« ハンドボーズ日誌200801101 | トップページ | 天空の歓喜祭 第0回 »

2008年11月 2日 (日)

映画「パコと魔法の絵本」

カミさんとイオンに野菜を買いに行く。
夜だったので何か映画がやっていないかを
マイカルに観に行く。
この時点では映画を見る気はなかった。
結果的に、時間が遅く二つの映画しかやっていなかった。
そこでカミさんが「パコと魔法の絵本」を見たいということで
それを見る。
http://www.paco-magic.com/index.html
結果的には凄い映画だった。
ここまでふざけながらも
ここまで真面目な話を通すとは驚きだった。
出ている役者も他の映画では主役級ばかり。
なるほど・・・とうならされた。
日本の映画も良いものだと感じる。

映画の内容は観てのお楽しみ。
その中では最近縁のあるめだかもでてきて
共時性をいくつも感じる。

あまり理屈で考えるのではなく
ぜひぜひ感性で覗いてもらいたい。

現実と仮想の区別がほとんどない映画だが
デフォルメがしっかりしており
お勧めの映画であることは間違いない。
まだ見ていない方にもお奨めの一作品。

|

« ハンドボーズ日誌200801101 | トップページ | 天空の歓喜祭 第0回 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/42978812

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「パコと魔法の絵本」:

« ハンドボーズ日誌200801101 | トップページ | 天空の歓喜祭 第0回 »