« 歯痛を耐えるためにゲームを | トップページ | ハンドボーズ日誌200801101 »

2008年10月31日 (金)

ハンドボーズ日誌200801030 単純な中にこそ秘訣あり

昨日と今日と
高校生はグランドで練習。
時間は日没関係で一時間少ししかない。
そこでいろいろと工夫を強いられている。
まずはジョグで身体を温め
次にストレッチング。
このストレッチが実に大切で
これだけは省略はできない。
次にダイナミックストレッチ。
ほんらいならばここでダッシュなのだが
パス練習の時間もないので
ランパスを取り入れた。
しかも40mをフルに使った単純なランパス。
これはSさんから教えていただいたものだが
この単純なランパスが実に効いて来る事を確認。
選手たち自信も実感。
昨日今日と教えられたのは
単純な練習の繰り返しの中にこそ
実は最も個人技を高めていく秘訣があるということだ。
あたりまえといえばあたりまえ。
単純であるからこそ
個人の技量が求められる。

Sさんには深く感謝している。
あまりにも単純であったが故に
してこなかった自分を反省すると共に
ダッシュとパスと速攻練習を一度にできる
この練習を今後も応用しながら繰り返していきたい。

|

« 歯痛を耐えるためにゲームを | トップページ | ハンドボーズ日誌200801101 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/42971857

この記事へのトラックバック一覧です: ハンドボーズ日誌200801030 単純な中にこそ秘訣あり:

« 歯痛を耐えるためにゲームを | トップページ | ハンドボーズ日誌200801101 »