« 、ハンドボーズ日誌20080701 校長先生に会う | トップページ | 各務原市の高校生のためのハンドボールのクラブ設立に向かう »

2008年7月 2日 (水)

高山市と各務原市の部活への取り組みの差異

質問があります。
各務原市と高山市。
さて学校教育において差別があってよいでしょうか?

実は、高山市は中体連と呼ばれる
夏の部活動の市大会は学校行事として扱われ
翌日と翌々日はお休みになるそうです。
しかも何事も部活を優先し
部活によって健全な精神を養うことを大切にしているそうです。
一方、各務原市では生徒会活動や先生たちの会議が優先され
部活動は普段から休みがち。
まともな練習は土日のみ。
もちろん、中体連の翌日などを代休とはしていません。

こうした状況下でありながら
優勝旗だけは持ってきて校長室に飾って欲しいという
各務原市のありかたに
いささか疑問を感じてしまいます。

高山市と各務原市とどちらがよいとはいえませんが
少なくとも中学生の視点で見ると
どちらが良いのか見えてくる気がするのは私だけでしょうか?

|

« 、ハンドボーズ日誌20080701 校長先生に会う | トップページ | 各務原市の高校生のためのハンドボールのクラブ設立に向かう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/41713241

この記事へのトラックバック一覧です: 高山市と各務原市の部活への取り組みの差異:

» 市原隼人と中学生から付き合っている彼女とは? [市原隼人、彼女の存在を大胆告白!神助もビックリ!?の内容とは… ]
市原隼人が彼女との関係を暴露!プライベートのお付き合いまでも・・・ [続きを読む]

受信: 2008年7月 2日 (水) 14時12分

« 、ハンドボーズ日誌20080701 校長先生に会う | トップページ | 各務原市の高校生のためのハンドボールのクラブ設立に向かう »