« オゾン層破壊問題と原子力問題が私達に伝えている物 | トップページ | 愛媛県の伊方原発付近で確認されたプルトニウムに関する質問への、愛媛県からの回答 »

2011年4月22日 (金)

党議拘束の問題点

少し算数をします。

ABCDEという政党があり
A=60%
B=35%
C=3%
D=E= 1%
という構成だったとします。

またA党はWXYZというグループに分かれ
W=10%
X=10%
Y=20%
Z=60%
という人員構成だったとします。

ここでZグループの構成員がある法案を提案します。
Zグループの中で話し合われ
Zグループの60%が賛成で、40%が反対しました。
しかしグループ拘束で、Zグループは全員賛成となります。
これを党の会議にかけ
Zグループ以外は反対しますが、
Zグループの賛成多数で議決され、A党全員が党議拘束されます。
本会議に出るとA党の以外は反対しますが
A党の多数で法案は成立してしまいます。

これはどう見てもおかしいですね。

もし実際に自由投票にした場合、
賛成は全体の21.6%の賛成で、78.4%の反対となり
この法案は確実に廃案になるはずです。
これが国民の声を反映した数字。
しかし党議拘束をかけると、
60%が賛成して、40%が反対と、大逆転が起きてしまいます。

この数字のマジックを一番良く知るのが小沢一郎氏。
ですから数に徹底的にこだわっているようです。

国会議員は、国民により選ばれた人達。
その人達は自分の意志で一票を入れて当然。
本来は自由投票こそが当たり前。
でも多くの国会議員は
党議拘束を掛けることじたいが問題だとは理解していません。
ここが組織の論理です。

一人ひとりが責任をもって議員をする。
一人一政党であり
法案によってグループを作り合従連衡する
こういう形であれば
民主党も労働組合に牛耳られることはないでしょうし
自民党も経団連のようなグループに牛耳られることはないと思います。

でも党議拘束をしない政党
こんな政党を作る勇気のある人は居ないのでしょうね。

|

« オゾン層破壊問題と原子力問題が私達に伝えている物 | トップページ | 愛媛県の伊方原発付近で確認されたプルトニウムに関する質問への、愛媛県からの回答 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/51466996

この記事へのトラックバック一覧です: 党議拘束の問題点:

« オゾン層破壊問題と原子力問題が私達に伝えている物 | トップページ | 愛媛県の伊方原発付近で確認されたプルトニウムに関する質問への、愛媛県からの回答 »