« 若き日に苦悩する宗春(通春) 「千年先を見つめて(尾張七代藩主徳川宗春物語)」より | トップページ | あえて将軍の逆を行う。民のためならばこそ 「千年先を見つめて(尾張七代藩主徳川宗春物語)」より »

2012年3月 9日 (金)

上に立つものは常に孤独 自らの道を進め 「千年先を見つめて(尾張七代藩主徳川宗春物語)」より

上に立つものは常に孤独 自らの道を進め 
「千年先を見つめて(尾張七代藩主徳川宗春物語)」より

若き宗春こと通春に主計頭という官位を授けた吉宗。
その後も、雁を特別に下賜したり
江戸城内の紅葉山東照宮の参拝に特別に予参をさせたり
母の見舞いに尾張に一時帰国させたり
一度廃絶した梁川藩を復興させたり
藩を継承して一年で日光東照宮参拝を許可したり
兄の義孝を飛ばして尾張藩主を継承させたり
吉宗はどう見ても宗春に目をかけていました。
そこで私は、宗春と吉宗は昵懇であったという設定にしました。

今回は、通春と吉宗が野掛けをしたという設定です。


吉宗と通春は先へ進む。
武蔵野の大きな野原に出るとお二人は馬を止め、野原で仰向けになって寝転んだ。

松平通春:  「上様、いつまでもこうしていたいものですね」

徳川吉宗:  「ほんにそうじゃなぁ。だがそうも行かぬらしい。政も徐々に道筋ができてきた。こうして外駆けすることも許されなくなりそうじゃ。じゃがな、わしはお主とこうして野山を駆け巡るのが何よりも大好きじゃ。この先、どうなっていくかは分からぬ。本来ならば、お主の兄の吉通殿が将軍職に継ぐべきじゃったのだが、何の縁かわしが継がねばならなくなった。吉通殿は、お主のことが大層お気に入りでな。連枝として、亡き摂津守(四谷松平義行)殿のように、常に側に置いておきたいと言っておられた。もし吉通殿がご存命ならば、ワシは将軍職を引き受けなんだ。尾張(継友)殿ではのう。致し方がなかったのじゃ。もし、わしが紀州、いやそなたと同じように紀州の連枝であれば、そなたと毎日のように野駆をし、相撲を取り、狩りをできたものを。」

松平通春:  「亡き兄(吉通)が申しておりましたのは、尾張は、決して将軍位を争ってはならぬと。尾張には権現様から預かった大切な大きな役目がある故と。」

吉宗は少し真剣な眼差しをする。

徳川吉宗:  「そうであったか。尾張の執政(附家老成瀬隼正・竹腰壱岐守)達が積極的に動かなんだと聞いてはおるが、そういうことであったか?」

松平通春:  「私は尾張藩主の亡き兄上のそばで働きとうございました。」

徳川吉宗:  「柳澤殿も同じ考えでなぁ。そうそう、そなたのことを自分の跡継ぎができたと。たいそうお喜びじゃった。されど両人共もう居らぬ。残された者はさびしいのう。」

松平通春:  「上に立つ者は常に孤独ですね。」

徳川吉宗:  「今後、立場上、そなたと、こうして外に出ることも許されなくなるであろう。城中で会っても、話さえ出来ぬやも知れぬ。またときにはわしはお主に厳しく接しなければならぬこともある。商人と仲のよいのお主がいつも言うように、本来は規制を緩めねばならぬのやもしれぬ。米ではなく金子を元にした勘定方にせねばならぬのやも知れぬ。しかし、今のわしはわしの道を行く。お主はお主の信じる道を歩め。」

二人はしばらく天を見つめる。

|

« 若き日に苦悩する宗春(通春) 「千年先を見つめて(尾張七代藩主徳川宗春物語)」より | トップページ | あえて将軍の逆を行う。民のためならばこそ 「千年先を見つめて(尾張七代藩主徳川宗春物語)」より »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/54175029

この記事へのトラックバック一覧です: 上に立つものは常に孤独 自らの道を進め 「千年先を見つめて(尾張七代藩主徳川宗春物語)」より:

« 若き日に苦悩する宗春(通春) 「千年先を見つめて(尾張七代藩主徳川宗春物語)」より | トップページ | あえて将軍の逆を行う。民のためならばこそ 「千年先を見つめて(尾張七代藩主徳川宗春物語)」より »