« 四端の心 理に走らず情を知れ (by 伊藤東涯) 「千年先を見つめて(尾張七代藩主徳川宗春物語)」より | トップページ | 一言で想像が無限に広がる 「野花」 »

2012年3月15日 (木)

力をもってすると駄目。何でも力を入れぬでも済むコツがある 「千年先を見つめて(尾張七代藩主徳川宗春物語)」より

力をもってすると駄目。何でも力を入れぬでも済むコツがある
 「千年先を見つめて(尾張七代藩主徳川宗春物語)」より

通春(宗春)は母の見舞いという名目で二ヶ月間江戸を離れている。
そこで、蟄居謹慎させられた兄通温を見舞うという設定にした。

通春は名古屋に戻り、蟄居謹慎している兄の安房守左少将通温を訪ねる。

松平通温:  「おお、主計頭か?元気か?」

松平通春:  「兄上、お久しぶりでございます。すっかりお元気そうで。」

松平通温:  「まぁこの屋敷からは出られんからのう。それにここには酒も女もない。まるで坊主のような生活じゃ。されどな、酒が抜けると、なんと己がたわけだったかよくわかる。今は庭の花を愛で、木刀を振る毎日じゃ。おかげで見てみい、この身体。」

通温は上半身裸になり、筋骨隆々の姿を通春に見せる。すると、通温の見張りの者が

見張り役:  「安房守様は、私どもが三人がかりで動かぬあの庭の石も、お独りで軽々動かされまする。」

と庭の石を指さして言われますと、通春は驚く。

松平通春  「あの石をですか?」

松平通温:   「力をもってすると駄目じゃ。なんでも力を入れぬでも済むコツがあるもの。今はそれがよう分かる。兄上の、圓覺院様の言葉をもっと早うから学ぶべきじゃった。こうして金の鯱を見ておるとな、権現様が尾張藩を敬公に任せられた意義もわかってきた。尾張は決して将軍位を争ってはならぬ。われら連枝は宗家を支えることこそ使命。それを超えると宗家が滅びかねぬ。今となっては何もかも遅いがのう。」

松平通温:  「兄上。」

松平通春:  「そなたには随分とひどい事を行ってきたものよのう。それでもそなたは何時も兄として私を奉ってくれた。感謝するぞ。まぁこれも幕閣に祀り上げられ調子にのっておった私への天罰よ。」

通春と通温は、夜が更けても子供の頃の話など、長く話をした。ふたりともこれが今生の別れとも知らずに。

|

« 四端の心 理に走らず情を知れ (by 伊藤東涯) 「千年先を見つめて(尾張七代藩主徳川宗春物語)」より | トップページ | 一言で想像が無限に広がる 「野花」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/54224641

この記事へのトラックバック一覧です: 力をもってすると駄目。何でも力を入れぬでも済むコツがある 「千年先を見つめて(尾張七代藩主徳川宗春物語)」より:

« 四端の心 理に走らず情を知れ (by 伊藤東涯) 「千年先を見つめて(尾張七代藩主徳川宗春物語)」より | トップページ | 一言で想像が無限に広がる 「野花」 »