« 上に立つものは常に孤独 自らの道を進め 「千年先を見つめて(尾張七代藩主徳川宗春物語)」より | トップページ | 「絆」にちょっと待った!原意を知って使ってる? 絆から結びへ転換の時では? »

2012年3月10日 (土)

あえて将軍の逆を行う。民のためならばこそ 「千年先を見つめて(尾張七代藩主徳川宗春物語)」より

あえて将軍の逆を行う。民のためならばこそ
 「千年先を見つめて(尾張七代藩主徳川宗春物語)」より

前回に引き続いて、野駆に来ている八大将軍吉宗と
部屋住ながら御連枝として将軍に可愛がられている通春(宗春)との対話です。
二人は仰向けに野原に寝っ転がっている想定です。


松平通春:  「名古屋のお城の金の鯱は、権現様が自らの大阪を創ろうとしたからだそうです。大阪は太閤の町故に新たな台所を必要とされた由。」

吉宗は驚く。

徳川吉宗 : 「そのようなお考えだったのか。平岩(親吉)殿を犬山におかれたのもその為じゃな。」

と尋ねると、通春様はうなずいた。しばらく沈黙する二人。

松平通春:  「私は全てにおいて上様の逆を行いまする。上様の出来ぬことをすればこそ、徳川一門かと。町中を歩み、庶民の声を聞き、衣装も派手ならば、お金も使いまする。ただしそれは自分の為に使うのではあらず。民のために使おうと存じます。民の喜びのためならばなんでも致しまする。」

徳川吉宗:  「ははは。どちらかが転んでも、どちらかが生き残ることもできようて。まぁ部屋住みのお主にはかなわぬ話じゃが、いつかお主を大名にしたいものじゃ。その時はそなたの思ったとおりにしてみると良い。今の言葉を決して忘れるでないぞ。ハハハハハ、神妙な話はここまでじゃ」

二人とも大声で笑う。
「ハハハハハ」

すると吉宗のお供周りが追いついてくる。

松平通春:  「そろそろ帰りましょうか」

徳川吉宗:  「うむ。今日の話は二人だけのヒミツじゃ。天は聞いておられたがな」

|

« 上に立つものは常に孤独 自らの道を進め 「千年先を見つめて(尾張七代藩主徳川宗春物語)」より | トップページ | 「絆」にちょっと待った!原意を知って使ってる? 絆から結びへ転換の時では? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/54180637

この記事へのトラックバック一覧です: あえて将軍の逆を行う。民のためならばこそ 「千年先を見つめて(尾張七代藩主徳川宗春物語)」より:

« 上に立つものは常に孤独 自らの道を進め 「千年先を見つめて(尾張七代藩主徳川宗春物語)」より | トップページ | 「絆」にちょっと待った!原意を知って使ってる? 絆から結びへ転換の時では? »