« 四苦八苦を抱え、根を張る時期。人の三不幸とは?「千年先を見つめて(尾張七代藩主徳川宗春物語)」より | トップページ | 水清ければ魚棲まず 身の丈にあった遊びは大切 「千年先を見つめて(尾張七代藩主徳川宗春物語)」より »

2012年2月29日 (水)

情に流される愛論と理屈に走る見論を離れる 「千年先を見つめて(尾張七代藩主徳川宗春物語)」より

情に流される愛論と理屈に走る見論を離れる 
「千年先を見つめて(尾張七代藩主徳川宗春物語)」より

前回に引き続き、公辯法親王と通春(宗春)との対話

法親王は、笑顔になり、そして少し難しい顔になる。

公辯:
 「幕閣の者達はこれをわきまえておりませぬ。なんでも理屈で決めようとする。」

通春は涙をためて

求馬通春:
 「それが悔しくてなりませぬ。」

公辯:
 「華嚴經の入法界品をご存知ですか?」

求馬通春:
 「東海道五十三次の元になった?」

公辯:
 「よくご存知ですなぁ。その善財童子の案内役はどなたでしたか?」

求馬通春:
 「確か文殊菩薩かと」

公辯:
 「そのとおり。その文殊菩薩とはどういう方ですか?」

求馬通春:
 「智慧の文珠。」

公辯:
 「智慧とは?」

求馬通春:
 「暗闇に光る灯明。ありのままに見ること。」

公辯:
 「他には?」

法親王は右手に剣印を結ぶ。それを見て通春は

求馬通春:
 「不動明王と同じ諸刃の剣」

公辯:
 「何を切るための道具ですかな?」

求馬通春:
 「煩悩かと」

公辯:
 「そう。それじゃ。文殊菩薩は、その煩悩が巻き起こす
  二つの極論を切り裂き、中道を掲げる仏じゃ。」

求馬通春:
 「二つの極論とは?」

公辯:
 「二つの極論を戯論という。
  一つは愛論。情に流されること。
  もう一つは見論。理屈で固めて凝り固まった考え。いかがかな?」

求馬通春:
 「大奥が愛論で、幕閣が見論ですね。」

公辯:
 「保山殿や江島殿は、中道を歩まれた方であった。
  そういう方々を追い出すお城の輩は悲しいですなぁ。」

求馬通春:
 「私が戯論を離れる道を全うすればよいだけのことですね。」

公辯:
 「うむ。そこに気づかれれば本日の講義は終わりじゃのう。」

求馬通春:
 「ありがとうございます。雲がひとつ晴れました。」

公辯:
 「また来なされ。そなたと話すと楽しいゆえな。」

求馬通春:
 「もったいなきお言葉、痛み入りまする。これから保山殿を訪ねてきます。」

公辯:
 「そなたのそういう所が良い。何事も頭ではなく、自分の血肉になされませ。」

|

« 四苦八苦を抱え、根を張る時期。人の三不幸とは?「千年先を見つめて(尾張七代藩主徳川宗春物語)」より | トップページ | 水清ければ魚棲まず 身の丈にあった遊びは大切 「千年先を見つめて(尾張七代藩主徳川宗春物語)」より »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/54109144

この記事へのトラックバック一覧です: 情に流される愛論と理屈に走る見論を離れる 「千年先を見つめて(尾張七代藩主徳川宗春物語)」より:

« 四苦八苦を抱え、根を張る時期。人の三不幸とは?「千年先を見つめて(尾張七代藩主徳川宗春物語)」より | トップページ | 水清ければ魚棲まず 身の丈にあった遊びは大切 「千年先を見つめて(尾張七代藩主徳川宗春物語)」より »