« 権謀術策に対する態度 「千年先を見つめて(尾張七代藩主徳川宗春物語)」より | トップページ | 欲と暴れ馬 「千年先を見つめて(尾張七代藩主徳川宗春物語)」より »

2012年2月23日 (木)

「海」の意味 「千年先を見つめて(尾張七代藩主徳川宗春物語)」より

前回に引き続き、柳澤吉保と萬五郎通春(宗春)の対話。


柳澤吉保:
 「萬五郎様の、その素直さがよろしゅうございまするな。
  大いに学びなされませ。大いに学びなされませ。
  清濁を併せ呑む大きな人になられませ。
  ところで弘法大師(空海)や慈眼大師(天海)の名前に
  何故海の文字が入っているかおわかりですか?」

萬五郎通春:
 「大きいという意味なのでは?」

柳澤吉保:
 「天も空も無限に大きい。海も大きいには違いありませんが、他には?」

萬五郎通春:
 「『貞観政要』十思九徳でございますか?」

(中略)

萬五郎通春:
 「他には海はどの川よりも低いところにある。
  それ故にすべての水が集まる。ということで御座いましょうか?」

吉保は、池の鯉に餌をやりながら、

柳澤吉保:
 「いかにも。では他にはございませぬか?」

通春は、しばらく考え、池を見つめる。

萬五郎通春: 「先程の、青濁併せ呑むと関係がありましょうか?」

吉保は、鯉の餌を止められて、萬五郎様を慈しむように見つめ

柳澤吉保:
 「なかなかの慧眼でございまする。
  海はきれいな水も汚れた水も飲み込んで、
  それを清浄に浄化する力を持っておりまする。
  水清ければ魚住まず。
  ほんとうに美しいとは、清濁併せ呑む大きな心なのではないでしょうかな。」

萬五郎通春:
 「元禄の世もそのような理想を掲げられたのでしょうか?」

柳澤吉保:
 「常憲院(五代将軍綱吉)様は生命というものをとことん尊ばれました。
  生類憐れみの令も、下々の者は勘違いをしてしまいましたが、
  生命の尊さを訴えたものであるのです。
  一度、消えた生命は決して戻りませぬ。」

|

« 権謀術策に対する態度 「千年先を見つめて(尾張七代藩主徳川宗春物語)」より | トップページ | 欲と暴れ馬 「千年先を見つめて(尾張七代藩主徳川宗春物語)」より »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/54059272

この記事へのトラックバック一覧です: 「海」の意味 「千年先を見つめて(尾張七代藩主徳川宗春物語)」より:

« 権謀術策に対する態度 「千年先を見つめて(尾張七代藩主徳川宗春物語)」より | トップページ | 欲と暴れ馬 「千年先を見つめて(尾張七代藩主徳川宗春物語)」より »