« 虎の威を借るキツネにならぬよう | トップページ | 九月十八日は? »

2009年9月18日 (金)

権益よりも国益優先も役人が活躍できる場を

鳩山政権の閣僚発言を見ていて
今までの内閣とは明らかに違うことを感じる。

今までは省庁の権益優先で
守ろう守ろうという姿勢ばかりが目に付いた。
これは国益を守ることでもなければ
省庁を守ることでもなく
誰を守るものでもなく
ただ在りもしない幻を守っていたように感じる。

しかし今回は異なる。
国益を守るために
省庁の権益を半ば崩壊に向けさせている。
いや逆に国益優先だからこそ
国民にとって誇りに思える
省庁になっていくのではないだろうか。

今の省庁の役人に
国民から見て誇りに思える仕事をしている人は
どれだけいるのだろうか?
いや本当はそうしたい役人も大勢いるはずである。
そうした心ある役人が活躍できる省庁作りこそが
大切なような気がする。

民主党政権に望むのは
省庁と対立するのではなく
国民が誇りに思える省庁を作っていくこと
省庁の権益よりも国益優先に
ものごとを考える役人が活躍できる場を作ること
そんな気がする。

過度な期待はしていないが
大いなる希望を持ってこの政権を見守りたい。

|

« 虎の威を借るキツネにならぬよう | トップページ | 九月十八日は? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/46239882

この記事へのトラックバック一覧です: 権益よりも国益優先も役人が活躍できる場を:

« 虎の威を借るキツネにならぬよう | トップページ | 九月十八日は? »