« 誰が真剣に自分のことを考えているのか? | トップページ | 世襲問題 »

2009年4月21日 (火)

サイエンス誌から 自己肯定が否定的思考を変える

Science誌4月17日号の記事によると
長期に渡り肯定的な思考をすると
否定的な思考を遮断できることが徐々に分かりつつあるという。
http://www.sciencemag.jp/highlight/index.jsp?pno=155#tx_0

寺子屋をしていてもそれは良く分かる。
特に成績の悪い生徒は
あまりにも自己否定が強すぎる。

それはハンドボール部でも証明されてきた。
しかりつけることもあるが
基本的には肯定的に彼女たちの考え方を訂正してきた。
「できるんだ!」
これが一年近く経った最近になりようやく実を結び始めた。
まずは自己肯定。
自己肯定を基礎においてこそ
そこから悪い点を見つめて肯定的に訂正していくこと。
ここがポイント。

日本の工業製品が優れていたのは
欠陥をなくすためいとことん肯定的に見つめていたからだと思う。

このあたりはまた別して書きたい。

|

« 誰が真剣に自分のことを考えているのか? | トップページ | 世襲問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サイエンス誌から 自己肯定が否定的思考を変える:

« 誰が真剣に自分のことを考えているのか? | トップページ | 世襲問題 »