« ハンドボーズ日誌200800820 | トップページ | ハンドボーズ日誌200800822 »

2008年8月21日 (木)

胸を強く打つ

三日前、女子ハンドボール部の練習でディフェンスを行なった。
相手は中学三年生の男子。
見本を見せようと思い私が気張りすぎたのか
彼の肩が私の胸に強く当たった。
私の警告となる反則だったのだが・・・

二日間、胸が痛んだ。息をしても痛い。
骨折を恐れて医者に行かなかった。

しかしあまりの痛さに整形外科に行く。
レントゲン。
案の定、二箇所に小さなヒビが入っていた。
しかし、そこの痛みはほとんどない。
???
別の箇所が痛む。
医者にその理由を聞くと
あばらのひびの入ったところでぶつかり
肋骨間が広げられ
その横の部分でいわゆる肉離れを起こしたという。
全治三週間。
といってもこの暑いさなかコルセットをはめることはできないし
ただただ自然治癒を待つしかないとのこと。
少し無理をしすぎたのか。

しばらくは練習は口だけにする予定。
その分、もっとハンドボールの勉強をしようと思う。
これも大きなメッセージなのだと自分に言い聞かせている。

|

« ハンドボーズ日誌200800820 | トップページ | ハンドボーズ日誌200800822 »

コメント

やっぱりそんなことに・・・・無理をせずに・・・ね。
ハンドボール部の女子高生は、みんな素直でよい子達ばかりで、こちらも良い刺激を受けました。ありがとう・・・
DO YOUR BEST

投稿: 妹 | 2008年8月24日 (日) 15時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/42234547

この記事へのトラックバック一覧です: 胸を強く打つ:

« ハンドボーズ日誌200800820 | トップページ | ハンドボーズ日誌200800822 »