« 世襲問題 | トップページ | ハンドボーズ日誌200900422 »

2009年4月21日 (火)

ハンドボーズ日誌200900421 ハンドボーズ日誌

顧問のお一人が今日の練習に立ち会ってくださった。
いろいろなお話が聞けてよかったっと思う。
また彼女たちの熱き情熱を感じていただけたようにも思う。

最近の彼女たちの動きは頭が下がる。
単調なダッシュにも真剣度が増している。
一つ一つの練習を大切にし始めた。
この調子ならばかならず結果が伴うはずだ。

破壊力のあるオフェンスが出来上がった。
女子でこれほどの大砲が揃うことは滅多にない。
しかもサイド攻撃もポスト攻撃もできる。
いつのまにか最大の弱点であったオフェンスが
最大の武器になっていた。

明日はディフェンスをもう一度見直す予定。

紅白戦もできれば二本くらい行ないたい。

今の各務原高校女子ハンドボール部は
自慢の部であることには間違いない。
彼女たちにも深く感謝。

|

« 世襲問題 | トップページ | ハンドボーズ日誌200900422 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/44746997

この記事へのトラックバック一覧です: ハンドボーズ日誌200900421 ハンドボーズ日誌:

« 世襲問題 | トップページ | ハンドボーズ日誌200900422 »