« 仕事の合間にもハンドを考える | トップページ | 僧侶とは職業ではなく生き方 »

2008年8月15日 (金)

いのち感謝祭り

高家寺の五大祭りの一の「水」祭りである
お施餓鬼・いのち感謝祭
を行なった。

八月十五日は、月遅れのお盆であり、
終戦記念日でもあり
まさに「いのち」に想いを馳せることができる日。
最近ではこのお盆を、
海外旅行や家族旅行に当てる例が少なくない。
これも否定するわけではないが
年に一回の、この「いのち」に思いを馳せるチャンスの
この日くらいは
ゆっくりと、ゆったりと
ありとあらゆる「いのち」を見つめてもらいたい
そんな想いもあり
この日にお施餓鬼を行い
「いのち感謝祭」と名づけた。
またあらゆる命の元である
「水」を中心とした祭りでもある。

今年は私の準備不足もあり
この行事を行なうことを
ほとんどの方々に伝えていなかった。
それにもかかわらず
若者たちは自らの意思でやってきて
今も熱く語り合っている。

大いに「いのち」を感じてもらいたい。

|

« 仕事の合間にもハンドを考える | トップページ | 僧侶とは職業ではなく生き方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/42178951

この記事へのトラックバック一覧です: いのち感謝祭り:

« 仕事の合間にもハンドを考える | トップページ | 僧侶とは職業ではなく生き方 »