« 石上=>石神=>磯の神>>スサノオ=>浪切 雑考 | トップページ | 妄想:真名井の予言の和歌 »

2011年4月 4日 (月)

脱原発に向けて 宗教者である環境カウンセラーとして

脱原発に向けて 宗教者である環境カウンセラーとして

自然に対する畏敬の念
アニミズムと呼ばれる宗教形態にはそれがありました。
多神教の世界観もこれに繋がります。
そこには、どんなに人間が頑張っても
超えることのできない領域があるという教えがあります。
その自然の猛威を
オドロオドロシイ姿や物語で表し
大自然を大いに畏敬しました。
多くの踊りや歌も、その自然を畏敬し
鎮撫するためのものでした。
この世界観では、自然を越える発想はありません。
常に自然と共に生き
自然が与えてくれる恩恵の中で生きて行くことが求められます。
自然には再生能力があり
その再生能力の範囲内で
人は自然の恵みを享受することができるのです。

ところが、人は神に代わって
自然を支配する立場にあるという思想が
科学技術を発展させました。
それは、遂には
角砂糖一つで地球を滅ぼすことさえできるエネルギーを
理論的に見つけてしまったのです。

一方、哲学や宗教も理屈上は発展しましたが
それを体現する人が増えたかどうかは疑問です。
科学技術の発展に対し
人間の倫理観が十分に発展してこなかったのも
事実だと思います。
そのために欲望が蔓延する世界となり
経済至上主義という歪な形の世界が生み出されました。
何もかもが欲望の充足ということが社会の常識。
そのために様々なものが生み出されてきました。

その欲望の充足の一つが原子力です。
アインシュタインの見出した公式は理論として美しいものでし。
だから彼はその実用化には強く反対しました。
しかし、他者を支配しようとする政治屋に利用され
科学者の学問的欲求と
技術者の腕の見せ所という欲望にも後押しされ
原子力が開発。
原子力爆弾や原子力発電が生まれてしまいました。

もし、人間の倫理観が十分に発達していたのならば
原子力が生み出す廃棄物の処理ができないうちは
実用化はしなかったでしょう。
そのエネルギーの暴走を
止め立てる方法論が見つからないうちは
原子力は一部の学者たちの研究の対象のみで
留まったと思います。

しかし、人は目の前にある
原子力というエネルギーの魅力に抗えず
結果的には世界中に原子力爆弾を配置し
原子力発電所を建設してしまいました。

これは実は、フロンの問題とも関連しています。
フロンは開発された当時は
無毒無臭無色で、冷媒として、溶剤としての能力が高く
夢の物質とまで言われました。
フロンは自然秋に存在しないものであり
それを大量生産し空気中に放出。
それが結果的には
地球を宇宙船から守るオゾン層を破壊し
大変な問題に発展。
フロンは国際的に規制のかかるものとなりました。

しかし、本当はこのフロン問題の時に
人は気づかねばならなかったように思います。
フロンの生産使用が問題だったのではなく
そのフロンを使用した人の心が問題だったのです。
自然にないものを大量生産し垂れ流しにした
自然のサイクルを全く無視した人の心こそ
オゾン層破壊問題の根源だったように思います。
しかし人は、いつの間にかオゾン層破壊の責任を
フロンそのものにかぶせ
オゾン層破壊は人間の心が招いたことを無視してしまいました。

その後世界的に問題になったのは
地球温暖化です。
これも間違いなく人の心が引き起こした環境問題。

そして、大震災による今回の原子力発電所の問題です。
(ただしフロン問題以上に原子力を縮小し止める運動が
 世界中に起こらなければ大変な問題になりかねません)

どれもが、人の心のなかの
過剰な欲望と、大自然に対する畏敬の念の喪失が引き起こした
問題のように思います。

今回の原子力の問題から私達が知らねばならないのは
自然のサイクルにないものを生み出すときには
かなりの注意が必要ということです。

赤ん坊に火や刃物を近づけないのと同じで
精神的に十分に発展していない現在の人類には
超えてはいけない科学技術があることを知らねばなりません。
今回の原子力問題は
原子力の問題のみに留めるのではなく
ありとあらゆる科学技術の分野の検証に
役立てなければならないように思います。

もちろんむやみやたらに
科学技術を否定することも問題です。
しかし、今の人間の倫理観のレヴェルを超えることは
新たな問題を創出するでしょう。
これは医学会の遺伝子や移植問題にも
繋がるものだと思います。

今一度、立ち止まり
大自然のサイクルの中で生きることを
もう一度見直す必要があるように思います。

|

« 石上=>石神=>磯の神>>スサノオ=>浪切 雑考 | トップページ | 妄想:真名井の予言の和歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/51296518

この記事へのトラックバック一覧です: 脱原発に向けて 宗教者である環境カウンセラーとして:

« 石上=>石神=>磯の神>>スサノオ=>浪切 雑考 | トップページ | 妄想:真名井の予言の和歌 »