« 映画『チェ 28歳の革命』を観て | トップページ | ハンドボーズ日誌200900126パワートレーニング »

2009年1月25日 (日)

ハンドボーズ日誌200900125

今日から新しいメニューを取り入れる。
むしろほとんどが新しい練習内容。

ダイナミックストレッチの後のフットワークにも
新しいメニューを取り入れた。
特に腕立て伏せに関しては
今までと全く異なる形式のものなので
結構大変だったようである。

次にディフェンスワーク。
上半身と下半身を分離させ
状況判断をしっかりさせる練習。
最初はバラバラだったが
徐々に上手になって行った。
このディフェンスワークは
今後できる限り取り入れていこうと思う。

次に三角パス。

そしてミニゲーム。
20年前のNHKテレビスポーツ教室で
蒲生全日本監督(当時)が説明し
大同特殊鋼の選手が行なっていたものを
実践してみた。
時代は古いとはいえ
結構役立つ練習であったと思う。
これも時折入れて行きたい。

次にシュート練習。
45度からのものだが
GKの動作により
パスかシュートかを即座に判断させる練習。
次にディフェンスの動作により
シュートかパスを判断させる練習を行なう。
この状況判断がなかなかできない。
これがうちのチームの最大の弱点であった。
しかしこの練習で
確実に状況判断ができるようになるはず。
状況判断でのシュート練習は
今後も続けて行きたい。

その後は、縦の2対2。
これは基本であるが
今まであまり練習してこなかった。
しかしようやくそこまで来たのではないかと思う。
ブロック(スクリーン)をかけること
スクリーンを外すこと
その練習をも行なう。

最後はツーメン速攻。
今まで以上に、状況判断がよくなってきた。

まだまだ物足りないが
状況判断を確実にさせる練習も
今後はたくさん取り入れて行きたい。

今日はUさんがずっとディフェンスをしてくださった。
ご本人も、自分のクラブでの活躍を目指して
自分を追い込まれている。
その姿を見て、
高校生たちも上昇して行ってくれれば嬉しい。

明日は筋力トレーニングをメインに
フィジカルトレーニングを行なっていく予定。

|

« 映画『チェ 28歳の革命』を観て | トップページ | ハンドボーズ日誌200900126パワートレーニング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/43855991

この記事へのトラックバック一覧です: ハンドボーズ日誌200900125:

« 映画『チェ 28歳の革命』を観て | トップページ | ハンドボーズ日誌200900126パワートレーニング »