« ハンドボーズ日誌200900104 | トップページ | ハンドボーズ日誌200900106 »

2009年1月 5日 (月)

ハンドボーズ日誌200900105

練習再開後二日目。
昨日、遅刻の非を懇々と説いた。
たった五分で試合の趨勢が決まる。
その五分を大切にしてもらいたいと。
すると体育館には一年生は全員いたのだが
二年生は・・・
そこで考えた。
怒った振りをして帰ろうと。
GKにそれを伝え
9時になったと同時に
「帰る!」と怒鳴りつけて
車に乗車し体育館を後にした。

キャプテンから謝罪の電話が入り
体育館に戻る。
そこで小言を言ってから
再び練習開始。

内容は厳し目のフットワークを行なう。
このフットワークを軽くこなせるようにならなければ
チームは向上しない。

ふと思い出す。
「チームが県大会に出れるレヴェルになるまでが
 指導者としては楽しい」
ということをかつて伝えられたことがある。
たった半年で彼女たちをそれをクリア。
そして今、次の段階に進んでいる。
県大会で常勝できるチーム作り。
これが急務だ。

今日も走ることを中心にした練習を繰り返す。
明日は
一本一本のシュートを大切にしてもらう練習をしたいと思う。
1対1をまず行なってから
2対2のオールコートを経験させる予定。

練習後、キャプテンより電話があった。
岐阜大学との合同練習ができそうな雰囲気らしい。
この話を是非進めてもらいたい。

|

« ハンドボーズ日誌200900104 | トップページ | ハンドボーズ日誌200900106 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/43650715

この記事へのトラックバック一覧です: ハンドボーズ日誌200900105:

« ハンドボーズ日誌200900104 | トップページ | ハンドボーズ日誌200900106 »