« ハンドボーズ日誌200800804 | トップページ | ハンドボーズ日誌200800806 堤杯初戦 問題は多いが新チームで初勝利! »

2008年8月 5日 (火)

ハンドボーズ日誌200800805

いよいい明日が各務原女子新チーム初の公式戦。
二部とはいえ、どこまで戦うのか楽しみだ。

今日の練習は、ゆっくりとゆっくりと行なった。
前半もいつものようなフットワークより
半分程度のものとし疲れを貯めないようにした。

今日の基本は6:6の練習。
そこで基本的な約束事のチェックをする。
明日勝てば
明後日の練習で最終的なチェックを行なう予定。

厳しい練習で
彼女たちのレヴェルは確実に上がっていった。
そして見違えるように輝くチームになってきた。
なによりも明るく、なによりも元気なチームだ。
この元気さは最大の力となる。
どんな相手であろうと最大限の力で戦いに臨む予定。

彼女たちに伝えた言葉。
「フォーメーションは最後の手段。
 そのフォーメーションを使わず
 短時間で攻めあげたチームこそが強いチーム。
 守って速攻、それが各務原高校のカラー。」

普段から口にしているのは
10秒以内で攻めて、一分以上をかけて攻めさせ守りきる。
相手が疲れてきたところで
一気呵成に攻め立てる
これこそがうちのチームのカラー。
このカラーが明確になりつつある。
特に二年生は、技術的に際立っているわけではないが
チーム力が高く
なかなか素晴らしいチームカラーに仕上がってきた。
逆にチームとしての色はまだ朧だが
一年生は技術力はある。
この二つのタイプの異なるチームを自由に使えるベンチは
本当にありがたいと想っている。

明日の采配を前に、良い意味での緊張が続いている。
明日は公式戦まず一勝。
そこから連勝街道を驀進したいと思う。
岐阜県の台風の目となるようなそんなチームに仕上げていきたい。

|

« ハンドボーズ日誌200800804 | トップページ | ハンドボーズ日誌200800806 堤杯初戦 問題は多いが新チームで初勝利! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/42077096

この記事へのトラックバック一覧です: ハンドボーズ日誌200800805:

« ハンドボーズ日誌200800804 | トップページ | ハンドボーズ日誌200800806 堤杯初戦 問題は多いが新チームで初勝利! »