« 明日はアメリカ合衆国の新大統領の就任式。 | トップページ | ハンドボーズ日誌200900120 »

2009年1月20日 (火)

やり残してきたこと

オバマ大統領の就任。
アメリカは大きく変わろうとしている。
今までとは全く異なった道を歩もうとし始めた。
いやむしろアメリカの建国の意志という
再び出発点に戻り
やり残してきたことを
解決していく方向に動いているようにさえ感じる。

アメリカを見て自分を振り返る。

ハンドボールにここ一年関わるようになり
やり残してきたことを
やらねばならないことを知った。
誰にも当てはまるわけではないが
少なくとも私の場合はそれがいえるようだ。

中学校と高等学校と
ハンドボールは中途半端に終わってしまっていた。
中学校は負けるわけのない相手に負けてしまい
心に穴が空いたまま終わってしまった。
高校は身体を壊してしまい
最後まで選手で戦うことができなかった。
そしてし半世紀以上の月日が経って
思わぬ形でハンドボールに関わるようになった。
寺子屋の生徒がハンドボールに関わっていると知ったとき
絡むことがなかったが
ほんとうは10年前のあのときに
かかわって居なければならなかった。
そして今、それらを解決するかのように
ハンドボールに関わるようになった。

他にもないだろうか?

いや、実は私には他にもある。

故栂尾祥瑞先生から言われていた密教芸術のこと。

故酒井真典先生とともに取り組もうとしていた
如来蔵思想と密教の関係のこと。

高校時代からの願いであった
海外と日本と交流。

教育関連も環境問題関連も
積み残しをいっぱいしてきている。

そしてなによりも
宗教を宗派の枠組みから解放し
本来の意味での人の心の支えになるように
尽力すること。

まさにこの45年間は
遣り残してきたことばかりの半生だった。

これからの二十年は
おそらくこうしてやり残してきたことを
もう一度やり直していくことが求められていると思う。
いやむしろ私がこの短い一生の中で
自分がやると決めてきたことを
しっかりとやり遂げていくことこそ
大きな命の意思のようにさえ感じる。
それが自分のこの世に生を受けた
意志であったようにも感じる。

まずは原点に返り
ハンドボールを通して
そして自分なりの学業を通して
やり残したことを
しっかりと修めて行きたい。

アメリカの新大統領の就任が
思わぬ思いを起こさせてくれた。

|

« 明日はアメリカ合衆国の新大統領の就任式。 | トップページ | ハンドボーズ日誌200900120 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/43799209

この記事へのトラックバック一覧です: やり残してきたこと:

« 明日はアメリカ合衆国の新大統領の就任式。 | トップページ | ハンドボーズ日誌200900120 »