« ハンドボーズ日誌200801126 | トップページ | ハンドボーズ日誌200801128 »

2008年11月27日 (木)

本屋

大阪へ勉強会に行く。

途中、時間があったので本屋に立ち寄る。
精神世界関連の棚が気になり、前に立つ。
なぜが一冊の本に手が出てしまった。

今日読み始めたばかりなので
タイトルはまた後日お知らせしようと思う。
その時に感想を記すつもりだ。

本屋は久しぶりだった。
最近はアマゾンで本を買うことが増えているために
本屋に行く機会がぐっと減った。
しかし本屋に行くとやはり何かが違う。
本が私を呼んでいる。
大げさに聞こえるかもしれないが
縁のある本はそうしたものだ。
そして今日もその一冊に出会った。

ふと感じる。
ひょっとして・・・月刊ハンドボールも売っていたので購入した。
空いている時間はこちらの雑誌に目を通し
その後にゆっくりと本を読みはじめた。

物事を語る場合、こういう言い方が必要であることを確認。
やはり一般書も大切である。

勉強会は今日も面白かった。
「三摩耶戒序」は面白い内容だ。

急いで帰宅し、寺子屋を行なう。


明日から再びハンドボール開始!

|

« ハンドボーズ日誌200801126 | トップページ | ハンドボーズ日誌200801128 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/43247082

この記事へのトラックバック一覧です: 本屋:

« ハンドボーズ日誌200801126 | トップページ | ハンドボーズ日誌200801128 »