« ハンドボーズ日誌200900125 | トップページ | ハンドボーズ日誌200900127 »

2009年1月26日 (月)

ハンドボーズ日誌200900126パワートレーニング

力強さ、今うちのチームに足りないものの一つ。
潜在力はある。
それを引き出す練習が必要ということで
今日はフィジカルトレーニングを中心に行なう。
ダイナミックストレッチの後に
いつもならフットワークを行なうが
今日はフットワークはお休みにした。
そこで取り入れたのがディフェンストレーニング。
上半身と下半身の使い分け
状況判断を的確にできるように判断力養成の支持。
そしてNHKテレビスポーツ教室で行なわれていた
アタックアンドピポット
キャッチアンドウォーク・
スクリーン外し
サイドステップを行なう。
これがフットワークなみに足に負荷をかけたようだ。
予想以上に時間がかかった。
しかしその効果は目に見張るものがある。
特にキャッチアンドウォークはかなり実践的。
使える!

次に筋力トレーニング
四股踏み ・タオルスイング ・PNFストレッチ
・膝つき腕立て ・おんぶスクワット
・斜め懸垂 ・腹筋 ・背筋
ここではかなり腕の力を使ったようだ。
パスのときにかなり腕に負荷がかかっていた。

次にジャンプトレーニング
・踏み切り板でジャンプ
・跳び箱ジャンプ
高く飛ぶことと、溜めることを意識させた。

次にゼロステップフェイント
最初は向かい合った二人が
ぶつかってしまうこともあったが
徐々に間合いを覚えて言ってくれた。
これは感覚的に間合いを覚えてもらうためにも有効。

次にランパス
いつもより脚に負担がかかっているので
回数を減らす。

次にシュートフォームトレーニング
・一歩シュート
・二歩シュート
・三歩シュート
・ゼロステップシュート

次にサイドと45度の2対2
・サイドOFが浮いていて、DFが6m居る場合
・サイドOFがコーナーに居る場合
・サイドOFが浮いて、DFが浮いてついている場合

ここまで出二時間が過ぎてしまった。
内容的にはかなり充実していたのではないだろうか?
高校生たちもかなり良い汗をかいたように思う。
しかも今まで使っていなかった筋肉も動かした。
さらに2対2では状況判断をしっかりさせるための
前段階であるパターンを伝えた。
今日は伝えただけなので
使える段階までいっていないが
ようやくこうしたこともできるレヴェルまできたと思う。

ピンチはチャンス。
今ここに来て
全体がもう階段を再び上り始めた。
この子達のために私も最善を尽くしたい。

|

« ハンドボーズ日誌200900125 | トップページ | ハンドボーズ日誌200900127 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/43867263

この記事へのトラックバック一覧です: ハンドボーズ日誌200900126パワートレーニング:

» ダイエットエクササイズ [ダイエットエクササイズ]
お家で簡単に出来るエクササイズの方法に、ウォーキングがあります。家の中でウォーキング?と思うかもしれませんが、これは実際に前に進んで歩くものではなく、その場で歩くと言うやり方をします。 [続きを読む]

受信: 2009年1月27日 (火) 23時32分

« ハンドボーズ日誌200900125 | トップページ | ハンドボーズ日誌200900127 »