« 自らまいた種は自ら刈り取らねばならぬ 正義も悪も相対的なもの「千年先を見つめて(尾張七代藩主徳川宗春物語)」より | トップページ | 若き日に苦悩する宗春(通春) 「千年先を見つめて(尾張七代藩主徳川宗春物語)」より »

2012年3月 8日 (木)

理屈だけでは人は動かない 人情が人を動かす 「千年先を見つめて(尾張七代藩主徳川宗春物語)」より

理屈だけでは人は動かない 人情が人を動かす
「千年先を見つめて(尾張七代藩主徳川宗春物語)」より

前回に引き続き、間部詮房と通春(宗春)の会話

間部詮房:  「主計頭様。そなた若いのによくもそこまで気づかれるのう。」

松平通春:   「私ではござらん。新吉原にも芝居小屋にも、巷には人情が溢れておりまする。その人情が人を動かすのです。理屈だけでは人は動きませぬ。仏教で二つの戯論があることをご存知ですか?」

間部詮房:  「戯論?」

松平通春:  「昨年身罷られた法親王(公辯)様の受け売りでございますが、理屈に走る見論と、情に流される愛論とが二つの戯論でございまする。越前殿の御子孫のために、いやご領地の民のために今後は生きてくだされ。」

間部詮房:  「愛論と見論。白石殿と私は見論に走りすぎたということですな。芝居小屋や吉原、あ、いや、江戸の町民たちにも悪いことをしてしまいました。」

詮房様の言葉に、通春はまた優しく微笑んだ。

|

« 自らまいた種は自ら刈り取らねばならぬ 正義も悪も相対的なもの「千年先を見つめて(尾張七代藩主徳川宗春物語)」より | トップページ | 若き日に苦悩する宗春(通春) 「千年先を見つめて(尾張七代藩主徳川宗春物語)」より »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/54166510

この記事へのトラックバック一覧です: 理屈だけでは人は動かない 人情が人を動かす 「千年先を見つめて(尾張七代藩主徳川宗春物語)」より:

« 自らまいた種は自ら刈り取らねばならぬ 正義も悪も相対的なもの「千年先を見つめて(尾張七代藩主徳川宗春物語)」より | トップページ | 若き日に苦悩する宗春(通春) 「千年先を見つめて(尾張七代藩主徳川宗春物語)」より »