« 大垣西中学 ダークホース出現 | トップページ | 応援団かメンタルアドヴァイザーか »

2008年5月11日 (日)

走り続けた一日

朝、中学ハンドボールの練習に行く。
父母会があり、アドヴァイザーとして紹介を受ける。
まぁ応援団長兼先生のアシスタントみたいなもの。
もっと格好良く言えばメンタルアドヴァイザー。
そして練習。
ところがどうも気合が入っていない。
男女混合ということが問題なのか???
正直言って、今日の練習はあまり気持ちの良いものではなかった。
練習メニューが悪いのではなく
子供たちの気持ちの入れ具合か?
レギュラーと非レギュラーの温度の違いか?
何度も声を張り上げたが
今日は肩透かしばかりであった。

午後、帰宅。
しばらく休憩。
その後、寺子屋の元生徒の相談。
仏像の預かり。
明日の法要の飾りつけと
行きつく暇もなく動き続ける。

気づくと夕方になり再びハンドの練習。
ここでは生徒たちは実に元気よく練習をしていた。
男子も今までになく、6:6の休憩時には
みなで話し合い。
彼らの作戦は稚拙な部分もあるが
自分たちで考え、自分たちで作り上げていく
その姿勢と過程がとても重要であり
嬉しくて仕方がなかった。
これは彼らが大きく伸びるチャンス。

女子は3:3を繰り返し繰り返し練習をしていた。
その姿に充実感を感じる。
やはりレギュラー陣の気持ちを
途切れさせない練習が必要のようだ。
そのためには非レギュラーの
気持ちの高揚が大切であることを
改めて感じる。
一度、非レギュラー人を集めて
話をしてみようと思う。
彼女たちが、今のチームを上昇させる鍵。
改めてそれを確認。

上記を見ると充実した一日だったのだが
Wブッキングが二つあり
しかも明日はかなり忙しくってしまって
さてどうなるだろうか?

明日は練習を早退せねばならないようだ。

|

« 大垣西中学 ダークホース出現 | トップページ | 応援団かメンタルアドヴァイザーか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/41173249

この記事へのトラックバック一覧です: 走り続けた一日:

« 大垣西中学 ダークホース出現 | トップページ | 応援団かメンタルアドヴァイザーか »