« 高野山 祖典輪読会 『三摩耶戒序』 2009年2月 | トップページ | 言語道断 »

2009年2月13日 (金)

ハンドボーズ日誌20090213 今日も走れ走れ走れ

昨日は高野山に出かけていたために私は欠席。
Uさんが最初から来てくださったそうで
しっかりとコアトレーニングを行なったと聞く。
高校生たちもしんどかったと言っていた。
こうした言葉を聞くのはGOOD!

今日の練習は市総体でBCDをとり
20m×40mの一面を使ってのもの。
パス&キャッチをテーマにしながらも
今日も走るを経験させる。
やはり40mは長い。
このコートに馴れさせるために
40mを何度も何度も走らせた。

ストレッチ・ダイナミックストレッチの後に
40mの往復ダッシュを五本。
インターバルは3分で、3セット行なう。
次に20mの往復ダッシュを五本。
インターバルは1分半で3セット。
全てタイムを記録した。
まずここから今日の走るがスタート。

ハンドボールは一試合50分で
2400mから2800mをダッシュする。
だからこそまずこのダッシュを繰り返させた。
本来ならば各4セット行なって
一試合分を経験させたかったが
このところの疲労が溜まっているので
3セットとした。
無理は逆効果を生む可能性があったからだ。

その後はストレッチでクールダウンさせ
ボールを使った補助運動で
遊びの要素を加えてメンタル面を取り戻す。

次にドリブルワーク。
ここでも40mをダッシュで数回往復させた。
ここまでで40分近く。
一試合で走る距離をカバーする。

次にディフェンスのアタック練習。
これが結構身体にはきついらしいが
足腰の強さが間違いなしについていくはず。

そこからは対人パス。
150回ほど往復させ念入りにパス練習を行なう。
次にランパス。
ここでも40mダッシュを連続で12往復させる。

次にフェイントワーク。
いつもより少なめではあるが
10往復を確実に経験してもらう。

次にGKのパス練習。
40mの長さを確認取らせる。

次にディフェンスワーク。
まず基本の動きを確認。
そしてパスカット。
ただしこfれは私の指示ミス。
イメージが伝わらずに最後までダラダラだった。
ここは速攻へつなげる大切なものなので
特別に日を指定して決まりごとを確認取らせたい。
定石を知らせていなかった私のミス。
深く反省する。

次にハーフにボールを置き
自分のポジションからダッシュして
そのボールを拾いドリブルしてシュート。
10回走らせる。

次にセンターに私がボールを出し。
それをハーフまで走ったサイドに投げ
2対1を行なう。
いわゆる半速攻。
これも何度も何度も繰り返させ
おそらく一人につき20回は走ったと思う。
ここまでで二試合分のダッシュを終える。

そして最後にオフェンスの練習で
ローリングの練習。
このチームのオリジナルローリング。
まだまだ未完成品だが
なかなか面白い結果を生むものだと
今日も確信する。
ただなぜか本人たちがあまりピンと来ていない。
たぶん、今日の走りで足腰に来ていて
感じるだけのパワーが消えていたかもしれない。
それでもこの流れをパスミスもほとんどなしで
まわしきったところに彼女たちの成長の跡が見られる。
このローリングを名づけてドラゴンフライ。
つまりトンボ。

本当は最後に2:2の定石を行ないたかったが
時間の関係上
最後に4:5の試合形式。
あれほど走ったにもかかわらず
ここでも走れ走れ走れ。
パスミスもいつもよりは少なく
上達の感覚あり。

もう一度2対2の定石と
ディフェンスの定石を繰り返させ
ドラゴンフライを織り交ぜて
彼女たちの盾と矛を磨きたい。

とにかく今日もよくよく走ってくれた。


|

« 高野山 祖典輪読会 『三摩耶戒序』 2009年2月 | トップページ | 言語道断 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/44053016

この記事へのトラックバック一覧です: ハンドボーズ日誌20090213 今日も走れ走れ走れ:

« 高野山 祖典輪読会 『三摩耶戒序』 2009年2月 | トップページ | 言語道断 »