« 節分の準備で忙殺 | トップページ | クッキリよりも若干ぼんやりの方が優しい »

2010年2月25日 (木)

映画『バレンタイン・デイ』 

ここのところいろいろありすぎて
日記を書けないままで居る。
近日中に、まとめてアップする予定。

今夜は久しぶりのオフ。
ハンドボールの練習後
カミさんとイオンへ映画を観に行く。

選んだ映画は『バレタインデイ』
http://wwws.warnerbros.co.jp/valentinesday/main/index.html

この映画は助演の役者が素晴らしかった。

カントリー歌手で最近大人気の
 テイラー・スウィフト

プリティウーマンで有名な
 ジュリア・ロバーツ

愛と喝采の日々や精神世界で有名な
 シャーリー・マクレーン

ラッパーの権威
 クィーン・ラティファ

プリティプリンセスやプラダを着た悪魔の
 アン・ハサウェイ

シカゴホープの外科部長役で有名な
 ヘクター・エリゾンド

ほかにもいろいろ面白い配役があったが
それぞれにパロディが続出。
映画ファンにはたまらない笑いが散りばめられていた。
踊るマハラジャやプラダを着た悪魔などは
少しやりすぎかも・・・

内容はハリウッドらしいハッピーエンド。
最近、仲人をしたばかりだが
まるでそのふたりもこの映画に出てきそうな
そんな感じがしたのは私だけではない。
カミさんも同じ感覚を受けた。
そしてそれ以上に
私たち夫婦がまるで映画の主人公のような気もした。

好きな部分を愛するのではなく
相手をまるごと受け入れる愛
結構テーマは奥深かったが
それをライトタッチにパロディをちりばめて
仕上げてあるのは
なかなかのものだ。

恋人たちに贈る映画
まさにそんな感じだ。

|

« 節分の準備で忙殺 | トップページ | クッキリよりも若干ぼんやりの方が優しい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/47657035

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『バレンタイン・デイ』 :

« 節分の準備で忙殺 | トップページ | クッキリよりも若干ぼんやりの方が優しい »