« ハンドボーズ日誌200801115 | トップページ | 小田原評定 市岐商問題 »

2008年11月15日 (土)

ラーマクリシュナとヴィーヴェカーナンダに関する本を読み直す

みすず書房のロマン・ロラン全集の第15巻。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000JAXP80/prpmenade-22

それを今読み直し始めている。
そこに記されているのは
ラーマ・クリシュナとヴィーヴェカーナンダの二人。
近現代の代表的なインドの宗教者。
仏教から見れば外見的には確かに異教徒かもしれないが
その内容は今の日本の仏教徒よりも
遥かに遥かに仏教者であると私は感じている。
特にラーマクリシュナについては
彼を思い、彼の事跡を読むだけで
涙があふれ出てきてしまう。

マハートマ・ガンディに関して調べているうちに
ロマン・ロランに行き着いて
そしてラーマ・クリシュナとヴィーヴェカーナンダの二人を知る。

私から見ると
ラーマ・クリシュナは大日経を感じ
ヴィーヴェカーナンダには金剛頂経を感じる。
あくまでも私の主観に過ぎないし
学問的な理由付けはない。
あくまでも直感的な思いに過ぎないのだが・・・。

宗教者としての自分を見つめなおすのに最適な書の一つが
この書物。
おしむらくは手に入りにくいのが難点か?

|

« ハンドボーズ日誌200801115 | トップページ | 小田原評定 市岐商問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/43124073

この記事へのトラックバック一覧です: ラーマクリシュナとヴィーヴェカーナンダに関する本を読み直す:

« ハンドボーズ日誌200801115 | トップページ | 小田原評定 市岐商問題 »