« 江島生島事件(絵島生島事件)には元になる事件がありました | トップページ | 財を求めるよりも徳ある生き方を »

2011年11月24日 (木)

ヨーロッパの危機は日本の危機にもなりえる?


今、世界で危ないのは、
東アジアでも、中東でも、アフリカでもないといいます。
欧州のラテンの国々。
ギリシャ、イタリア、ポルトガル、スペイン
そしてフランスまでもデフォルトの危機。

来年はフォトンベルトのような妄想よりも、
デフォルトという現実的な危機があちこちに飛び火しそうです。

そしてラテンの国々のデフォルトの影で
東ヨーロパっがより悪化する可能性もあります。

EUは各国の財務省に任せるのではなく
今すぐにEUの財務省に任せる体制をしかないと
連鎖式のデフォルトに陥ってしまいそうですね。

これを太平洋に置き換えてみると、
TPPの本来の狙いは貿易自由化ではなく
TPP関連国の財務をはじめ、
政務をひとつにしようという
大構想があるように思えてきます。
これが杞憂ならば良いのですが・・・

ある友人から言われました。
ヨーロッパの危機が深まっていくと
かならず投資家もそして各国も
自らが生き残るために他国を食い散らし始めるもの。
来年の日本の国債の金利が上がり始めたら
それは外国が日本という美味しい肉を食べ始めた時だと。
日本人の持つ資産を食い荒らし始めたサインは
日本の国債の金利の上昇だそうです。

国レベルの危機を見た時
他国のことだと傍観するのではなく
自国のこと、自分の周りのことだと
感じていたいものです。

|

« 江島生島事件(絵島生島事件)には元になる事件がありました | トップページ | 財を求めるよりも徳ある生き方を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/53325811

この記事へのトラックバック一覧です: ヨーロッパの危機は日本の危機にもなりえる?:

« 江島生島事件(絵島生島事件)には元になる事件がありました | トップページ | 財を求めるよりも徳ある生き方を »