« 良き習慣 | トップページ | 千の風になって 続きの詩を作ってみた »

2008年6月29日 (日)

ハンドボーズ日誌200800629 nimble

雨で中学と高校との合同練習が流れた。
そのかわり中学生は体育館の半面をつかった練習。
練習内容を見て
高校生たちを連れてこればよかったと反省する・・。

今日の中学生。
男女共に切れが悪い。
どうしたのか?
やはりこの一週間練習をまともにしていなかったせいなのか?

2:1を観ていて思ったのは
ただたんにシュートを撃っているだけ。
数合わせの意味のないシュートがほとんどであった。
自分が目的を持って行なっていないと言うこと。
OFの場合、DFをひきつけてバックパスを使い
パートナーに自由にシュートを撃たせると言う
一番大切なことをほとんど誰も行なっていなかった。
また、ブロックをするというあたりまえのことを
ほとんどしていない。
DFも、1m以内によってきたOFの
利き腕の二の腕から肩を押さえ
利き腕の反対側の腰を押さえると言う
当たり前のことをほとんどしていない。
もし高校の生徒がこんな2:1をしたら怒号が飛ぶ。
残念ながらそんな感じを受けてしまった。
これだけ才能があるのにもったいない。

また6:6を観ていても
怒りがこみ上げてきてしまった。
少し、今日は練習を見ていらいらしてしまった。
まだまだ私自身の修行が足りないのかもしれない。
三年の相手になる二年生にもっと指導すべきであった。
今の三年生のために
私に何ができるのかを再確認している。
女子には高校生を練習相手にしてもらうこと。
男子にはもっともっと個別に声を掛けること。
まだそこが徹底できていない自分が居る。
それを棚に上げて怒ってしまった自分を反省。


帰宅して法事を終え、事務作業に追われた後に
今の中学生に伝えたい言葉を考えた。


試合のどういう場面か常にイメージし
それを他者に伝えながら練習をする。
失敗したら、何が悪かったかを必ず誰かとチェックする。
シュート一本、単なるパスキャッチミスでも
失敗を一人で放置しない。
積極的な失策は、ミスではない。
消極的な失策こそ、ミスである。
間違いを恐れず、前に前に攻めていくこと

これは高校生たちにも常日頃から伝えていること。
中学生にもNimbleということばを理解して欲しいと強く感じた。

Nimble Handball  ここに桜丘中学も各務原高校も
目指すべきものがある。

|

« 良き習慣 | トップページ | 千の風になって 続きの詩を作ってみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/41689300

この記事へのトラックバック一覧です: ハンドボーズ日誌200800629 nimble:

« 良き習慣 | トップページ | 千の風になって 続きの詩を作ってみた »