すべきものかもしれません。

それと何より伝統のある大学だからこそでしょうが
医史学をとても大切にしている点は
医療哲学の習得の基礎となりえますし
人文教育をも習得できますので
とても重要なものだと感じます。

そして何よりなのは、
自分の大学の特徴をサッとおっしゃっていただけたこと。
母校愛というか、自分自身を冷静に見つめているというのか。
特徴とは何かを掴んで居られ、
とても嬉しい気持ちに満たされました。

http://www.juntendo.ac.jp/

|

« 豪雨の中のお盆参りの棚経。でも全く濡れませんでした。 | トップページ | 筆頭檀家総代の奥様の死に臨み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/55471045

この記事へのトラックバック一覧です: 順天堂大学:

« 豪雨の中のお盆参りの棚経。でも全く濡れませんでした。 | トップページ | 筆頭檀家総代の奥様の死に臨み »