« ハンドボーズ日誌200800924 地区総体の対戦相手が決まる | トップページ | ハンドボーズ日誌20080090926 10日ぶりの練習 »

2008年9月25日 (木)

ハンドボーズ日誌200800925

今朝、高校より地区大会の対戦表が届いていた。
それを見て、思わず嬉しかった。
私が最も望む位置に顧問の先生がくじを引いてくれたからだ。
準決勝へ簡単に進むには別の場所が良かったが
それでは私が目標としているインターハイには
遠くなってしまう。

やはりこの時期は自分たちより少し強めのチームと当たりたい。
そうすることで精神的にも強くなっていく。

特に各務原高校は
最初は最弱のチームであった。
県内中学最強と呼ばれた桜丘と練習を繰り返すことにより
徐々に徐々に強くなっていった。
そして堤杯も二部とはいえ、準優勝。
ここで、もう一つ刺激が欲しかった。
上位にチームと当たると
間違いなしに気落ちしていただろう。
下位チームだとなめてかかってしまい練習も停滞する。
しかし、第3シードの相手ならば
力量が遠く離れているわけではない。
手の届く範囲内。
良い目標が見つかり
練習に対しても一層真剣さがまして行くであろう。
明日からテスト明けで再開される練習にも
一層の気持ちが込められていくように感じる。

インターハイに向けて彼女たちが最大の効果を出してくれるように
今回もさまざまなことに挑戦をしていきたい。

私の持つイメージを皆で共有できることを望む。

顧問の先生のクジに厚く厚く感謝。

さて、きょうはこれから地区大会までの
大まかなメニューつくりをするつもりだ。

どの段階でどれほどの練習の結果が残せるかが楽しみ。

試合は練習で得られた成果の80%というのが私の持論。
試合に負けるということは私の練習メニューの欠陥があるということ。
何度も何度も練習メニューを見直し
大会に向けて調整をしていきたいと思う。


中学も新人戦の対戦表が手に入った。
こちらもどうなるか楽しみだ。

|

« ハンドボーズ日誌200800924 地区総体の対戦相手が決まる | トップページ | ハンドボーズ日誌20080090926 10日ぶりの練習 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/42595549

この記事へのトラックバック一覧です: ハンドボーズ日誌200800925:

« ハンドボーズ日誌200800924 地区総体の対戦相手が決まる | トップページ | ハンドボーズ日誌20080090926 10日ぶりの練習 »